タグ:おでかけ ( 138 ) タグの人気記事

a0169924_14332091.jpg
秋田に参りまして次の日の朝
でんぷの里」赤澤瑠吏子さんにラズベリー摘みに連れて行っていただきました♪

朝の爽やかな風が通り気持ちよかったです。


a0169924_14351092.jpg
熟したものだけをよく選ぶように教えていただきました。

枝についている間に熟すものと
まだ青い状態で摘まれて輸入されるものは
自ずと違います。


a0169924_14361034.jpg

増田町のラズベリーは、今が最盛期。
今でしたら、果物農家さんから熟してから摘まれるラズベリーを直接購入できます。

果物農家さんの小松谷さん
秋田県横手市増田町亀田字や柳原58
電話082-45-3506

お電話にてご注文ください。

昨年に送っていただきました小松谷さんのラズベリーは、こちら
2015年にラズベリーとラズベリーのコンフィチュールをいただいていました。こちら

これまでいただいていましたラズベリーが大切に育てられている様子を見せていただき
感動しつつ摘ませていただきました。

a0169924_14405758.jpg
お水も空気も土壌も素晴らしい秋田で育つものは
どれも本当に美味しいです。


a0169924_14412929.jpg
瑠吏子さんのお家のワンちゃんたちにも会えました♡


a0169924_21170244.jpg


秋田より持ち帰りましたラズベリーたち。
今日は、夏の英国デザート「パブロヴァ」を作りました。
改めてアップいたしますね。

a0169924_21164080.jpg
こちらは、小松谷さんが摘まれた粒がそろっているラズベリー。
昨日、訪れました深沢のデザート専門店「デセールコントワール」にお持ちしましたら
盛り付けに使っていただき嬉しかったです。
a0169924_21173211.jpg

ラズベリーの他にもいろいろな果物を作っていらっしゃいます。
ご注文とご一緒にいかがでしょうか。


果物農家さんでもご一緒の皆さまから温かなお心遣いをいただき
幸せな気持ちになりました。

ありがとうございました🍑


a0169924_22075833.jpg


[PR]

世田谷区「静嘉堂文庫」
~かおりを飾る~珠玉の香合 香炉展にまいりました。

大好きな美術館ですのに、
久しぶりに訪れました。

門から美術館までの森林は、
高原を訪れたよう…

梅の庭園も手入れが行き届いて
見ているだけで心地よいです。

a0169924_13424151.jpg


この度は、「曜変天目」が見られますよと教えていただきました。
上野の国立博物館「茶の湯」展でも展示されていましたが、
22年ぶりに所蔵の静嘉堂文庫に戻り
特別公開されていました。
低い位置に展示され、上から覗きこみ
煌めく器の中をゆっくりじっくり鑑賞することができました。

世界に3つの曜変天目のうちのひとつが目の前にあること
器を手にとられた方々の思い
中国に残されていない理由
器そのものの麗しい典雅な様子に重ね
想像の世界が広がります。

時代を越えて人々を惹き付ける魅力を
放っています。

a0169924_13424458.jpg



香りの器をテーマにした展覧会は
とても見応えがありました。

香りを焚くことは、
仏教では不浄を祓い、心身を清く浄化する、
空間を浄め神聖な場を作るといわれているという説明を読み
なるほど香りにはそのような役目があると
教えていただきました。

「沈香」を手に取って香ることもできました。
a0169924_13424728.jpg



香りを入れて飾る香合
香りを焚く香炉
最も洗練された工芸の歴史を
凝縮したともいえる
逸品でした。

そして、静嘉堂文庫庭園には、鹿鳴館の設計でも知られるコンドルによる廟があり、
その前に立派な青銅の香炉が置かれています。

a0169924_13425196.jpg


1855年安政2年の「形物香合相撲」の番付表の原本と
形物香合のうち35個を静嘉堂文庫が所蔵し
32個が出典されています。

a0169924_14554220.jpg


中国、日本の茶と共に歴史を歩んできた香合と香炉の芸術は、眼福でした。
同じ時代に作られた茶器、時代の様子を思い描きつつ楽ませていただきました。

いずれも素敵でした中で
明代17世紀前半景徳鎮 古染付荘子香合に
ひかれました。

~かおりを飾る~
珠玉の香合 香炉展
2017.6.7-8.13
静嘉堂文庫美術館



a0169924_14554525.jpg

鑑賞したあとは、二子玉川billsで
お料理とパヴロヴァをいただきました♪





[PR]
アンダーズ東京51階「アンダーズタヴァン」のアフタヌーンティーへまいりました♪

「Bon Chic」vol.15には、いろいろなアフタヌーンティーがいただけるテイールームが掲載されています。
皆さまとどちらにしましょう。とページをめくりながら相談しているときに、
どなたもアンダーズにいらしたことがないので
行ってみましょう!ということになりました^^

a0169924_19545239.jpg

スタイリッシュなホテルの雰囲気に
美濃焼の器を合わせていました。
和モダンなアフタヌーンティーのスタンドが、
他にはないオリジナリティを作っています。

丁寧に作られたテイーフーズがのせられていました。

美濃焼といえば、岐阜県で製作されている焼き物。
外国のお客様の多いこちらのホテルで
日本の器をご覧いただくよい機会になりそうですね。




a0169924_19545687.jpg
一番上の段には、セイボリー。

紅茶は、一杯ごとおいしくいれていただきました。
最初の紅茶は、ダージリンにしました。


a0169924_19545892.jpg
ペイストリーは、色も形もラブリー💕

そして、ダージリンをもう一杯。


a0169924_19550116.jpg
スコーンと一緒にイングリッシュブレックファストをいただきました。

心和むおしゃべりは、
暑い夏の日も元気に過ごす心の栄養になりました。

最後は、鮮やかな赤い色のワイルドチェリーのハーブテイーをいただきました。


a0169924_19550448.jpg
眺めもよく、天井が高いので
ゆったりときた気分が味わえます。

曇りのち雨の日でしたが、
光が窓からたくさんはいり明るい窓辺で
楽しいテイータイムをすごさせていただきました。

ご一緒していただきました皆さま
ありがとうございました♪

MENU
Afternoon Tea Set
マンゴーとスイートビーツ ゴートチーズのクリーム
ブリオッシュとポークリエット エディブルフラワー
スモークサーモンとアスパラガス クリームチーズのトルティーヤサンドイッチ
海老とディルカクテルソースのエクレアサンド
コーンとオニオンのキッシュ
季節のエクレアセレクション
チョコレート&コーヒー ムース
季節のジュレ
タルトレット・パッションフルーツ
自家製スコーン プレーン&ピーチ クロテッドクリーム 
季節のフルーツジャム 





[PR]
by salondeshanti | 2017-08-04 19:53 | 紅茶 | Comments(0)
ポーセリンペインティング作品展
「桜の季節のおくりもの」
ポーセリンペインター鈴木恵理さんの個展へまいりました。

a0169924_19255243.jpg


素晴らしいオリジナル作品の数々を
拝見してまいりました。

a0169924_19255538.jpg


洗練された美しい色彩と筆づかいに
うっとりします…

a0169924_19560503.jpg


龍の茶杯も展示されています。

是非いらしてみてくださいませ。

清明の日に新たなスタートをされる恵理さんを
お祝いしたくて仲間たちでかけつけました♪

会場 リーガロイヤルホテル1階 リーガロイヤルギャラリー
日程 2017.4.4-9

a0169924_19260018.jpg


セントレジスホテルでティータイムを楽しんで帰ってきました。
ご一緒させていただきました皆さま
ありがとうございました💓

[PR]
フルールスクレ フラワーデザイナーの姉が
柔らかい陽だまりのような色のバラの
アレンジメントを作ってくれました♪

a0169924_19103351.jpg

1月にパリで選んできましたアートオブフラワーの色です。
いつもその発色や質感の美しさにうっとりとします…

こちらのアレンジメントは、
4月の紅茶レッスンからご覧いただけます。

どうぞお楽しみに。

a0169924_19110476.jpg
アレンジメントを受け取りました日に
フレンチレストランや
ティールームへまいりました。

a0169924_18570616.jpg


紀尾井町のクラシックハウスの
ティールームでゆっくりおしゃべりをして
楽しいひとときでした。


紅茶に詳しい方がお薦めしてくださいました。
落ち着いた雰囲気がとても気に入りました。
新しくできたいろいろなレストランと共に
また訪れたいです。

ご近所の桜も咲き始めました🌸
お散歩が楽しい季節です…



[PR]
「大エルミタージュ美術館展」と共にグランドハイアット東京「ザフレンチキッチン」で開催されている
エルミタ―ジュアフタヌーンティー」へ行ってまいりました♫

a0169924_19274154.jpg

パリの紅茶「二ナス」のエカテリーナ2世をイメージしたオリジナルティーもお披露目です。
セイロンティーにアールグレイ(ベルガモット)、オレンジフレーバーの香り、
ひまわり(ロシアの代表的な花)、矢車菊(エカテリーナ2世出身のドイツの国花)が散りばめられていました。

a0169924_19282530.jpg

ロシアに因んだティーフーズもとても素敵でした。

a0169924_19291134.jpg

「大エルミタージュ美術館展」開催記念スペシャルメニュー
開催場所:グランドハイアット東京「フレンチキッチン」
提供期間:2017年3月1日(水)~6月30日(金)
公式WEBサイト:http://restaurants.tokyo.grand.hyatt.co.jp/recommended/hermitage-afternoontea/




a0169924_19295137.jpg

しっとり雨の降る寒い日でしたが、
皆さまとの楽しいひと時をすごさせていただきました。
ありがとうございました。

a0169924_19302901.jpg
ロシアのケーキ「バーズミルクケーキ」
スポンジ生地、カスタードクリーム、マシュマロの三層のケーキを
チョコレートでコーティングしたロシアでよく食べられているスイーツ。
この世には存在しない“鳥のミルク”ほど美味しいという意味で呼ばれています。

a0169924_07595769.jpg


グランドハイヤット近くのティールームへにも
連れていっていただきました。
「MELTHEA」(メルテア六本木店)です。


a0169924_19315652.jpg

オーガニックセイロンティーの専門店で
こだわりのルフナが何種類もいただけます。

素晴らしくおいしいお茶を味わわせていただきました。
是非、いらしてみてくださいませ。

a0169924_19323780.jpg


[PR]
教室の生徒様でもいらっしゃいますロシアご出身リリヤさんが、
本格的な帝政ロシア料理の美食会を始められ
伺わせていただきました♪

国際女性デーでもある「ミモザの日」、
すてきなミモザのアレンジメントを作りお迎えくださいました。

a0169924_22580423.jpg

専門的にセッティングについて学ばれた洗練されたテーブルで…

a0169924_22585756.jpg
テーブルウエアは、トルストイの奥様のテーブルをイメージして選ばれたそうです。

a0169924_23012951.jpg
繊細なお花を生き生きと可愛らしく生けていらっしゃいます♡

a0169924_23024950.jpg
お料理のテーマは、「最も優れたロシアの伝統的な冬のランチ」。
1月から提供されているメニューをお願いしました。
3月には、「春の到来をブリヌイでお祝い」。
4月には、「春のテーブル」をテーマにイースターをイメージしたお料理と続いています。

この度の最初は、「ベビーリーフ フルーツサラダ バルサミコソース」です。
ベビーリーフの下にフルーツトマトとグレープフルーツが隠れていました。

a0169924_23044753.jpg
2番目は、「にしんマリネとビーツの前菜オリーブオイルとマスタード風味」。
色鮮やかでヘルシーでおいしい~♪
周りのスプラウトが、まるでイースターを思わせる鳥の巣のよう。
デザートのように美しい前菜でした。

a0169924_23074072.jpg
3番目は、「クラシックボルシチ」。
上品で繊細な旨味がギュッとつまったボルシチ。
レシピには、たくさんの食材が書かれそれらのお味が調和していることにも感動…

a0169924_23084641.jpg
4番目は、「みつせ鶏、マシュルームのそばの実粥」。
そばの実がプチプチして、鶏肉やマシュルームのお味を閉じ込めたようなお粥。
初めての食感が気に入って、皆さんでロシア製そばの実を注文することにしました^^

a0169924_23140645.jpg
デザートは、「プラムのヨーグルトムース」。
上にかけられてふわふわしているのはくるみでした♪
爽やかさとプラムのフルーティーさが食事のあとに丁度よく嬉しかったです。

a0169924_23165413.jpg
紅茶は、ナヴァラサのアフタヌーンブレンド♪

本格的な帝政時代のロシア料理の素晴らしさを伝えたいと
お話くださるリリヤさんのお料理は、
丁寧で心を込めて作られた上質なお味でした。


a0169924_23263035.jpg
エレガントな食卓で
ロシアのこと、お料理、テーブル、お花と話は尽きなく
楽しいひと時を過ごさせていただきました。

リリヤさん、
ご一緒させていただきました皆さま、
ありがとうございました♪

リリヤさんへのお問合せ先:
メールアドレス itayamirra@yandex.ru
場所:世田谷区










☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
a0169924_22542724.jpg



お雛祭りの日に
鎌倉へまいりました。

お天気に恵まれ
前の日の雨で澄んだ空気の中
心地よい散策となりました。

ちょうど北鎌倉古民家ミュージアムで
「ひなまつりと吊るし飾り展」が
開催されていて
お雛様の原形となる形代や流し雛から
色鮮やかな大切に飾られてきたものなど
本当にたくさんの表情豊かなお雛様が飾られていました。
見事な展示は、4月2日までです。
ご興味のおありの方はいかがでしょうか。


a0169924_22543840.jpg


次に訪れましたのは円覚寺。
東京に比べ、少しひんやりとしているためか
日陰はまだ梅の花は蕾でした。
そして、ご一緒の方が馬酔木の
可愛らしくも馬を酔わすほどのお花について
教えてくださいました。


a0169924_22544155.jpg


おしゃべりしつつさらに歩いていくと
明月院へ到着。
あじさいは枝の先に小さな芽が見えるのみで、光に透けた臘梅が目をひきました。

a0169924_19122576.jpg



お昼の食事は、古民家でいただく創作料理レストラン「航」。

鎌倉野菜の素材を生かしたお味を堪能し
居心地よくゆったりと過ごさせていただきました。

a0169924_22545255.jpg



そして、竹林で有名な報國禅寺へ。
石庭も素晴らしかったです。
岩清水が流れる竹のお庭を眺めつつ
お薄をいただきました。

筍が、土の下で芽を出そうとしているのでしょうね。

最後は、鶴岡八幡宮でお詣りし
小町通りを歩きつつ
駅へ向かいました。

豊かな自然と
歴史や文化を感じる
楽しい思い出深い1日となりました。

計画を立ててくださり
ご一緒させていただきました
素敵な方々に感謝しております。

また鎌倉を訪れたくなりました。

暦は、「啓蟄」。
「蟄虫(すごもりむし)戸を啓(ひら)く」。
冬の間、土の中で冬ごもりしていた いろいろな虫が穴を啓いて地上へ這い出してくるころ…

気温が上がってきて
めまいやのぼせが起こりやすく、 情緒不安定に陥りやすい季節。

菜の花、うど、 筍などの「苦味の野菜」や
梅干やレモンなどの「酸味の食ベ物」を召し上がり養生するのはいかがでしょう…


[PR]
by salondeshanti | 2017-03-04 22:07 | Comments(0)
今年も「テーブルウエアフェスティバル」が開催されていますね。
私も行ってまいりました。

たくさんの素敵なテーブルの展示に刺激をいただき
楽しい一日となりました。







a0169924_17160543.jpg
そして、英国文化研究家小関由美さんのセミナーに参加してまいりました♪
書籍「英国ティーハウスのオールディメニュー」を出版され、
掲載されているメニューや陶磁器についてのお話を伺いました。

小関由美さん、
クイーンズフィニッシングフィニシングスクールでご一緒させていただきました方々と♡

紅茶のお仲間に誘っていただき楽しいひと時を過ごさせていただきました。
クラウンのフィンガーサンドイッチもラブリーで、どれもとても美味しかったです。
仙台ハムステッドティールームの方が、ご用意くださいました。

a0169924_23034263.jpg
グラススタジオのテーブルウエアを使用されて
宮澤奈々さんがセッティングされたおしゃれなテーブル♡
ナチュラルで心地よく過ごせそう♪

a0169924_23062273.jpg
ロブマイヤー

a0169924_23065775.jpg
Sghr

a0169924_23060951.jpg
  1. ニュンヘンブルグ

a0169924_22561282.jpg

2年続けて入賞されました片桐朝子様の作品。
佳作を受賞されました。
センスの良さが際立っていてさすがです。
おめでとうございます。
テーブルのレッスンを以前に受けさせていただきました♪こちら


偶然にお会いした方がたくさんいらして嬉しかったです♪
ご一緒させていただきましたみなさま
ありがとうございました。

これからの中国茶や紅茶のテーブルで
皆さまに喜んでいただけますようイメージを膨らませ楽しい余韻に浸っています^^







☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
蓮根にあります料亭「よし邑」さんへ伺いました。
今年の晩春、初夏と盛夏にも訪れ、
その季節ごとの素材が生かされ
美しく盛り付けられたお料理を愛でつつ味わわせていただいております。

初夏には、青森県のリンゴのエッセンス「アップルクリレ」をお使いくださり、
その後もお料理に取り入れていただきとても感激いたしました。

a0169924_22303211.jpg
旬の食材や季節をイメージするものが感じられるお料理をいただくのは
とても嬉しく
和やかな会話を盛り上げてくれます。

お蔭様で、年の瀬の慌ただしい日々の中
心落ち着けてお料理を堪能し、おしゃべりがはずむひとときを過ごさせていただきました。


a0169924_22371402.jpg
お部屋には、雪景色のお軸が掛けられていました。

また伺いたいと思います。
ありがとうございました。








☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
←menuへ