中国茶講座

小さな草々に息吹を感じるこの頃…
中国茶講座の生徒様をお迎えしました。

a0169924_21370170.jpg

今月のカリキュラムのお茶は、
本当に美しい金芽滇紅と
教材として作られた小種の葉を使い天然の松の燻煙が施された正山小種。

せっかく正山小種をいただく機会なので、
比べるために金駿眉も用意いたしました。

a0169924_21410332.jpg
どこまでも上品で透明感のある金芽滇紅の
優しい甘みと滑らかな口あたりを感慨深くいただきました。

a0169924_21445272.jpg
ふっくらとしたきれいな芽ばかり…
納得の美味しさ。

a0169924_21464773.jpg
教材のためにつくられた正山小種は、香りがしっかりとありながらも
自然な香りの心地よさが、またいただきたくなるお味です。




a0169924_21493862.jpg
蓋碗とお揃いのひなげしの茶杯。
春の訪れの頃に使っています。


a0169924_21505260.jpg
そして、3種類目の金駿眉。
正山小種の上質な部分だけの芽や葉の
龍眼のようと表現される香りが、お茶の内側から広がります。

中国茶の歴史の続きのお話をしつつ進めさせていただきました。

美味しく淹れていただき、熱心に取り組んでいただきありがたいです。





a0169924_21580763.jpg
次の中国茶講座のスタートは、10月を予定しておりますが、
既に何人もの方からお問合せをいただいております。

中国茶アドバイザーインストラクター資格取得講座とおもてなしの中国茶講師養成講座についての
ご相談も相次いで
これまで学んでこられたことを形にしようと考えていらっしゃる方とのご縁も嬉しく思います。







[PR]
by salondeshanti | 2018-02-27 21:27 | 中国茶 | Comments(0)
←menuへ