鎌倉散策

a0169924_21583741.jpg

大雨の次の日とは、思えないほどの良いお天気。
鎌倉へ行ってきました。

青い空、白い雲、瑞々しい大輪の蓮の花が咲いているのは「鶴岡八幡宮」です。
宋で禅の修行をし、茶の種を持ち帰り喫茶養生記を著した栄西と
それを献上された源実朝に纏わるところを訪ねました。

a0169924_22015897.jpg

木にぶら下がっているのは、リス。
可愛らしく木の実を食べていました。

そして訪れたのは、鎌倉国宝館。
ちょうど「ミホトケをヒモトケ 仏像入門」の展示をしていました。
寿福寺におさめられているはずの「明庵栄西坐像」もこちらで拝見できました。
昨年の建仁寺と栄西展を思い起こされるかたも多くいらっしゃると思います。

建長寺におさめられているはずの「北条時頼坐像」もまるで何か意志を持って見上げているかのような表情でした。
鎌倉中の貴重な仏像が集まって見応えがありました。
仏像の美しさや迫力を堪能することができ、とても近くでゆっくり涼しい場所で鑑賞できました。
9月4日㈰までの展示です。

a0169924_22115172.jpg

こちらの蓮の花は、建長寺です。
鎌倉五山第一位臨済宗建長寺派大本山です。日本最初の禅寺は、鎌倉に建てられたのですね。

a0169924_22143532.jpg

建長寺を開山した蘭渓道隆作の庭。
建物も庭も静かで威厳がありました。
蘭渓道隆は、こちらで僧を集め、中国文化の受容や勉学の場として修行僧を指導したのだそうです。

a0169924_22255958.jpg
入口に萩の葉が生い茂るのは、「海蔵寺」。
中には瀟洒な庭がありました。
涼し気な岩窟にある十六の井戸も見学しました。

お昼は、中国茶カフェで点心と中国茶のセットをいただきました。
ブログ掲載許可をとらなかったので、お写真はひかえさせていただきます。
ご興味のある方がいらっしゃいましたらお知らせしますね。
たくさん歩いたあとにゆっくりよい時間を過ごさせていただきました。

a0169924_22352554.jpg
最期は、「壽福寺」。
こちらにおさめられているはずの貴重な仏像は、鎌倉国宝館で鑑賞できました。
そして、北条政子と源実朝のお墓に手を合わせました。

素晴らしい仏像やお寺の環境や建築、
緑豊かでさわやかにそよぐ風を感じながら鎌倉散策を満喫しました。

この度の提案をしましたら、早速、ルートを検討してくださいました方のお蔭で
茶と禅について学び、楽しい一日になりました。ありがとうございました。
まるで導かれるように気持ちよく鎌倉を歩くことができ感謝の気持ちでいっぱいです。

鎌倉というと鶴岡八幡宮や素敵なレストラン、長谷寺、明月院に訪れるのみでしたが、
この度の場所もとてもおすすめです。
是非、いらしてみてくださいね。












☆「レッスンのご案内」くわしくはこちら「今日もご訪問ありがとうございます。」おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
by salondeshanti | 2016-08-19 22:20 | | Comments(0)
←menuへ