<   2016年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧



「サロネーゼカフェ」さんにご縁をいただき、
日本橋三越「はじまりのカフェ」でイベントレッスンをさせていただくことになりました。
年を重ねるほど価値が上がるプーアール茶3種類のお話と飲み比べ。
春節を祝うおめでたい点心のいわれを知り、味わってみませんか。

【タイトル】プーアール茶の楽しみと春節の点心」
【日時】2017年1月10日火曜日午前11-12:30
【場所】日本橋三越「はじまりのカフェ
a0169924_21172177.jpg
【内容】プーアール茶と春節を祝う点心のお話と試飲試食
プーアール茶生茶2014’
プーアール茶生茶2002’
プーアール茶熟茶2015’
大根餅
胡椒餅
湯圓
金柑
蓮の実
(大根餅、胡椒餅、湯圓のレシピ付)
【参加費】5,400円

【申込】2016年12月1日10:30頃より受付を開始します。
よろしければお電話にてお申込くださいませ。
03-3274-8843
くわしくは、こちら

サロネーゼカフェ

楽しんでいただける日となりますように♪



☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
11月より「おもてなしの中国茶講師養成講座」新クラスが始まりました。

a0169924_20125287.jpg
「おもてなしの中国茶」を20回修了された方々、
中国茶アドバイザーインストラクター講座」を25回修了された方々をお迎えしました。

他にもプライベートレッスンで、こちらの講座を受講している方もいらっしゃいます。

ご自身の専門分野、または、ご興味のある分野と中国茶を融合させた
その方ならではの中国茶の茶会をするお手伝いをさせていただければと思い
昨年11月にこちらの講座がスタートしました。
講座を修了された方々により、10月には素晴らしい茶席の発表をしていただきました。

また新たに、皆さまがどのように中国茶と共に
個性豊かに表現していただけるかを楽しみにしています。

いつか中国茶のお茶会をされるご準備となりますよう、
お役に立てれば嬉しいです。

今日は、「陰陽五行」のお話を中心にさせていただきました。
お茶にも五行がありますように、いろいろな五行の特性を知ると、五行の関連性に気づき興味深いです。



a0169924_20144395.jpg
「補気黒米粥」と「白きくらげのデザート」は、今日が作り納め。
皆さまが、身体の芯からホカホカとなりますように。


a0169924_20230283.jpg
単欉の飲み比べも今日でひと区切り。
心を込めて淹れて下さいました皆さま、ありがとうございました。

a0169924_20280046.jpg
香港からのお土産に頂戴いたしました「天香単欉」。
優しい甘い余韻を楽しませていただきました。
ありがとうございます。

茶器は、広東省で使われていたヴィンテージです。
10年前に60年ものを購入したので、もう、70年ものになりました。

12月のおもてなしの中国茶レッスンは、お休みをいただいております。
単欉の香りの余韻を感じつつ、冬の日を過ごしていただけますように。

お越しくださいました皆さま、ありがとうございました♪

明日は、2017年1月10日日本橋三越はじまりのカフェでの1デイレッスン
「プーアール茶の楽しみと春節の点心」のご案内をさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。




☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]

至極のひととき 京中華と中国茶の素敵な出会い
田園調布の京中華 磊磊落落でのマリアージュイベントで
5種類の中国茶を淹れさせていただきました♪

a0169924_20324304.jpg

素敵な皆さまをお迎えでき、とても嬉しいです。
京中華のお料理を、皆さま本当に美味しそうに召し上がっていらっしゃいました。

京中華の魅力がたくさんの方に伝わりますように。
お料理は、こちら

a0169924_20353724.jpg
ご参加くださいましたwayoriのたにぐち順子先生。
ありがとうございます。
今の季節ならではの装いにうっとりしました。

a0169924_20374078.jpg
香港からの長いお付き合いの方々もありがとうございます♪

お寒い中、お越しくださいました皆さま、
この度お声をかけてくださいました磊磊落落 堀田様、スタッフの皆さま、
ご縁に感謝いたします。

ありがとうございました。

先日、試食に参りました時に、おばあ様がお1人で食事にいらしたいたり、
今日のご参加のお年を召した方は、月に2度、
他にも、毎週こちらの磊磊落落へいらしているお話を伺いました。
繰り返しいただきたくなる身体が喜ぶお料理を是非召し上がりにいらしてくださいませ。

田園調布の京中華 磊磊落落らいらいらくらく
田園調布駅徒歩1分






☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
今月のおもてなしの中国茶レッスンでは、
広東省の烏龍茶「単欉たんそう」をひと通り召し上がっていただいた後に、
黒米のお粥と白きくらげのデザートをお出ししています。


a0169924_18405249.jpg
黒い方が、黒米のお粥「補気黒米粥」。
五行の冬の色、「黒」い食材がが冬の臓器腎臓を補ってくれる。
黒米と黒胡麻がたっぷりとはいったお粥です。
松の実を添えました。

昨年は、甘いものを作りましたが、今年は、お塩で味を調えました。
とても簡単なので、その日のうちに作りたいので材料を買って帰ります。とお話してくださる方や、
早速、作りましたとメールをくださる方がたくさんいらっしゃいます。

簡単で、ヘルシーで、季節の養生にもなるので、気に入っていただき嬉しいです。
ごちそうの次の日におすすめします^^

a0169924_18461392.jpg
もう少し離れてみると…
白いのは、白きくらげのデザート「銀耳水晶蓮」です。
クコの実は、杏露汁につけておきました。
五行の秋の色、白い食材が、乾燥の季節の肺を潤してくれます。
お肌も♫

白きくらげと同じく心を穏やかにして、安眠効果があると言われている蓮の実も入っています。
冬になると早寝遅起きが良いと言われているように睡眠時間を大切にすることが、
身体を整えるそうです。蓮の実は、美白にも効果的と言われていますので、是非、入れたいと思いました。

黒米のお粥に白きくらげのデザートは、どちらもお鍋が作ってくれるといえるほど、
簡単で、身体がぽかぽかと温まるメニューです。




a0169924_19083814.jpg

本日の生徒様に頂戴いたしましたベルギーワッフル♫
単欉のお茶にも合い、ご一緒の皆さまといただきました。
おいしいですね。
ありがとうございます。


a0169924_19103827.jpg
単欉たんそうも身体が温まるお茶のひとつです。
皆さまがお帰りの頃には、日も暮れてひんやりとしてきますが、
帰り道には、身体の中からあたたかいのを感じていただいているのではないでしょうか…

明日は、いよいよ田園調布の京中華「磊磊落落らいらいらくらく」でのマリアージュイベント、
至福のひととき 京中華と中国茶の素敵な出会い」です。

久しぶりにお会いする方、初めてのかた、毎月のレッスンにお越しくださる方々に
お目にかかれますのを楽しみにしております。






☆中国茶紅茶「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
2016年11月29日京中華と中国茶のマリアージュイベント、
至福のひととき 京中華と中国茶の素敵な出会い」で
召し上がっていただく中国茶が決まりました♪


a0169924_20511628.jpg

当日のお料理を試食させていただき、イメージして検討したあと、
お料理を思い出しながら、実際にお茶をいただいてみるとまた違う感覚になりました。

お茶だけでいただくなら、こちらだけれど、このお料理と一緒でしたらこちら。と変更し、
皆さまにマリアージュの醍醐味を味わっていただけましたら嬉しいです。


a0169924_20520315.jpg
最初のお料理、「上海蟹の餡かけ茶碗蒸し」の前には、
ウェルカムティーとして安徽省の「太平猴魁」をご用意しました。

この特別なお茶の蘭を思わせる優しい香りが、
これから運ばれてくるお料理を待つ気持ちを盛り上げてくれると思い選びました。

上海蟹といえば、江蘇省が有名ですが、安徽省もそのひとつ。
こちらのお茶をいただいてから、上海蟹がトロリと絡んだふかひれの餡、
続いて熱々のプルンとした茶碗蒸しで、身体もポカポカ温まってくると思います。

このようにして選んだ他のお茶は?

*茶譜*
1.太平猴魁タイヘイコウカイ 安徽省
2.特級滇紅トッキュウテンコウ 雲南省
3.勐海普洱熟茶2011モンハイプーアールジュクチャ2011 雲南省
4.鉄観音テツカンノン 福建省
5.台湾高山茶合歓山タイワンコウザンチャネムヤマ 台湾

a0169924_19021839.jpg
「京中華×中国茶」マリアージュイベント
「至福のひととき 京中華と中国茶の素敵な出会い」
日時 2016年11月29日火曜日14-16時

料金 5,000円税込
申込 京中華 「磊磊落落らいらいらくらく」電話 03-5483-3330
場所 東京都大田区田園調布2ー50-3
田園調布駅から徒歩1分です。

「京中華」で京とうふ藤野の豆乳台湾式スープがいただけるのにも注目。
他にもお肌の潤いが期待できる食材を見つけてみてくださいね。

ご一緒に楽しいひと時が過ごせますのを楽しみにしております。



☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
雪空から一変!明るい日差しが嬉しい一日でしたね。

おもてなしの中国茶講師養成講座では、「道具の取り合わせ」と「音楽について」の
お話をさせていただきました。

静かなお茶をいただく空間には、
鳥のさえずりや、小川のせせらぎ、
または、流れてくる旋律が、
お茶の香りを楽しむ空間を作ってくれるひとつになると思います…

a0169924_15573694.jpg
中国茶のお客さまをお迎えするときに、何気なく音楽をかけていました。
ある日、ふと何か特徴を捉えて分類できるのではと考えましたら、
やはりありました。

文人の嗜みは、琴棋書画と言われるように、古琴をはじめ、胡弓やチェロなど弦楽器の音色が多かったです。
音楽もいくつかのジャンルに分けられていました。

はじめからその分類を知って、またどこで手に入れればよいかお伝えすることで
お役に立てるのではと講座のカリキュラムのひとつとさせていただきました。

楽しみが増えたと言っていただき、とても嬉しいです。

「静」の茶と「動」の音楽が、心身を潤してくれるひととき、
喧噪から離れ、自分を取り戻してくれるのでは…


a0169924_16080316.jpg
今月の3種類めのお茶、鳳凰単欉冬梨香。
お茶の葉もお茶のいろも淡いですが、そこから醸し出される瑞々しい香りと力強さを楽しませてくれます。

a0169924_16102171.jpg

通常のおもてなしの中国茶レッスンとお茶の名前は同じものを用意させていただいていますが、
一番手前の鳳凰単欉蜜蘭香は、格別なものです。

香り立ちが、よりまろやかでより蜜を思わせます。
そして、スッキリとした味わいです。

来週から、また新たなクラスの「おもてなしの中国茶講師養成講座」が始まります。
お迎えできますことをありがたく、お目にかかれますのを心待ちにしております。






☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
お天気予報通り、朝から雪。
おでかけの方は、寒さや足元、交通など大変でしたね。
お疲れが癒されますように。

生徒様とのやり取りで、寒くなってくると「心も身体も温かくなるレッスンでした。」という
お言葉をいただくことが増えてきます。
何よりも嬉しいです。

a0169924_21062035.jpg


「寒い時は、まず心を温めるのが大事」という言葉が中国にあります。

今月のお茶、単欉も身体が温まるお茶のひとつですが、
一緒にいただく方との会話やお茶の香りを楽しみに淹れていただくのを待つ気持ち、
そして、味わうとき。と一つ一つが重なって心までも温めてくれるのではと思います。

まさに、インターネットで見つけられないことがそこにある…
その時の空間、そこにいる人、そこで何を見て、何を感じる、
一期一会の瞬間を楽しんでくださっているのではと感じてきます。


a0169924_20461661.jpg

皆さまをお見送りした後にパチリ。
「鳳凰単欉黄枝香」です。


a0169924_20473928.jpg

ロシアのチョコレートをいただきました。
単欉と一緒においしくいただきました。
ありがとうございます。

a0169924_20485529.jpg

こちらは、中国茶のお仲間にいただきました笹屋伊織「吊るし柿」と
雲南省のお土産の紅茶。
どちらもとてもおいしくいただきました。
ありがとうございます。
お茶を通じてご縁を育んでゆけることをとてもありがたく思います。


☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
勤労感謝の日、お茶の水 湯島聖堂の神農祭へ参りました。
聖堂敷地東北に神農廟が設けられ、神農像が安置されています。

神農は、古代中国の伝説上の帝王である三皇の一人です。
最古にして最高の茶書とされる唐代の陸羽による「茶経」第6章に
「茶の飲用は、神農氏に始まる」、神農を「喫茶の祖」とするという言葉があります。

その神農廟が年に1度開かれる機会に恵まれ、お詣りをさせて頂きました。



a0169924_22454901.jpg
神農刻像の縁起は、三代将軍家光の発願によるものなのだそうです。
威風堂々とした赴きでした。

お参りの後は、元東京国立博物館特別研究員 岩間眞智子先生による講演を拝聴しました。
演題は、「茶と医療 -神農と陸羽を中心にー」。
スライドを拝見しながら、大変に興味深いお話をお聴きしました。



a0169924_22533379.jpg
神農廟のそばに育つ銀杏の木。
まだ緑色をしていました。
300年にも渡る歴史を見守ってこられたのですね。

a0169924_22563866.jpg
神農祭の前には、大成殿の前を通りました。
中学高校生のころ、
途中下車して、よくこちらの大成殿の前に孔子様のお参りにまいりましたので、
とても懐かしい気持ちになりました。


a0169924_23265255.jpg
そして、長く親しんできた漢詩の本の著者でいらっしゃる石川忠久先生のお姿を
遠くから嬉しく拝見いたしました。


今夜は、冷えますね。
どうぞ暖かくしてお過ごしくださいませ。



☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
2016年11月29日「京中華と中国茶」のマリアージュイベントをさせていただく
田園調布の京中華「磊磊落落らいらいらくらく」で
イベント当日のお料理を試食をさせていただきました♪
おいしさに感激しました!


a0169924_18354213.jpg
店長の堀田様、お料理を作ってくださいました方とご一緒に。

a0169924_18374532.jpg
一番最初のお料理は、「上海蟹の餡かけ茶碗蒸し」。
上海蟹の餡が濃厚でコクがあり、尋ねてみましたら、
なるほど!と思う食材を教えてくださいました。
ふかひれも入っていて、
滑らかな食感と旨味を満喫できる一品でした。

a0169924_18404471.jpg
2番目は、「牡蠣と九条ネギの春巻き」「聖護院大根餅」。
春巻きの皮がサクッとしていているのでお尋ねしましたら、
ゆるく巻いて揚げていらっしゃるとのこと。
そして、大きな牡蠣と九条葱が入っていました。
大根餅は、聖護院大根が大きくゴロリと入っているので、どこにあるのかちゃんとわかります。
どちらも旬の食材から元気をいただきました。

お箸置きは、ぼけていますが、鳥獣戯画のカエルさんです。

a0169924_18451914.jpg
3番目は、「若鶏と京海老芋の黒豆煮込み」。
鶏と京海老芋、豆鼓のお味が融合してよく染み渡っていました。



a0169924_18483705.jpg
4番目は、「ホッケと京豆腐の香り蒸し」。
九条葱に熱々の油をジュッとかけてよい香りが、ホッケと京豆腐にたれと一緒にかけられています。

a0169924_18503697.jpg
5番目は、「京とうふ藤野の豆乳台湾式スープ、中国揚げパン添え」。
熱々の京豆腐藤野の台湾スープを前に少し待っていると、段々おぼろ豆腐になっていき、
ほろほろとしている状態で、具たくさんのスープをいただきました。
揚げパンも上品な形とお味で、カリッとそのままでも、スープに浸して一緒にいただいてもよいお味。

a0169924_18545006.jpg
6番目は、「葛入りマンゴーココナッツミルク」。
身体を温め、寒気を追い払う葛と体を冷やすけれどお肌や咽、体を潤し、むくみにもよいマンゴー。
陰陽のバランスがとれていて、キウイやグレープフルーツなどフルーツもたっぷりいただけて嬉しい♡

ジャズの心地よいリズムが流れてくる中、
厳選の食材と丁寧に調理したお料理で、心も満たされてゆきました。

このお料理に合わせて、5種類の中国茶を召し上がっていただくのが楽しみです。

a0169924_19021839.jpg
京中華と中国茶のコラボレーションイベント「至福のひととき 京中華と中国茶の素敵な出会い」

2016年11月29日㈫14-16時
料金 5,000円税込
申込 京中華 「磊磊落落らいらいらくらく」電話 03-5483-3330
場所 東京都大田区田園調布2ー50-3
田園調布駅から徒歩1分です。

a0169924_19044306.jpg
お車の方も近くに広い駐車場があります。

a0169924_19053652.jpg

11月29日、「至福のひととき 京中華と中国茶の素敵な出会い」を
是非、お楽しみくださいませ。
お目にかかれますのを心待ちにお待ちしております。







☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
おもてなしの中国茶レッスンの時に飾るお花を、
11月にはいつもモダンでスタイリッシュにと誉理子先生にお願いしています。

今月は、こちら。

a0169924_21030720.jpg
深い紫色のバンダとカーネーションにグリーンが芸術性を添えていて素敵♪

これから、枯れ葉の季節、そして、にぎやかなデコレーションやイルミネーションの季節の前に、
一度すっきりとした空間を感じて、気分をリセットしていただけたらと思います…

「虚」がある、空間がある、空間のゆとりが、
スッキリとした気持ちになり、お茶と向き合うひとときへ誘ってくれると感じています。

a0169924_21084127.jpg


必要なものだけが置かれているからこそ、
形や質感、淹れていただいたお茶の色、香り、お味をしみじみと感じられるのでは…


a0169924_21331938.jpg


東京国立博物館で開催されている「禅 心をかたちに」。
禅の修行のひとつ、眠け覚ましとしても用いられた茶の歴史や文化の
興味深い展示がたくさんあり、3回鑑賞にまいりました。
禅僧の頂相、彫像、墨跡、禅画など、禅の教えを伝えるための熱い思いがいろいろな形で表現されていました。
2016年11月27日まで。



a0169924_21142683.jpg
素材をこだわったお持たせを頂戴いたしました。

いろいろな種類のクッキーが組み合わされた千疋屋のクッキーに正直村のぴーなつぺーすと。
ありがとうございます♪


二十四節気は、「立冬」から「小雪」へ。
そして、七十二候では、「虹隠れて見えず」。
陽の気が落ちて、乾燥のため虹も見えず雪が降り始めるころ。
今週には、関東も雪の予報が出ていますね。
どうぞ暖かくしておすごしくださいませ。

明日は、11月29日のイベント「磊磊落落らいらいらくらく」での
至福のひととき 京中華と中国茶の素敵な出会い」の試食へ行ってまいります。
どんなお料理がいただけるか楽しみです。
お写真が撮れましたら、アップいたしますね。





☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
←menuへ