<   2017年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

今月最後のお客様は、「中国茶五種のみ比べ」にお越しくださいました。

a0169924_22491773.jpg
写真は、お見送りをしました後に改めてもう一煎淹れました。
台湾で選んでまいりました「福寿山」です。

a0169924_22503754.jpg
改めて味わいました。
お茶の味、余韻、葉の様子…
あ~この福寿山を求めて台湾へ行ったのだと思いました。

a0169924_22522020.jpg
安吉白茶 浙江省
太極香片 福建省
福寿山  台湾
金観音  福建省
特貢壽眉 福建省

a0169924_22534328.jpg
久しぶりの「太極香片」も自然のふくよかな香りと甘みを堪能しました。

そして、本日お越しいただきました方の器への思い、
日本の器の作り手さんを応援したいという思いに感動しました。

知らない器の世界の方のことも教えていただき
私にとりましても学び楽しいひとときとなりました。

お暑い中お越しいただきましてありがとうございました。

今月の点心についても、改めてアップしたいと思います。

a0169924_23050834.jpg
今月で「おもてなしの中国茶レッスン」を修了された生徒様に頂戴いたしました
名古屋 えいこく屋さんの「チャイ」と新潟県 ガトウ専科「長岡花火パイ」。
懐かしい名古屋 えいこく屋さんのスパイスが効いたチャイと
まるで夜空に広がる花火のような形のサクサクのパイ。
組み合わせもとっても素晴らしくどちらも美味しくいただきました。
ありがとうございました。

a0169924_23095250.jpg
越後三大花火大会のひとつ「長岡の花火大会」をテーマに
こんなに素敵なパイのお菓子があるのですね。
美しい一瞬の煌めきの花火の形を菓子に映しましたという言葉が添えられていました…

嬉しいご褒美のようなご感想をありがとうございます。
178.png中国茶のレッスンでは長い間お世話になりましてありがとうございました♡
先生の素敵で優しいお人柄、リラックスできる空間、美味しい中国茶の作法は
日常を忘れさせてくれる楽しく癒されたひと時でした。
 先生のように心のこもったおもてなしができるようになりたいです。
 磯部先生と出会えたこと、中国茶と出会えたことは私にとって宝物がひとつ増えました。
 これからも頑張って生きていく活力になりそうです。
 本当に本当にありがとうございました。
 またこらからも先生にお会いしたいので、イベント等参加させていただきますね。



☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]

当教室「香茶苑」も登録研修機関として登録しております
公開セミナーのご案内です。




a0169924_21115183.jpg


公開セミナー「中国茶の国際事情と浙江銘茶のトレンドについて」のご案内

中国国際茶文化研究会認定中国茶アドバイザー/インストラクター日本事務局主催のセミナーを開催致します。

日時:2017年9月2日(土) 13:00~15:00満席となりました
会場:アットビジネスセンター東京駅 305号室
定員: 25名
費用: 一般5000円 会員4000円

第一部:セミナー
昨年河南省開封市で行われた国際茶文化検討会や今年浙江省寧波市での国際会議の様子や、
一帯一路政策における中国茶の役割や最新のブランド戦略などについてお伝え致します。
あわせて、今年4月の杭州研修ツアーでの最新中国茶事情もお伝えする予定です。
担当:事務局長清水真理

第二部:一部で紹介の浙江銘茶体験と意見交換会
体験予定茶:西湖龍井・龍井紅茶(唐小軍氏作)・缙云黄茶(G20採用)
担当: 登録研修機関及び中国茶アドバイザー/インストラクター

参加ご希望の方は、下記メールアドレスまで、
・お名前
・ご連絡先(携帯電話など)をお知らせ下さい。後日会場の詳細等を送ります。
お申込先 :info@ct-ai.jp

セミナー案内掲載HPアドレスhttp://www.ct-ai.jp/

※唐小軍氏プロフィール
西湖龍井の作り手。
龍井茶の釜炒りコンテストで3年連続一位を獲得し「炒茶王」の称
号を持つ。
毎年予約だけでほとんどのお茶が売り切れる。今注目の作り手。

※清水真理プロフィール
国際茶文化研究会認定中国茶アドバイザー/インストラクター 日本事務局長
*情報配信サイトAll About 中国茶ガイド
https://allabout.co.jp/gm/gp/1684/library/
*地球にやさしい中国茶交流会 副実行委員
https://ecochakai.jp/


a0169924_20583871.jpg
4月の杭州研修ツアーに参加しました一人として、
最新中国茶事情が、中国茶がお好きな方でしたら、きっとご興味のあるお話が聴けると思います。
当日は、私もまいります。
ご参加をお待ちしております。






☆中国茶紅茶「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]

お蔭様で今月の「おもてなしの中国茶レッスン」が終わりました。
お越しいただきました皆さま、ありがとうございました。

7月は、誉理子先生に2種類のアレンジメントをお作りいただきました。

a0169924_20154791.jpg

白茶に合わせて白いお花を。とお願いしました。

デンファレとブラックパールという実がスタイリッシュで涼し気です。
八手の放射線状のラインも効いています。

皆さまとご一緒に愛でさせていただきました。
もう一種類もとっても素敵。
改めてアップいたしますね。

a0169924_20193918.jpg
この日の白毫銀針は、プルルンという言葉がぴったりでした。
おいしく淹れていただき嬉しいです。

a0169924_20205418.jpg
台湾のお土産に頂戴いたしました「緑豆糕」。
昔ながらに作られている「李亭香餅店」のものです。

a0169924_20234276.jpg
材料は、きな粉のような、緑豆の中だけを取り出した緑豆粉に、砂糖、蓬莱粉、糯米のみ。
純粋なお味が、口の中でほろりと崩れます。

夏には、体の冷やしてくれる緑豆のお菓子、とっても嬉しいです。
ありがとうございます。
これまで「緑豆糕」というと緑色のしっとりしているタイプしか知りませんでした。
こちらも大好きです。

今月は、「中国茶五種のみ比べ」のお客様をお迎えするのみとなりました。
心をこめて準備します…








☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]

本日は、「お楽しみの中国茶」の皆さまをお迎えしました。


今月もお茶をご一緒に味わいつつ、心和む時間を皆さまと過ごすことができ感謝しております。
繰り返し準備してまいりました今月の茶器の取り合わせは、明日まで。
少し名残惜しいです

a0169924_19405021.jpg



「白茶」を3種と
「青茶」から福建省「白芽奇蘭」を1種。
a0169924_20153843.jpg
1種の烏龍茶をいただくことで、
より白茶の甘みも感じていただけたようで嬉しいです。


a0169924_20150620.jpg
お見送りしましたあとに「生態牡丹王」の茶殻をパチリ。
芽の部分がふっくらとして、摘まれた時の緑が鮮やかによみがえっています。

明日の「おもてなしの中国茶レッスン」でも
お召し上がりいただきますのを楽しみにしております。



a0169924_19411108.jpg

生徒様に頂戴いたしました金沢「村上」のお菓子です。
まるで生姜を薄く切ったような「生姜せんべい」。
おせんべいの周りを生姜のお味とお砂糖や水あめで覆っています。
そして、きれいな氷のような「わり氷」。
色とりどりの寒天がお砂糖に包まれています。
他界されたお父様お好みのお菓子だったのだそうです。
お気に召して、お口によくふくまれていらっしゃいましたことをお話いただきました。
思い出のお菓子、素敵ですね。
皆さまとご一緒に美味しくいただきました。
ありがとうございました。

「行雲流水」
夏の力強い雲は、空の色と白い雲のコントラストが印象的ですが、
昨日の激しい雨の後の今日の雲は、空の色も雲も似ている色で、ぼんやりとしていました…

雲の表情は一瞬一瞬ごとに変わり、
湧いては消えて、消えては生まれる、
流れる水もまた常に変化して様々な表情が見られます…

今月で、「おもてなしの中国茶レッスン」を修了された生徒様からのメッセージをいただきました。
178.png「皆さんいろいろおありと思いますが、私も日常でいろいろありまして、
そんな中、優子先生のレッスンが、一番の癒しでした。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
美味しいお茶と点心をいただきながら中国茶のお話も伺え、癒されあっという間に年月が経ちました。」とありました。
ご事情は分かりませんが、レッスンが少しでもお役に立てたようでよかったです。

「行雲流水」は、禅の言葉のひとつとして、人生にも通じています。
雲は静かな空や心地よい風ばかりではなく、強く激しい風もある。
水の流れにも岩場もあれば淵もある。

雲や水の流れを見ていると、いろいろなことがありながらも、
ひとつのところにとどまらず無心で淡々と爽やかに生きることを
教えてくれるようです…








☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
今月の「おもてなしの中国茶講師養成講座」では、
茶と点心の組み合わせについてのお話をさせていただきました。

季節を考えてお茶を選び、
食材の旬や季節の養生、お茶との組み合わせを考えて点心を選ぶ基本的な法則です。


a0169924_21410306.jpg
こちらのクラスの茶譜は、下記の通りです。

白毫銀針
白茶伝統技術継承者
品評会金賞受賞茶葉

茉莉白芽銀針
七薫花茶

生態牡丹王

普洱白茶

a0169924_21412031.jpg

特別な白毫銀針の香りは、より一層「心穏やかに」してくれるようです…

白楽天の絶句に「心静かなれば即ち身涼し」と詠まれていますように、
白毫銀針の香りやお味が心を穏やかにしてくれて
暑さをしばし忘れさせてくれるような気がいたします。




a0169924_21415451.jpg
白毫銀針に七回も薫りを施したお茶は、
すぐそこで白いジャスミンのお花が咲いているかのような豊かな気持ちにさせてくれます…

梅ヶ島で見かけました大木に自由に蔓を巻き付かせている
ジャスミンの可憐なお花を思い起こします…

こちらの講座の皆さまは、
9月の講座のあとは、もう、10月が最終回。
それぞれに学ばれたことを生かして発表していただきます。

おひとりおひとりの個性が光る中国茶会の内容の発表を楽しみにしております。

a0169924_21420699.jpg
昨日お越しいただきました生徒様に
WABISAのお菓子「香ほろん」を頂戴いたしました。

朝ぼらけ
野山
花火
大地

景色が思い浮かぶような銘がつけられたそれぞれの箱に
白桃、抹茶、和三盆、きな粉、いちごなど
お味が異なる可愛らしいクッキーが入っていました。


a0169924_21422183.jpg

ひとくちいただくと、ホロロというような繊細な食感♪
お味の違いも楽しませていただきました。
ありがとうございます。

「おもてなしの中国茶レッスン」にお越しいただいております、
香港に住まわれていました生徒様から「壽眉」のご感想をいただきました。

178.png「白茶は体の熱を下げてくれる夏にぴったりのお茶ですね。
壽眉、香港の飲茶でよく飲んだ事を思い出しました。
はじめての海外暮らしではじめての育児、気分が落ち込んだ時、飲茶へ行きお茶を飲んで、気分転換したことを
思い出されます。」

私もそうでした。香港で子育てが大変なとき、飲茶に参りました時、何気なくいただいていた壽眉が
気持ちをやわらげてくれたことを思い出します。

レッスンのあと、早速、会社のみなさんに白茶についてお話してくださいました生徒様もいらっしゃいました。
178.png「早速、会社の人に白茶の素晴らしさと夏にはぴったりだというお話をしました。
香港で素敵なお茶に出会いがあることを楽しみにしております。
その前にレッスンで白茶を学べてよかったです。」

8月に香港へいらっしゃるとのこと。
香港は、白茶が買いやすいところのひとつです。
暑い香港は、日常や飲茶でもよく白茶が飲まれています。
素敵なお茶との出会いがありますように。

お越しいただきましてありがとうございました。





☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
7月のレッスンでは、白茶を数々召し上がっていただいております。

暑い季節にいただく白茶の美味しさは、格別です。
そして、真夏日が続いている中、元気に過ごせますのは、
白茶や東洋の知恵のお蔭とありがたく思うこの頃です。

私も、
夏の過ごし方について、何年にも渡りお伝えし続けてまいりました生徒様も
とても元気です。

体調を崩される方が多くいらっしゃいます
一番気温が高い「大暑」になりましても
変わらず過ごしております。

a0169924_22222762.jpg
白茶のひとつ「月光白」は、「おもてなしの中国茶レッスン」で
召し上がっていただいております。

この度の4種類のなかでは、唯一雲南省で産するお茶です。
そして、月明りで萎凋する「月光萎凋」というのも何かロマンチックです。

a0169924_22251261.jpg
ちょうどお茶の葉も、
片側は、夜の闇のような色。
反対側や芽の部分は、月明りのような色をしていることも、
お茶の名前のストーリーが感じられます。

a0169924_22271581.jpg
お茶の色は、琥珀色で、より甘みが感じられます…
今日のレッスンでは、ライチのようでした。

おもてなしの中国茶レッスンは、今月は、残すところあと1回。
皆さまと「月光白」が味わえますのを楽しみにしております。

a0169924_22375408.jpg
今月は、4名の方が全20回の「おもてなしの中国茶レッスン」を修了されました。
たくさんお越しいただきましてありがとうございました。

中国茶を選んだり、アドバイスをして差し上げたり、
ご友人や親しい方をお招きして、
どんどん中国茶のおもてなしをしていただけましたら嬉しいです。


これからの予定は、それぞれに、9月からの「中国茶アドバイザーインストラクター資格取得講座」に参加される方、
11月からの講師養成講座に参加される方、
ひと区切りされて、今後は、イベントにご参加を希望される方…
日々の暮らしの中で、是非、中国茶を楽しんでくださいませ。

今月のレッスンは、あと4回。
心を込めて準備をしています。

暑さ厳しき折、恙なくお過ごしくださいませ。








☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
7月の「おもてなしの中国茶レッスン」は、
「納涼」をテーマに4種類の白茶を召し上がっていただいております。



そのうちのひとつ「生態牡丹王」もとてもおいしく淹れていただきました♪

a0169924_21531088.jpg
4種類のお茶
奥から


白毫銀針
生態牡丹王
月光白
特貢壽眉
a0169924_21533975.jpg
夏の土用が、7月19日から始まりましたね。
四季折々の節目にある「土用」は、
季節が入れ替わる不安定な期間といわれています。

古代中国の五行から発生したものです。
五行説では、春は木、夏は火、秋は金、冬は水の気とされ、
それぞれの間を「土」の気で表し土用とされています。

中でも夏から秋の土用は、特に健康に気を付けましょうと言われています。
そして、土の気は、あらゆるものを吸収し生み出すことから、
種まきなどの土を触ること、療病、旅行、結婚などは避ける俗信があります。

梅雨も明け、一年で最も気温が高い季節
立秋までの土用の期間、無理せずおいしいお茶と栄養のあるものをいただきつつ
ゆったりと過ごしたいものです…

a0169924_22085834.jpg
素敵な包みのお持たせを頂戴いたしました。
「うかい(アトリエ うかい)」のふきよせ、
銘は、「夕暮れ」とつけられています。
包みにも夕暮れ時の景色が描かれ風情があります。

a0169924_22122592.jpg
チーズやにんじん、ごぼう、たまねぎ、青のりなどのお味がいかされ、
ワインにも合いそう…♡

自然なお味は、もちろん、さまざまなお茶にも合い、
私好みです。
ありがとうございます。

素敵なお菓子を教えていただき、味わうことができ嬉しいです。

日曜日には、「大暑」ですね。
くれぐれもご自愛くださいませ。


☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
今月は、「お楽しみの中国茶」のクラスからスタートしました。

久しぶりにご参加の方もいらっしゃいまして
お迎えするのを楽しみにしていました。

a0169924_22445273.jpg


召し上がっていただくお茶は、
下記の通りです。

白毫銀針
生態牡丹王
白芽奇蘭
特貢壽眉

a0169924_22514337.jpg


白毫銀針は、福建省福鼎の福鼎大白種でつくられています。

静岡県梅ヶ島に茶摘みにまいりまして、
茶を摘もうとしても、すぐにはたくさんにならず大変だと感じておりましたので、
芽頭だけの白毫銀針は、どれほど大変なことと想像します。


a0169924_23285168.jpg


白毫香ととろりとした口当り、上品な甘みが余韻となって穏やかな気持ちにさせてくれるようです。

暑い日が続きますが、白茶の体の余分な熱を外に流してくれる作用のお蔭で心地よく過ごせてありがたいです。

a0169924_23090404.jpg


二種類目のお茶は、生態牡丹王です。
オーガニックの白牡丹です。
白毫に、青いお茶の葉の香りやお味が加わわります。
一煎ごとに変化して印象が変化ゆくのも魅力です。

a0169924_23242815.jpg


三種類目は、白芽奇蘭です。
白茶ではないのですが、福建省の烏龍茶から選びました。
先月、こちらのクラスでは召し上がっていただいておりませんでしたので、是非、お出ししたいと考えておりました。

焙煎が深めで、芳醇な香りは、フラワリーでしたり、フルーティーでしたり…


a0169924_23243069.jpg


四種類目の特貢壽眉と共に、
今月の点心「腸粉」と甜品として「はとむぎと緑豆のおしるこ」を召し上がっていただきました。

これからお越しの皆さまにも
味わっていただけますのを楽しみにお待ちしております。

a0169924_23243154.jpg


「茶の葉」というお店のお菓子「コイン焼」を頂戴いたしました。
抹茶や玄米、焙じ茶が焼き込まれています。
自然な味わいが美味しいです。
ありがとうございます。
静岡県葵区安西で作られていて、梅ヶ島と同じ葵区です。
銀座松屋と玉プラーザにお店があるそうです。
素敵なお菓子を教えていただいき嬉しいです。




[PR]
この度の連休は、いかがお過ごしですか?

次男がフルーツタルトを食べたいというので、作ってみました^^

紅茶は、フルーツやお花の香りが素敵なDAMMANN FrèresのJARDIN BLUEを。

a0169924_18354959.jpg
フルーツを盛りつけるのは、難しいです…

かわいいいちごの季節ではないので
プラムをアクセントにしてみました。

りんごを羽のように切って重ねたけれど
倒れてしまい写真の中に見当たりません。


a0169924_18392140.jpg
パータシュクレにアーモンドクリームを焼きこんで、
クレームパティシエールとクレームシャンティーを混ぜて
フルーツを盛りつけて…

佐智子先生に教えていただいた時のようにできるまで
まだまだ道は長そうです。





a0169924_18454182.jpg
タルトレットフリュイも持って
次男と一緒に実家へ行ってまいりました^^

素敵な休日をお過ごしくださいませ。



☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
by salondeshanti | 2017-07-16 18:44 | 紅茶 | Comments(0)
本日は、中国茶講座の生徒様をお迎えしました。
全5タームのカリキュラムの最終タームが始まりました。

a0169924_22122772.jpg
用意しました中国茶は、
白毫銀針
梅家塢龍井半手工
安吉白茶です。

a0169924_22181458.jpg
今月のお茶のテーマにもなっております
白茶の「白毫銀針」です。

涼やかで、軽やかな甘みと上品な滋味は、
感覚を研ぎ澄まして
いろいろなお茶を経験してこそ分かるのではと
講座の最終タームに召し上がっていただこうと考えていました。

「おもてなしの中国茶レッスン」でも味わっていただきます。

a0169924_22223027.jpg

そして、「梅家塢龍井半手工」。
手工の形、茶葉の色、旨味を兼ね備え、
改めてその素晴らしいバランスを堪能しました。

この度のお話は、「中国茶教授概論」。
私自身、まだ学びの途中ですが、
これまでの学ぶ側、いただく側から、
発信する側の視点でお茶会や講座をするときに
知っておくとよいこと、
コツなどのお話をさせていただきました。

いよいよ中国茶の淹れ手としてのプロフィールも作成し、
ご一緒にお茶会を主催する準備をしています。

a0169924_22280430.jpg
3種類目のお茶は、「安吉白茶」。
今年は、揉捻している安吉白茶と松の葉のような形の2種類のお茶の葉をいただきました。
こちらは、従来の松の葉のような形です。

お茶の色は、淡いながらもミネラルがしっかり感じられおいしく淹れていただきました。

お茶のそれぞれの個性を考えながら
お茶の葉の量、湯の温度、淹れる時間なども調整して
お味や香りを上手に引き出していただき
嬉しく味わわせていただきました。

後4回で、全25回のカリキュラムが修了します。
しっかりとお伝えしてまいります。

暑い日でしたが、白茶と緑茶のお蔭で、
今日も心地よく過ごすことができました🍃

お越しいただきましてありがとうございました。

◆中国国際茶文化研究会認定「中国茶指導老師(中国茶アドバイザーインストラクター)」資格取得講座は、
2017年9月からスタートします。
お問合せを受付中。

中国茶指導老師 日本事務局主催の公開セミナーが開催されます。
2017年9月2日㈯13:00-15:00
第一部
「中国における中国茶の国際事情と浙江省のトレンドについて」
第二部
第一部で言及したお茶を参加者の方々に体験していただきながら意見交換を行っていただく。
会場は、後日ご案内。
お問合せ受付中。






☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
←menuへ