人気ブログランキング |

書籍「ロブマイヤー シャンデアとグラスの世界」ご出版おめでとうございます

ロブマイヤーサロンより
書籍「ロブマイヤー シャンデリアとグラスの世界」が出版されるとのお知らせをいただき
サロンへ参りました。


a0169924_18154813.jpeg


オーストリア大使館でのご出版記念パーティーにお招きいただきましたものの
中国国際茶文化研究会日本事務局のティスティング会と重なり伺えないため
お祝いを申し上げ、書籍を求めにまいりました。

a0169924_18165005.jpeg



久しぶりに社長の志村様にお目にかかり
グラスやシャンデリアについての材質や携わる方々のこと
ウイーンでの過ごし方などのお話を聴かせていただきました。
センス良くジャケットとシャツを着こなしていらっしゃる素敵な紳士です。


a0169924_18161069.jpeg


書籍には、シャンデリアが実際に飾られている場所、
ホテル、劇場、レストランのみならず個人邸もあり
歴史や製品への思いや魅力が語られています。


a0169924_18301332.jpeg


求めました書籍を捲っておりましたら、ドキンとするページがありました。
オーストリア応用美術博物館に展示されているという
1914年ヨーゼフホフマン氏デザインのシャンデリアの写真が目に飛び込んできました。
30年前美学美術史学科の学生として教授に引率していただき
ウィーンで鑑賞したことを思い出しました。
3週間ヨーロッパの各地をめぐり、来る日も来る日も美術館を次々と訪れ
素晴らしい作品を目にしても飽和状態になっていた時に
わあ、綺麗!と純粋に思い輝きを眺めた記憶が蘇りました。
a0169924_21404484.jpg
ロブマイヤーのシェリーグラスで中国茶をいただくのも
気に入っています。

わずかにすぼまっている口で
香りがとまり
中で香りが回っています…

最後に書籍からオーストリアの社長 レオニード様の言葉が印象に残りましたので文章を抜粋させていただきます。
以下、抜粋。

ロブマイヤーは、メガブランドではありません。
高級な二ッチのブランドでありたいのです。
お客様のために、といつも思っています。
巨額を投資して大きな店舗を構えたいわけではありません。
日本市場で志村さんと一緒に、
日本のお客様に喜ばれる品質の良いものを開発し、提供したいのです。

ますますロブマイヤーのファンになりました。
そして、この度の書籍をおすすめします。
ロブマイヤーサロンで購入できます。
これまでの「ロブマイヤー」に関連する記事は、こちら

素敵なサロンの美しいグラスに中国茶を淹れさせていただきましたことが、
中国茶の魅力を多くの方に受け入れていただきましたことを思い
改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。










by salondeshanti | 2018-05-30 18:14 | ロブマイヤー | Comments(0)
←menuへ