カテゴリ:中国茶( 490 )

主婦の友社インテリア雑誌「ボンシック」に掲載していただきまして
喜んでくださるお言葉をたくさんいただき
とても嬉しいです♪

ありがとうございます。

今月のおもてなしの中国茶レッスンは、お蔭様で昨日で終了いたしました。
お越しいただきましたみなさま、
ありがとうございました。

本日は、「中国茶五種のみ比べ」のお客様をお迎えいたしました♪

a0169924_21054063.jpg
杭州で買って参りました「安吉白茶」をはじめ、5種類の中国茶を召し上がっていただきました。
この度の「安吉白茶」は、
珍しく揉捻されているので形が通常のものと違います。
甘みを出すために昨年から、揉捻し、悶黄する方法でも作られているそうです。

初めての方にも飲みやすく美味しく感じていただけますようにと
こちらのお茶にしました。

そして、台湾の高山茶「奇莱山」。
「黄金桂」と続きます…

a0169924_21103910.jpg
「黄金桂」をいただきたくて香港で探されて、
気に入られておうちでも召し上がっていらっしゃるお話を伺いました。

知っていらっしゃるお味を喜んでいただきました♡

続いて、「紫絹紅茶」「杭白菊」…



a0169924_21142029.jpg
点心は、今月のおもてなしの中国茶レッスンでもお出ししている
「蓮の葉の粽」と「酒醸丸子」とお茶請けです。

どちらの方も東京に引っ越してこられたばかりと伺いました。
私も何度も経験しました引越しの大変さが思い出されます…

引越して来られるご準備も大変だったと思います。
これからは無理をせず、ゆっくりと新しい生活を楽しみながら暮らしを整えていっていただければと思いつつ
お見送りしました。

5月からおもてなしの中国茶レッスンでもご一緒出来ますのを楽しみにしております。

a0169924_21285008.jpg
安吉白茶のやや白くなり開いた
柔らかな葉をパチリ✨









☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
杭州の旅、最後の記事は、アマン系ホテル「富春山居」(フーチュンリゾート)内にあります茶館
「和茶館」での茶葉料理です。

場所へは、杭州でも最大規模の寺院のひとつ「永福禅寺」を通り抜け入りました。

まずは、永福禅寺の福泉茶院へ。

a0169924_21243976.jpg
永福禅寺は、1600年余りの歴史がある寺院です。
そして、永福寺に金沙、銀沙の泉があり、明代に福泉茶院が建てられたそうです。
心地よい風が流れる中、お茶を楽しんでいる様子が素敵でした。

a0169924_21411858.jpg
こちらが永福禅寺の門。
「常住真心」の言葉も心に響きます…

a0169924_21423233.jpg
「墨香琴韻」と書かれている門もありました。
書、絵画、音楽などの芸術、お琴に携わる方々にとりましても聖地のようなところなのだそうです…

a0169924_21461172.jpg
お寺内の小さな門を通り、アマンの中へ。

ホテルの敷地に入ると小川が流れ、豊かな緑と小鳥のさえずりが聞こえました…
石畳の道の脇のお店も風情があり、洗練されています。



a0169924_21493248.jpg
そして、「和茶館」へ着き、とてもおいしい龍井茶を虎跑泉で淹れていただき味わいながら
茶葉料理を堪能しました♪
どれもとても美味しかったのですが、とくに「龍井鶏湯」鶏の龍井のスープが最高でした。
一緒に旅をしたみなさまとの和やかな食事を楽しみました。

写真内に「神農」の像があるのが見えますか?

日本の湯島聖堂のように祠の中に大切に納められているイメージでしたので、
このように飾られているのを初めて拝見しました。
内装は、落ち着きのある茶に関するもので統一されていました。


a0169924_22255332.jpg

そして、昨日の記事に書きましたようにすべて手作りの明前獅峰龍井を虎跑泉で淹れていただきましたり、
張先生にお会いになりに「茶経」研究の権威でおられる沈冬梅先生が質問にこたえてくださいましたり、
最後まで夢のような幸せな旅となりました。

このような旅をさせていただきましたのは、
中国国際茶文化研究会 清水真理さんが中国の方々と何年もかけてご縁を育んでこられたお蔭と感謝しております。

たくさんの写真で旅の様子をお伝えしてまいりました。
ご覧くださいました皆さま、ありがとうございました。

こちらの教室が研修登録機関となっております
「中国国際茶文化研究会認定中国茶指導老師(中国茶アドバイザーインストラクター)資格取得」の最終試験の為に
杭州の茶葉博物館や張先生の茶館、茶に関するところへ訪れます。
季節により景色は変わりますが、
こんなに素敵なところですので、安心して、楽しみにしていていただければと存じます。

暦は、雨が降り穀物や大地を潤し恵となる「穀雨」となりましたね。
陽の気が増え、気温の上昇と共に暖かくなり、
血流も増えるために体が疲れたように感じられる方もいらっしゃるかもしれません…
土用の期間でもありますので、土踏まずを揉んで血行を促したり、早寝早起きで過ごすとよいそうですよ。



☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
杭州で訪れました最後の茶園は、
「老龍井御茶園」です。

a0169924_22081749.jpg
杭州のお茶の文化は、唐代まで遡りますが、
こちらの御茶園は、清代乾隆帝が病を抱えた母に龍井茶を飲んでもらい
奇跡的に治癒したことから
記念にこの地に乾隆帝自ら18株の龍井茶を植えられたと伝わっています…
他にも説があるようです。

a0169924_22203473.jpg
今も元気に育っています。

a0169924_22211459.jpg
御茶園の奥に「獅峰山」があります。

a0169924_22221143.jpg
そして、「虎跑泉」へ。
旅をしていた僧侶の夢枕に出てきた2匹の虎が温泉を掘り当て、
僧侶が目覚めると、泉が現れ、山から流れているのを発見し「虎跑」と名付けたと伝わっています。
「虎跑」は、虎が穴を掘ることを意味していましたが、その後、「虎が走る」と変わったそうです。

こちらの水は、とても柔らかく表面張力もあります。
この日の午後にアマン系ホテル「富春山居」の「和茶館」へ茶葉料理をいただきに訪れました時に
オーナーの方が、全て手作りの明前獅峰龍井を「虎跑泉」で淹れて出してくださいました。
こちらの泉の水だけでも飲ませていただき、
とても甘くて重さがあるのに驚きました。
写真は、また改めて。
a0169924_22310592.jpg
まさに獅峰山の龍井も茶摘みの最盛期。
泉の水も透明でとてもきれいでした。

こちらに10年前に訪れたときは、紅葉のころでしたので、
改めて一番よい季節に旅することができて喜びもひとしおです。

たくさんの杭州の記事におつきあいいただきまして
ありがとうございます。

身近な人が杭州を訪れ、撮りました写真をご覧になることで、
杭州や中国の緑茶、龍井茶を身近に感じていただけましたら嬉しいです。

最後に次の記事で「和茶館」の茶葉料理を紹介させていただきますね。



以前にお知らせさせていただきました主婦の友社インテリア雑誌「ボンシック」の発売は、明日4月22日とのことです。
事前に4月20日とお伝えしましたみなさま、申し訳ありませんでした。





☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
浙江省杭州、お茶の旅の続きです。
茶園の脇の道を通り
そばを小川が流れ
どんどん道が細くなって
林の中の小道を歩いていくと
雲栖有機茶園がありました。

今、振り替えるとこちらでいただいたお茶が
1番おいしかったです。

a0169924_22123932.jpg


手の熱でお茶の葉が変わってしまうから
早く見て~と先生が呼んでくださり
摘まれたお茶の葉を鼻に近づけて
胸いっぱいに香りを吸い込みました。

摘みたてほやほやの可愛らしい葉

a0169924_22124343.jpg


薫ったことのない瑞々しい香りがしました。

a0169924_22124657.jpg


自然な林に囲まれた茶園は
オーナーが本当に楽しみたい龍井茶の理想を
形にするため何年もかけて
有機茶園を作り上げたそうです。

a0169924_22124971.jpg


お湯の中でもとの姿を取り戻し
有機で育つお茶の持つ生き生きとしたライブ感が葉の様子や香り、味から伝わってきました…

a0169924_22125284.jpg


茶壺でも淹れていただきました。
緑茶は、グラスや蓋碗で淹れるものと思っておりましたが、
茶壺で淹れてくださいましたお茶は、
まろやかな甘味が引き出され
これまで味わったまいりましたものとは
また別の魅力がありました。


a0169924_22403491.jpg
こちらの茶園は小規模なため
お茶を買わせていただくことはできませんでしたが、
お茶にとりまして本当によい環境はこうゆうところと教えてくれるようでした…





[PR]
a0169924_20424438.jpg

梅家塢龍井の茶畑
午前の穏やかな光に照らされていました。


a0169924_20424981.jpg
梅家塢は、1949年に中国政府により決められたよい龍井茶が採れる場所。
そのひとつが、梅家塢です。
5年前に訪れたときは、張先生の茶館へ伺いました後の
夕暮れ時でした。
茶畑は、茶摘みが終わったあとの厚みのある葉ばかりでした。

それでも、10年前の獅子峰、
そして、4年前に梅家塢を訪れたときは、この畑で摘まれたお茶が届いていたことを思い
感無量でした。
静かな畑と山々の景色を
辺りが暗くなりカメラのシャッターが押せなくなるまで
写真を撮っていました…



a0169924_22025781.jpg



この度は、梅家塢の茶畑に光が降り注ぎ、
可愛らしい芽が伸びて
茶摘みの様子が見られただけでなく
梅家塢を通り過ぎて
その奥にあります雲栖有機茶園へ連れて行っていただきました。

a0169924_20425500.jpg

小川の流れる小道を通り、細い路地を入り、
関係者の方だけが入ることのできる
本当に飲みたい龍井茶を楽しみたいというオーナーの方が作り上げた小規模な茶園がありました。

こちらの有機茶園の写真は、また改めて。
茶園とそれを囲む林、吹いてくる風の心地よさを思い出します…





[PR]
杭州から帰ってまいりました。
緑茶についても楽しく学んでまいりました。

a0169924_19174508.jpg

場所は、この度お世話になりました張先生の茶館です。

a0169924_20062905.jpg

6種類の緑茶について教えていただきました。


a0169924_19203209.jpg
初めは、龍井茶についてです。
全ての工程を機械で作られたものと一部機械で作ったものを比べ、
お茶の葉の違い
味の違いがよく分かりました。
比べてみるといろいろなことが分かり楽しかったです。
茶殻を水盂に流しましたら、その様子も美しく瑞々しくて
まるで摘まれたときの姿を取り戻したように生き生きとしていました。

a0169924_19571013.jpg
チャーミングで素敵な張先生。
龍井茶のあとは、開化龍頂、径山茶、安吉白茶について丁寧に教えてくださいました。

進化しているお茶もありました。

こちらの茶館でも、先生のご縁で特別に案内していただきました茶農家さん、
茶園でもたくさん学ばせていただき感謝の気持ちでいっぱいです。
a0169924_20004811.jpg
お茶について学び、
張先生が選ばれたお茶を購入してまいりました。

皆さまとご一緒に味わえるのが楽しみです♪

杭州レポートは、まだまだ続きます…

☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
浙江省杭州「中国茶葉博物館」へまいりました♪

a0169924_12153025.jpg


以前、訪れた場所とは別に新しく建てられていました。
杭州の文人たちが歩いていたかのような
佇まいで
風情のある建築と自然が融合して
とても素敵なところになっていました。

a0169924_12153778.jpg


杭州の街も、浙江大学で芸術を教えている先生方が構想して街のデザインに参加して
景観を考え建設されていると伺い素晴らしいと思いました。

a0169924_12154180.jpg


茶葉博物館の中も
伝統的な建築ですが、
展示はタッチパネルで選び
大画面で茶の産地の様子が分かる
現代の技術がいかされています。

a0169924_12154424.jpg


建物の中は、こんなスタイルの緑茶のラテもありました。

a0169924_12250023.jpg


お店の方が、杭州の菊茶をいれてくださいました。
お天気でよく歩き暑い日でしたので、
菊茶が嬉しかったです。
4月のおもてなしの中国茶レッスンでも
召し上がっていただきますね。

a0169924_12155264.jpg


a0169924_12161056.jpg


草木が芽吹く季節、
風が爽やかです…

a0169924_12235430.jpg



西湖の景色…
杭州レポート、まだまだ続きます。
[PR]
浙江省杭州市、龍井茶の茶畑にまいりました♪

この景色が見たかった!

炒茶王と呼ばれる唐小軍氏の茶畑です。
写真に写っている遠くの水辺は、西湖。


a0169924_09444554.jpg


西湖からの心地よい風が吹き、
可愛らしい茶の芽が顔を出しています。
a0169924_09445253.jpg


唐小軍氏の茶館で
最初から最後まで手作りされた
お茶を味わわせていただきました。

a0169924_09445623.jpg


どこまでも優しいまろやかな
これまで味わったことのない
優雅で、龍井茶でありながらお花を思わせる香りが忘れられません…

a0169924_09450226.jpg


製茶の様子は、撮影禁止でしたが、
丁寧に摘み取られた芽を長さで分け
お茶の葉の大きさにより萎凋の長さは違いますが、6時間ほど萎凋したあと
素手で大きな釜にお茶の葉を滑らせては返し、短い時間で区切りつつ8時間繰り返してようやくできあがる、
これほど手をかけて出来上がると知り感無量でした。



買わせていただきました茶葉は、
素敵に包んでくださいました。

a0169924_09450672.jpg


このあとこの度の旅でお世話になり、
いつも中国茶文化研究会の茶を選んでくださっています張先生の茶館で
緑茶について学び
6種類のお茶を味わいました。

お茶の葉も買わせていただき
皆さまとご一緒にいただくのが楽しみです。

「おもてなし中国茶レッスン」を修了された皆さまも5月の緑茶がテーマのレッスンに
いらっしゃいませんか?
「唐小軍氏」のお茶は、「おもてなしの中国茶スペシャル」で召し上がっていただきます。
久しぶりの方もお問い合わせをお待ちしております。

これからの杭州の記事も
どうぞおつきあいくださいませ。

今日は、梅家塢の茶畑やフーチュンリゾートへまいります♪



[PR]
中国浙江省杭州へ行ってまいります♪
ちょうど緑茶の新茶の季節。
明前茶を選んでまいりますね。

a0169924_17521114.jpg

杭州では、炒茶王とよばれる唐小軍氏を訪問し
獅峰山や梅家塢の龍井の茶畑見学、
有機茶について学習などが予定されています。


a0169924_17275139.jpg
以前から訪れたいと思っておりました
アマン系ホテル「富春山居」の茶館で中国茶をいただいたり、
茶葉料理をいただきます。

中国茶指導老師(中国茶アドバイザーインストラクター)資格の認定をしている
中国国際茶文化研究会の企画です。

中国茶指導老師資格取得の学習をされている皆さまとも
いつか中国国際茶文化研究会による研修へご一緒出来ますのを楽しみにしております。



これまでの杭州の記事は、こちら。
no.1
no.2
no.3
no.4


中国茶紅茶教室☆「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
午前の明るい春の日差しの中
中国茶がお好きなお客様をお迎えしました♪

a0169924_21580037.jpg
用意したお茶は、
鉄観音と金駿眉。

a0169924_22004020.jpg

ふと明代の茶書「茶録」におさめられた張源の言葉が浮かびました。

「二人趣を得る」

二人でお茶を味わうのは趣がある

「品茶 一人得神 二人得趣 三人得味 七八人是名施茶」
茶を味わう 一人ならば神を得 二人ならば趣を得 三人ならば味を得
七八人となるともうこれは施茶というほかない 

お茶がお好きな方にお茶を淹れてさしあげて
一緒にいただくひととき
こんな時間を大切にしたいと思います…

お越しいただきましてありがとうございました。

a0169924_21563582.jpg


そして、お待たせしております、
「資格取得講座」「資格取得試験」につきましてのご案内もできそうです。




a0169924_22041260.jpg

ご近所の桜が、薄紅色に咲き始めました🌸



☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
←menuへ