10月のお楽しみの中国茶

重陽節をテーマに10月の中国茶レッスンが始まりました♪


a0169924_21393874.jpg
本日お迎えしましたのは、「お楽しみの中国茶」のクラスの皆さまです。
今月のお茶のテーマは、台湾のお茶ですが、
これまでにも繰り返し台湾のお茶を召し上がってこられた皆さまですので
特別なお茶を用意しました。

a0169924_21400571.jpg

重陽節に因んで「金絲皇菊」です。
安徽省で作られている有機栽培の立派な菊茶。
横顔もご覧いただけますように、ガラスの蓋碗にしました。

高貴な菊のほんのりとした苦味と甘みがします。
菊のお茶は、体の余分な熱を取るといわれていますが、
肌寒い日ですのに体がポカポカしてきました。

花びらが開く様子も見事です。

a0169924_21404760.jpg
こちらは、浙江省の緑茶「莫干黄芽」です。
この度は、同じ名前の緑茶と黄茶をのみ比べていただこうと思いました。

芽ばかりのお茶特有のとろりとした感覚や
緑茶の格別な清々しさとと苦味と甘みが極上のお味を物語っているようでした。


a0169924_21411581.jpg
「莫干黄芽」の黄茶は、緑茶と比べるとすぐに黄茶とわかりますが、
黄茶だけで見ると緑茶のようにも見えてくることがあるので
皆さまと味わうことが出来て嬉しいです。


a0169924_21413630.jpg
なんとも滋味深いお味と甘みが上品に融合していました。

お茶をいただきつつ、銀婚式を迎えられた方が、ご主人様のリクエストで中国茶を淹れてさしあげたお話を嬉しく聞かせていただきました。
これから、ご一緒にゆっくり味わう機会が増えるといいですね。
ご子息様が、飲み物にいつも茶杯を使っていらっしゃることも微笑ましくお聞きしました。
ありがとうございました♪

a0169924_21420203.jpg

4種類目のお茶も浙江省のお茶です。
莫干紅茶。
莫干黄芽の産地のお茶だけあり、上品な甘みや余韻の長さは格別です。

いろいろなお茶を一緒に味わってこられた皆さまと
楽しいお茶比べとなりました。

a0169924_21423925.jpg
牛蒡飯を召し上がっていただきました。
春に台湾へまいりましたときに、2か所のレストランで偶然いただき、
とても美味しかったので、是非、台湾茶がテーマの時にお出ししたいと思っていました。

そして、鳳梨酥(パイナップルケーキ)も一緒に。
これからお越しの皆さまもお待ちしております。










☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
by salondeshanti | 2018-10-15 22:02 | 中国茶 | Comments(0)
←menuへ