タグ:中国茶 ( 701 ) タグの人気記事

しばらくぶりのお茶の記事です。
入院しておりましたため、ブログをお休みさせていただいておりました。
手術も無事に終わり、お蔭様で回復にむかっております。

ブログ記事の更新がない間も
ご覧くださっていました皆さま、ありがとうございます。

以前のようにまたさもない日常とお茶のことを
ブログにつづることができるようになり
とても嬉しく感じています♪

a0169924_17071994.jpg
入院している間、お茶を丁寧に淹れることが、
私にとりましてどれほど大切で、心癒されることなのかを感じました。

どんなお茶を飲もうかしら?とお茶を選び、やかんに水を入れ、沸かす。
器を選び、湯が沸きましたら、お茶の葉を量る。
丁度よい温度で湯を注ぎ、時間を待つ…
お茶そのものの香り、味だけでなく、
この丁寧に淹れる準備も好きなのだと改めて思いました。
そして、もっと好きなのは、どなたかにお茶をいれてさしあげることです。

a0169924_17422288.jpg
退院したら、どのお茶を淹れようかしら?と選びましたのは、
香港からのお土産にちょうだいしましたペニンシュラのバラ紅茶「玫瑰紅茶」。
香港の旅の途中に私のことを思い出してくださったことを嬉しく思います。

香りや味のイメージを膨らませ
いただくのを楽しみにしていました🌹

同時に香港でこの紅茶をいただいていた頃のことも思い出していました。
そして、次に香港を訪れるときには、どちらに伺おうかしら?と
想像していました^^

a0169924_17561607.jpg
薔薇の紅茶と一緒にいただきましたのは、
小川軒のレーズンウィッチ。

日常が戻ってきましたことをありがたく思いつつ
お茶の時間を過ごしました。

これまでに撮りました写真を織り交ぜつつ、
お茶と共にある暮らしをお伝えしてまいりますね。

これからもどうぞよろしくお願いします♪

日が暮れると急に冷えますね。
どうぞ暖かくしてお過ごしくださいませ。




☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
by salondeshanti | 2017-11-12 17:00 | 紅茶 | Comments(0)

中国国際茶文化研究会認定「中国茶指導老師(中国茶アドバイザーインストラクター)」の
資格取得講座が今月よりスタートしました♪
a0169924_16065831.jpg
中国茶アドバイザーインストラクターとなり
中国茶の魅力を伝えるひとりとして
自信をもって活動していただけるよう
精一杯応援をさせていただきます。

a0169924_16091675.jpg
既に中国茶を淹れる機会を定期的におありになる方、
これから淹れ手として活動される方のお役に立てるよう
カリキュラムの内容をお伝えしてまいります。

a0169924_16075329.jpg
ずっしりとして思いテキストを渡され
驚いている方もいらっしゃると思いますが
お茶会や教室をされるときにいつでも内容を見直すことができという安心感もあると思います。

楽しんで1年間、ご一緒に学んでまいりたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

次の募集は、2018年9月スタートです。
ご希望の方は、お問合せくださいませ。

いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます。
2週間ほどブログが更新できなくなるかと思います。

また再開いたしましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

秋の日が、皆さまにとりまして実り多い良いものとなりますように。
1枚めの写真の柚子は、昨日、実家になっているのをもらってきました^^

☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
雲ひとつない澄み切った空を見上げるのは
本当に気持ちがいいですね。

台風の影響は、大丈夫でしたか?

お日さまの光り浴びて、
家の前の街路樹の銀杏も色を深めているようです。
a0169924_09464672.jpg
10月は、胡椒餅と花もちを召し上がっていただきました。
胡椒餅の方からパチリ

太白胡麻油で作るパイ生地に
豚肉と胡椒の餡がたっぷり入っています。

台湾らしさのあるサクサクホロホロとしたパイ生地です。

a0169924_09461230.jpg


こちらは、重陽節に因んだ「花もち」の方から。
棗を柔らかく煮て種を出し、餅生地に入れて蒸しました。
そして、山形県産の菊「もってのほか」を散らして…

今月もたくさんの皆さまに召し上がっていただきまして嬉しいです。

テーブルの真ん中あたりにあります
小さな赤い缶につきまして
改めてアップいたします。

今日は、晴れやかな錦秋の一日となりそうですね。






☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
陽数の最大数9が重なる
旧暦9月9日「重陽節」は、今日、10月28日。

菊の芳香と高貴な気品で邪気を祓い、
不老延命を願う…
a0169924_17162835.jpg



重陽節をテーマに今月のレッスンをしてまいりました。
誉理子先生のお花は、この度もゴージャスで気品溢れています。

2週間前に届けていただいたままの美しい姿を
今日も見せてくれています…

a0169924_19041862.jpg

本日は、中国茶五種のみ比べのお客様をお迎えしました。
福岡で中国茶教室をしていらっしゃる素敵な方です。

ご一緒に頂きましたお茶は、
胎菊
黄金桂
東方美人
銀花香単欉
正山小種

a0169924_19204955.jpg
中国茶が出会わせてくれましたご縁に感謝しつつ
お茶を淹れさせていただきました。

中国茶に魅せられ、それを伝えていく同じ立場として
またご一緒にお茶をいただきつつ
お話ができますように…

a0169924_19234108.jpg
編んだ籠に可愛らしく詰められた和菓子。
福岡「鈴懸」のお菓子です。
包みもひとつひとつのお味も素敵で
すっかりファンになりました。

a0169924_19261048.jpg

こちらは、「心葉とろろ」という名前。
もちっとした食感の皮は、鹿児島県産のつくね芋入りなのだそう。
上品なこしあんを包んでいます。
そして、もうひとつは、「草月そうげつ」という名前。
糯米が合わされたしっとりとした生地の中に粒あんが入っている半月型のどら焼きです。

とっても美味しいです。
ありがとうございます。

福岡、佐賀の栄西禅師が茶の種を植えたところや、
肥前の有田、伊万里の辺りにも行きたいと思っておりました。
さらに、その気持ちが強くなりました。
是非、計画を立てて訪れたいと思います。

台風が近づいてきているようですね。
どうぞお気をつけてお過ごしくださいませ。






☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
特別な思いで今日の日を迎えました。
今期「おもてなしの中国茶講師養成講座」を受講の生徒様が修了される日でした。

a0169924_22454669.jpg

こちらのクラスのお茶は、
福寿山烏龍茶
特級福寿山
特級梨山功夫茶
日月潭紅茶。
a0169924_22062982.jpg
昨年11月からスタートしまして、本日が全10回の最終日。
9回目までの内容をいかして12カ月分の茶席を写真に撮り
1席ごとに説明をしていただきました。


a0169924_22191583.jpg

お茶の組み合わせは、もちろんのこと、
それぞれお持ちの器や生地を取り合わせ
それはそれは素敵な茶席を発表してくださいました。

すぐにでもその茶席でお茶会を開いていただきたいと思うほどの出来栄えに
感動しました。

それぞれの方のオリジナリティ、魅力的なところ、強みがあり、
それを生かして、是非、お茶会を通じてたくさんの方に伝え、
お越しいただく皆さまに喜んでいただきたいと思いました。

お茶会をされるときには、また、こちらからも紹介させていただきますね。
待ち遠しいです。
a0169924_22043583.jpg


更に、「おもてなしの中国茶講師養成講座」に加えて、
中国国際茶文化研究会認定「中国茶アドバイザーインストラクター資格取得講座」も修了された方もいらっしゃいまして、
本日、香茶苑認定「おもてなしの中国茶講師」として認定をさせていただきました。

ご活躍を心より願っております。






a0169924_22160652.jpg
今日は、点心の「花糕」側からパチリ。

雨が降っていて少し暗くても、
自然光は色がきれいですね。

いよいよ来月からは、第3期の皆さまがスタートします。
新しい仲間が増えますことを歓迎し、楽しみにしております。








☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]

冷たい雨が降っていますね。
中国茶講座の生徒様をお迎えしました。
a0169924_10034071.jpg

中国国際茶文化研究会認定「中国茶アドバイザーインストラクター資格取得講座」全25回の
24回目です。

講座では、「表現としての中国茶」のお話をさせていただきました。
表現の形や方法が多様化していますね。

素敵に楽しんで表現していただけましたら嬉しいです。

ご一緒に頂きましたお茶は、
胎菊
梨山
福寿山
木柵鉄観音です。
a0169924_10211694.jpg
淹れ手としても十分に経験を重ねられ、
来年の「地球にやさしい中国茶交流会」の淹れ手をお願いしております。
ご自身主催のお茶会も企画され、
講座では、プロフィールも完成しました。
また機会がございましたら、紹介をさせていただきます。

あと1回となり、感慨深いです。

そして、また新たに「中国茶講座」がスタートします。
知識を身に付け自身を持って中国茶アドバイザーインストラクターとして活躍できますよう
精一杯応援させていただきます!


a0169924_13401068.jpg
重慶飯店の可愛らしい「かぼちゃ小粒月餅」を頂戴いたしました。
中にかぼちゃの餡が入っている月餅です。

a0169924_13442189.jpg
中にはぎっしりかぼちゃ餡が入っていましたよ。
南瓜饅頭が作りたくなってきました。
ありがとうございました。






☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら「今日もご訪問ありがとうございます。
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
昨日は、台風一過の気持ちのよい午後でしたね。
久しぶりの明るい光が
いつにも増して嬉しく感じました。


a0169924_23234199.jpg

強風も心配しましたが、
生徒様をお迎えできましたことを嬉しく思います。

暦は、「霜降」。
露が陰気に結ばれて、霜となりて降りるゆえ也。
秋の終わりに霜が降ることから「しもふり」とも…
街路樹の木の葉も色付いてきたようです。

残り少なくなって参りました秋を満喫したいと思います。

a0169924_23141814.jpg

穏やかな色のお茶は、台湾高山茶「福寿山」。
今月2種類めのお茶です。

梨山の上の方、2400mあたりにある茶畑のお茶は、
優しい梨山の甘さがありつつも
山の高い所に育つお茶ならではの品のよさと
心地よい清々しさが溢れています…


a0169924_23300702.jpg
茶殻は、厚みがあり柔らか…


a0169924_09181726.jpg

金沢のお菓子を頂戴いたしました。
諸江屋さんの菊花せんべいと唐松せんべい。

菊花せんべいには、
菊に宿る不老長寿の伝説により仕上げました。と書かれています。
重陽節をテーマにしたこの月にいただけることをありがたく存じます。
美しい形にほどよく甘みが加わり、おいしくいただいております。
ありがとうございます。



☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]


10月のおもてなしの中国茶レッスンが始まりました。


a0169924_22232457.jpg

急に寒くなり皆さまのお体も驚いていることと思います。

その中をお越しいただきありがとうございます。

a0169924_22254211.jpg
今月は、「重陽節」をテーマに台湾のお茶を召し上がっていただいております。

高山茶を3種類と日月潭紅茶です。

最初のお茶は、「梨山」。
a0169924_22273305.jpg
梨山ならではの甘みとしっかりとした
変わらぬ定番のお味です。

菊が描かれた茶器で
重陽節を思いいただいております。
美味しく淹れていただきありがとうございます。

a0169924_22311460.jpg
今月の点心は、胡椒餅と花糕。


午前のつかの間、明るい光が差しましたね。
雨は、きらいではありませんが、
冷たいうす暗い数日でしたので、
よりありがたく感じました。

これからお越しの皆さまともお会いできますのを楽しみに
お待ちしております。


☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]

しとしと冷たい雨が降っていますね。
中国茶5種のみ比べのお客様をお迎えしました。
a0169924_20381151.jpg
茶譜

胎菊
黄金桂
東方美人
銀花香単欉
正山小種

重陽節を迎える今月は、「胎菊」の甘みと苦味が感じられる香りが心地よく感じられます。
そして、月の光を思わせる黄色い水色と金木犀を思わせる香りの「黄金桂」。
紅茶の専門家でもいらっしゃる方へ
イギリスとの関わりがあり発酵の高い烏龍茶「東方美人」を選びました。
a0169924_20481589.jpg
「銀花香単欉」
外が寒い日も単欉をいただくと
たちのぼる香りの豊かさにうっとりとし、体の中からじわじわと暖かくなる感覚があります。

5種類目には、香りをつけていない桐木村の「正山小種」を。

点心は、太白胡麻油のパイ生地で作った「胡椒餅」と
小豆が入っているお餅にすりごまをかけた「重陽糕」。
a0169924_21552396.jpg



ご一緒に5種類飲みすすめてまいりまして、
私にとりましても楽しいひとときとなりました。
ありがとうございました。

陶淵明の詩「東蘺秋色佳し」。
東の生垣をみるとゆったりとした秋の景色が広がっている
大自然をまのあたりにして秋色がひとしお深い様子を表しているといわれる詩として
秋の日がさしている眺めとされることが多いようですが、
今日のような冷たい雨もまた落ち葉を濡らし、地中深く潤し、
土壌の栄養を作る秋の風情といえるのではと思いました…





☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
東京都立産業貿易センター江東館で開催されました
地球にやさしい中国茶交流会」に参加させていただきました♪

a0169924_18214014.jpg


教室の代表として淹れ手を務めてくださいましたのは、
大和田マヤさんです。

マヤさんのご友人もたくさんかけつけてくださり

茶席の雰囲気で選んでくださいました方もいれっしゃれば
初めてお会いする方もいらっしゃいました。
どの茶席も
笑顔がいっぱい
和やかでとても楽しそう♪



a0169924_18223018.jpg


お客さまをお迎えし、
見つめられてお茶を淹れるのは
緊張することもあったと思いますが、
丁寧にお茶の説明をされ
おいしく淹れてくださっている様子を
嬉しく拝見しました。

これからもお茶会をなさいましたり
たくさんの方々に中国茶を淹れてさしあげてご活躍されますようお祈りいたします。

昨日、氏神様のお祭りで神社にまいりましたら、
二ノ宮尊徳の言葉が書いてありました。
「丹精は 誰しらずとも おのずから
秋のみのりの まさる数々」

まるでマヤさんのようと思いました。
ひとつひとつ積み重ねこられたことが実っていらっしゃる様子が思い浮かびました。

茶席にお越しいただきました皆さま
お世話になりました皆さま
ありがとうございました。



[PR]
←menuへ