「ほっ」と。キャンペーン

<   2017年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

今年も「テーブルウエアフェスティバル」が開催されていますね。
私も行ってまいりました。

たくさんの素敵なテーブルの展示に刺激をいただき
楽しい一日となりました。







a0169924_17160543.jpg
そして、英国文化研究家小関由美さんのセミナーに参加してまいりました♪
書籍「英国ティーハウスのオールディメニュー」を出版され、
掲載されているメニューや陶磁器についてのお話を伺いました。

小関由美さん、
クイーンズフィニッシングフィニシングスクールでご一緒させていただきました方々と♡

紅茶のお仲間に誘っていただき楽しいひと時を過ごさせていただきました。
クラウンのフィンガーサンドイッチもラブリーで、どれもとても美味しかったです。
仙台ハムステッドティールームの方が、ご用意くださいました。

a0169924_23034263.jpg
グラススタジオのテーブルウエアを使用されて
宮澤奈々さんがセッティングされたおしゃれなテーブル♡
ナチュラルで心地よく過ごせそう♪

a0169924_23062273.jpg
ロブマイヤー

a0169924_23065775.jpg
Sghr

a0169924_23060951.jpg
  1. ニュンヘンブルグ

a0169924_22561282.jpg

2年続けて入賞されました片桐朝子様の作品。
佳作を受賞されました。
センスの良さが際立っていてさすがです。
おめでとうございます。
テーブルのレッスンを以前に受けさせていただきました♪こちら


偶然にお会いした方がたくさんいらして嬉しかったです♪
ご一緒させていただきましたみなさま
ありがとうございました。

これからの中国茶や紅茶のテーブルで
皆さまに喜んでいただけますようイメージを膨らませ楽しい余韻に浸っています^^







☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
春節を迎え、いろいろなところでにぎやかに祝われているようですね。
我が家は、水餃子を作っていただきました^^

a0169924_20150420.jpg
今月は、「おもてなしの中国茶レッスン」を修了された生徒様がお二人いらっしゃいました。
いろいろなお茶をご一緒にいただきましたことが思い出されます。

お茶のご感想をお話くださいましたり、
お茶をきっかけにお話が広がりましたり…

今後は、「お楽しみの中国茶」へ参加される方、
ご都合の良い時に「おもてなしの中国茶レッスン」にいらっしゃいましたり、紅茶レッスンにいらっしゃいます方、
これからもどうぞよろしくお願いします♪

a0169924_20232491.jpg
亀の蓋碗でいただきました2005年普洱青餅 曽雲栄作。

亀の絵柄がおめでたい春節の雰囲気を盛り上げてくれました。

a0169924_20252961.jpg
こちらは、2015年地球にやさしい中国茶会のために
おがわえつこさんが作ってくださいました剪絵。

素敵ですね~♪

地模様のあるシルクの生地を小刀で切っていらっしゃいます。
干支の酉に因んで「お楽しみの中国茶」のときに
飾らせていただきました。

ありがとうございます。

a0169924_21542970.jpg
こちらの酉の蓋つきの器を飾っています。
鶏は、虫を食べるので悪いことも食べてくれて、
卵を産むことが、富が増えることに例えられているようです…

香港で暮らしているときに見つけました一品です。

春節を寿ぎ、皆さまにとりましても、幸せいっぱいの一年となりますように。

新年を迎え、素敵なイベントのお話が進んでいます。
4月10日のお日にちを空けておいてくださいね^^



☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
新年快楽!
(中国語であけましておめでとう!)

いよいよ春節を迎えました♪

春節を心待ちに
今月は皆様と普洱茶をいただきましたり、
春節に因んだ点心をいただいてまいりました。

a0169924_21193325.jpg

今月後半の誉理子先生のアレンジメントもとても素敵です。

そして、今日から新しいクラス「お楽しみの中国茶」が始まりました。
20回のおもてなしの中国茶レッスンを修了された方々が対象のクラスです。

おもてなしの中国茶を修了され、その後も引き続き参加していらっしゃる方、
久しぶりに中国茶を楽しみたい方も、是非、新しいクラスへどうぞ。

a0169924_21281436.jpg
輝くお茶の色、
雲南省の紅茶「巴達山紅茶」など4種類のお茶をご一緒にいただきました。

この度は、雲南省のお茶から
「月光白」
「巴達山紅茶」
「1995普洱青沱茶」
「2015普洱熟散茶」

お茶会をするとしたら、このようなお茶を召し上がっていただけたらとイメージして
選びました^^

a0169924_21323879.jpg


いろいろなお茶を一緒にいただいて参りました皆さまと
こうしてまた新たな気持ちで和やかに
お茶や季節、器と会話が広がりとても嬉しいです。
学ばせていただくことも多くあり、ありがたく思います。

a0169924_21331701.jpg
1995年普洱青沱茶。
すっきりとして若々しさを残しながらも、旨味と奥深さを感じるおいしさを引き出してくださいました。

a0169924_21440708.jpg
今月は、「はじまりのカフェ」、「おもてなしの中国茶講師養成講座」でも大根餅を召し上がってくださいました方が
いらっしゃいましたので、
「お楽しみの中国茶」では、「里芋の蒸し餅」を作らせていただきました。
大根を里芋に変えるとできます^^

a0169924_21462433.jpg
そして、黒胡麻餡の白玉団子「湯圓」は、
生姜のスライスを金魚ちゃんの形に抜いて
お団子と一緒に茹でました。

おととしのエコ茶会で、おがわえつこさんがお作りくださいました
剪紙の鳥もテーブルに飾らせていただきましたので、
また改めて写真を載せさせていただきますね。

新しいクラスでもどうぞよろしくお願いいたします♪







☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
本日のおもてなしの中国茶講師養成講座のテーマは、
「花について」でした。

折にふれて知りました
中国でのそれぞれの花にまつわることを
月ごとにまとめてお話させていただきました。

a0169924_21363963.jpg
植物は、その季節らしさを表現し、
お茶と共に人の身も心も豊かにしてくれる…

中国茶をいただきながら
中国では、そのお花はどんないわれがある、
漢詩にはこのように詠まれている、
このような問答に登場するなどを一緒にお伝えできたら素敵と感じていました。

30年ほどの間、小さな点と出会う度に書き留めてきたことを
おもてなしの中国茶会でいかしていただければと思い
まだまだ知らないことも多いですが
紹介させていただいております^^

a0169924_21440282.jpg

本日ご参加の方も、
いつも次が楽しみで楽しみでとおっしゃってくださいましたり、

お茶を淹れる度に「おいしいですね。」と言葉にしてくださいましたり、
私にとりましてもご褒美のように嬉しいです。

a0169924_21473155.jpg
点心の撮り方は、少し慣れてきました。
今月のレッスンは、明日まで。
心をこめて準備いたします。
そして、春節ですね。

a0169924_21485529.jpg
珍蔵舊普洱。
レッスンを終えて改めて味わいました。
そして、午前のレッスンを終えて実家へ…

学生時代のノートがそのままになっておりましたので
片付ける種類を分けていましたら、
日本や東洋の文化や建築、芸術についてノートにいっぱい勉強したあとがあり、
今、興味を持って学んでいることをすっかり忘れていたことに驚きました…

こんなに忘れているなんて…

近代西洋美術を専攻していましたが、
日本や東洋についてもの専門的な記述がたくさんあり、
学生時代を思い出しながら、今なら楽しみながら理解を深められそうな気がしています^^






☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
今月は、中国茶を4種類召し上がっていただきましたあと、
「大根餅」と「湯圓(黒胡麻餡の白玉団子)」を
召し上がっていただいています♪

a0169924_20511762.jpg
手前の蓋つきの器に入っているのが、
「湯圓(黒胡麻餡の白玉団子)」です。
中に隠れて見えませんね。

白いシロップに見えますのは、
麹だけで作られた甘酒。
とっても甘いけれど、お砂糖は入っていません。
発酵食品のよさと、温かさ、ほっとする甘みも一緒に♪

寒いお外へ出る前に、ポカポカとお身体があたたまりますように☆

黒胡麻餡も通常使われているような
ピーナツバターやラードは入れず、
身体によいものだけで作りました2017年バージョンです。

湯圓は、一年中食べられていますが、
元宵節にもかかせません。
丸い形は、家族団欒、円満も表しています。

子どもたちが幼いころ、公園から帰ってきて土鍋で湯圓を茹でて
ホクホクしながらいただきましたのも懐かしい思い出です…

a0169924_20575563.jpg
1995年普洱沱茶を素敵に淹れてくださいました。

a0169924_20585194.jpg
山梨からお土産に頂戴いたしました包みも美しいおめでたいお菓子。
お正月だけの「初日富士」と
干支の酉が描かれた包みを開けると
昔ながらの「雪の魂」の文字の箱。

a0169924_21000646.jpg
切り分けますと鮮やかな初日の出が富士山を照らしている姿を
金箔でキラキラと表しているようです。
可愛らしいゆきのお団子は、
雪山でもこれさえあれば元気の源になってくれるよう…

趣のあるお菓子をありがとうございます。
生徒様と有難く頂戴いたしました^^





☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
おもてなしの中国茶講師養成講座の
皆さまにお茶を淹れていただきますと
同じお茶がよりまろやかに感じます♪

a0169924_20592000.jpg


そして、ご一緒に参加されている他の皆さまも
繊細にお味を感じてくださっていらして
ご感想を伺い嬉しいです。

a0169924_20422261.jpg
12年ものの青餅は、普洱茶のなかでは草のように芳ばしいといわれるように
若々しいですが、
優しさも感じるまろやかを引き出してくださいます。

そして、水の沸かし方にもコツがあります。
こちらは、どのクラスにも共通していますが、
今月は、アルコールランプの火で、
陶器のやかんで沸かしていることも関係しています。

a0169924_20470638.jpg

この度の特別なお茶は、珍蔵舊普洱茶。
こちらは、年数を重ねておりますので時がまろやかさを作ってくれています。
a0169924_20481719.jpg

皆さまをお見送りしましたあと、もう一煎。
まだまだしっかりといただける深く軽やかな味わいです。

香港で見つけ、
書物にも登場しているお茶。

この度のテーマは、「二十四節気について」。
皆さまのお茶会にお役に立てましたら嬉しいです。

a0169924_20460937.jpg
本日も大根餅と湯圓を作り、
召し上がっていただきました。

お越しくださいました皆さま、ありがとうございました。


☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
今月は、おもてなしの中国茶レッスンで「大根餅」を召し上がっていただいています♪
大根餅は、一年中食べられていますが
新年を迎える春節にも欠かせない食べ物です。


a0169924_21150378.jpg



「年年糕」という言葉がありますが、
「年年高」と年々良くなるという意味の言葉と同じ発音をすることから
重ね合わせて春節に食べられています。

これまでは、薄力粉で作っていましたが、
上新粉で作るようにレシピを考え直しました。
はじまりのカフェ」でも召し上がっていただきました。

通常、スープを入れますが、
大根のゆで汁、椎茸の戻し汁、焼き豚、サラミ、干し海老、貝柱から出る美味しいお出しで
十分な美味しさです。
これからお越しの皆さまにも心をこめて作りますね。

「湯圓」についてもまた改めて…

a0169924_21450431.jpg
素敵に淹れていただきました♪
ありがとうございます。

a0169924_21460198.jpg
生徒様に頂戴いたしました京都「甘春堂」の「貝合せ」。
こんなに上品で趣のあるお菓子があるのを初めて知りました。
ありがとうございます。

a0169924_21483528.jpg
貝を開くと葛に金粉が光り、黒豆もおいしくいただけます。
貝殻も大切に何か工夫して使えたらと考えています^^

こちらのお菓子の説明によりますと、
「貝合せ」は平安時代、王朝貴族によって行われた歌合せの一種です。
その後、内側に彩色をほどこし和歌を加えたものを左右に分けて、
ぴったり合う貝の数を競った貝覆いが、現今の貝合せとなったと伝えられております。
この菓子は身体に良いとされる葛を用い季節によって中身を変えて、
王朝の雅を伝えたく仕上げました。

今の季節は、冬の臓器「腎臓」を補う黒豆なのですね。
風情のあるお菓子をありがとうございます。







☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
「おいしい中国紅茶はどちらで買えますか?」と
尋ねられることが度々あります。

そこでおすすめしたいのがこちら
茶里


a0169924_11363790.jpg

福建省の正山小種発祥の地にも足を運び、
紅茶好きなら是非いただきたい
上質の「金駿眉」も扱っていらっしゃいます。

a0169924_11371298.jpg

当教室では、毎月通ってくださっている皆さまのレッスンに合わせた量のお茶を手配しているため
在庫は置かないようにしています。
そこで、
どなたでもネットでいつでもご注文できる「茶里」さんはおすすめです。
紅茶以外にもいろいろなお茶を扱っていらっしゃいますので、
HPをご覧になってみてくださいませ。

a0169924_11373605.jpg
茶里さんから、鎌倉五郎本店のサクサク棒をいただきました。
ありがとうございます。
教室の皆さまと頂戴しております。
枝豆、紫芋、胡麻の自然な風味がおいしいです♪

a0169924_11515060.jpg

お天気がよくて気持ちの良い日曜日ですね。
素敵な一日を…





☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
中国茶講座も始まりました。
中国茶指導老師(中国茶アドバイザーインストラクター)資格取得講座です。



a0169924_16423269.jpg

今月は、「茶の水について」のお話と
2種類の大紅袍をのみ比べました。

a0169924_16435987.jpg

普通の「大紅袍」と伝承人劉宝順氏によるものです。
普通の大紅袍もとてもおいしいのですが、
劉宝順氏の大紅袍は、
上品でより透明感があり、
岩韵がゆったりと続いているそんな印象です。

a0169924_16472183.jpg
茶壷の淹れ方も慣れてきたそうで嬉しいです。

a0169924_16482019.jpg
「茶の水について」お話をさせていただき
茶を淹れる水の性質、沸かし方について
古の茶書に著された言葉について
私にとりましても
改めて、水や沸かし方に心を配ることの大切さを考えるひと時となりました。
a0169924_16511672.jpg
2017年度4月開講の中国茶指導老師(中国茶アドバイザーインストラクター)
資格取得講座についてのご案内は、まもなくいたします。

お問合せをいただいている皆さまありがとうございます。


a0169924_16410571.jpg

おちらは、生徒様にいただきました「濃縮蜜柑」。
株式会社ドリームファーマーズのものです。
大分県で栽培された完熟蜜柑を食品添加物不使用で干したものだそうです。

大好きお味♡
ありがとうございます。





☆中国茶紅茶「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
今月のおもてなしの中国茶レッスンで3種類目に
召し上がっていただいているお茶は、
1995年に雲南省へまいりまして求めてきたお茶です。

もう、22年前になるのですね。

a0169924_18590171.jpg
22年経っても、まだまだ若々しく
力強くてたっぷりと滋味を含んでいます…

a0169924_19002783.jpg
22年前、今のように皆さまとお茶を囲んで
味わう事を想像もしていませんでした。

そのお茶をご一緒に堪能できることを
とても幸せに感じています。


a0169924_19050594.jpg



雲南省西双版納勐海の山を2時間かけて登り
茶樹王を拝見できた感動と
雲南省のお茶の美味しさを知り感激した記念に
買ってまいりましたお茶のひとつです。

こちらの勐海沱茶は、この度10クラスの皆様と一緒にいただき
すっかりなくなると思いますが、
22年もののお味とその日のことが記憶に残ってくれましたら嬉しいです。

a0169924_19092999.jpg
こちらは、台湾「日出」のお菓子。
お箱があまりにも凝っていてインパクトがあるので
その雰囲気を伝えるにはどうしたらよいか考えているうちに
お日にちが過ぎてしまいました^^

穴山の村おこし支援をしていらっしゃるKEMIさんこと植田明美さん
台湾のお土産です。

a0169924_19105719.jpg
本のような形のお箱には、ミルクのヌガーが…
ひとつひとつ包みに文字が入っています。

a0169924_19120227.jpg
このようなお菓子が入っていました♪
洋菓子のようであり、やはり、台湾のお菓子のお味。

教室の皆さまといただきました。
ありがとうございました♡

今日から「大寒」。
暦通り、一番寒い季節がまいりましたね。
「冷えゆること至りて甚だしきとなれば也」
これを乗り越えたら「立春」。
おもてなしの中国茶レッスンでは、普洱茶と体がぽかぽかと温まる点心を用意しております。
これからいらっしゃる皆さまもどうぞお楽しみに♪

 


☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
←menuへ