中国茶講座


午前の清らかな光と爽やかな風が通る心地よいひととき…
中国茶講座の生徒様をお迎えしました。
講座の内容は、「茶館」について。
お茶は、「開化龍頂」「洞庭碧螺春」「梅家塢龍井」をご一緒にいただきました。


a0169924_19523746.jpg

研修のガイドラインとなるお茶のひとつは、「開化龍頂」。
洞庭碧螺春も梅家塢龍井も
今年のお味の確認として
淹れていただきました。
a0169924_19555578.jpg
福鼎種の「開化龍頂」。
温度もちょうどよくまろやかなのにしっかりと
お味を引き出してくださいました。
a0169924_19584319.jpg
淡いお色ですが、滋味が程よく感じられおいしくいただきました。

a0169924_20013119.jpg
今月のテーマ、「茶館」についてお話をさせていただきつつ、
茶館の写真も見ながら
茶の歴史を振り返りました。

現代は、茶館についての文章に
「中国茶カフェ」という言葉も付け加わるかもしれませんね…

a0169924_20045142.jpg
2種類目の洞庭碧螺春。
浙江省に参りました皆さまの中で唯一購入させていただきました。
今年は、良いものは、稀少でした。

小さな芽の上品で新鮮な味わいをいただけることができありがたいです。

a0169924_20083288.jpg
3種類目の梅家塢龍井。
スッキリとしていながらも旨味と蘭を思わせる華やかさを持つ龍井。
もう、出会えないかもしれないと思いつつ、
じっくりと堪能しました。

中国茶講座は、私にとりましても中国茶の基本を振り返る大切な時間です。
そして、全25回の講座も残すところ後5回となり、
生徒様が、淹れ手としても成長していらっしゃることがとても嬉しいです。

ありがとうございました。






☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
by salondeshanti | 2017-06-17 20:13 | 中国茶 | Comments(0)
←menuへ