春節をテーマに、一月のおもてなしの中国茶レッスンをさせていただいております。

「福」の文字や赤や黄色のカラー、鶴や亀さん、金魚ちゃんと
おめでたいものをご覧になり
今年も幸せに過ごしていただけますようにと飾っております♪

a0169924_18450248.jpg
そして、お茶は、普洱茶(プーアール茶)を4種類召し上がっていただいております。

1種類目の2006年西双版納古茶樹 老吉子

a0169924_18500268.jpg
12年ものになりますが、青餅の若い味として選びました。




a0169924_18520650.jpg
芽の部分は、まだ白く、井草のような清々しい香りのお茶です。

a0169924_18582620.jpg
青さが残るお味と
金色に輝いているかのようなお茶の透明感
茶殻もまだ青さが残ります。

2番目に1999年大渡崗青餅
3番目に1997年熟磚茶。
4番目に2017年熟散茶と召し上がっていただいております。

ひとくちにプーアール茶とまとめられないほど
千差万別です。
同じお茶が、年月を経てまた違うお味に進化もしてしまいます。
点心は、既に紹介しております「比内地鶏で作る紅白の水餃子」と
「金柑と銀杏のデザート」デザートです。
a0169924_19023712.jpg
比内地鶏もとてもおいしいのですが、もうひとつ良い味を出してくれているのが
椎茸です。
大分県産の立派な椎茸を眞理子さんがお送りくださいました。
ありがとうございます♪

ギャラリーゴトウでは、1月21日より27日までパリに40年暮らす
朝比奈 斌Bin Asahina氏の作品展が開催されるそうですよ。

a0169924_19053846.jpg

一年で一番寒い時期「大寒」を迎えましたね。
身の引き締まるような寒さを乗り越えるために、
一年を通じて食材を選び、冷えにくい体作りをしているのだと思います…

寒さ厳しき折、お身体を大切にお過ごしくださいませ。







☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
# by salondeshanti | 2018-01-20 18:45 | 中国茶 | Comments(0)
←menuへ