人気ブログランキング |

カテゴリ:おしらせ( 241 )



a0169924_17180872.jpeg
宿泊しているホテルでフルイングリッシュブレックファーストをいただきました。


a0169924_17183351.jpeg

日頃は、これほどたくさん朝食にいただくことはないですが、英国では是非いただきたいと思います。
a0169924_17203173.jpeg

こちらは、ボイルドエッグにボイルドベジタブルをリクエストしました。


☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡


a0169924_09130196.jpeg

Holbornにある人気のカフェ「The Delauney」にまいりました。

カバーがトップのスコンズにかけてあるのが嬉しいです。
ティーフーズも美味しく活気のある中、
イギリスに暮らす素敵な方々の様子を眺めつつ
ティータイムを過ごしました。

また訪れたいお店です。

a0169924_09093041.jpeg

フォートナム&メイソンへ。
建物全体がアドベントカレンダーになっていました。
クリスマスのデコレーションやパッケージで
楽しく店内を周りました。

a0169924_09202320.jpeg
ロンドンに暮らしていらした方からお知らせをいただき
オークションハウス「クリスティーズ」プレビューイング」にまいりました。

フィレンツェのフレスコ画やドルチェ&ガッバーナのオートクチュール、中国陶磁器の粉彩の壺、螺鈿の家具などうっとり鑑賞しました。

教えていただき有り難いご案内に感謝しました。




☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

a0169924_08121057.jpeg

キューガーデンのそばにある
The Original Maids Of Honorを1850年から作り続ける
Newendsに参りました。

温もりのあるたくさんの方に愛される空間はそのままに
焼き立ての美味しいメイズオブオナーを
いただきました。


a0169924_08123009.jpeg

キューガーデンズと呼ばれている植物園の正式名称は、
王立植物園Royal Botanic Gardens。

リッチモンド宮殿の付属施設として造られた植物園。
園内奥にあるキューパレスは、赤レンガで可愛いです。

ヴィクトリア時代の温室の熱帯植物を見ながらしばし暖をとりました。

プラントハンターが持ち帰った植物もあるのではと想像しつ散策しました。

a0169924_09373730.jpeg

クリスマスソングを歌っているグループの歌声が
温かな気持ちにさせてくれました。

a0169924_09400214.jpeg

こちらにもクリスマスマーケット🎄
フーズやオーナメントの他にもアレンジメントやリースもありました。







☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡


The

アフターヌーンティーをいただきに
The Connaughtへまいりました。

a0169924_19321408.jpeg

フレンチパティシエ Jean-Georgesによる
Festive Afternoonでした。

特にサンドイッチがシンプルですが味に工夫があり、
気に入ったテイストを今年のクリスマスティーパーティーでも生かして作りたいと思いました。

a0169924_19475278.jpeg
近くにあるコーヒー店ヒギンズへ。
フレーバードティーのWinterがとてもよい香でしたので、こちらをクリスマスのティーパーティーで召し上がっていただきますね。

a0169924_21242759.jpeg

こちらも訪れたいと思っていました
Thomas Good co.ltd.

憧れのテーブルウエアの世界が広がっていました。

a0169924_19592561.jpeg

Harrodsは、日本から撤退してしまいましたので久しぶり。
クリスマスの紅茶やサンドイッチのフィリングのグースやトリュフマヨネーズを求めました。

a0169924_20000913.jpeg



☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡


a0169924_21164884.jpeg


ケンジントンパレスでお生まれになられたヴィクトリア女王生誕200年を記念して展示が行われていました。

a0169924_21152876.jpeg

実際にお召しになっていた洋服は、
パレスを歩いていらしたお姿が目に浮かぶよう…

a0169924_21174264.jpeg

1689年以来王家の人々が暮らしていた美しいパレスと庭園。

今も王室の方々が住う非公開の別室を除いたステートアパートメンツの空間やインテリアを鑑賞しながら、
1700年代ジョージ2世とキャロライン王妃の輝かしい宮廷生活、
1819-1837年ヴィクトリア女王が少女時代を過ごしたアパートメンツ、
1837-1901年18歳にして戴冠した女性のプライベートと女王としての公の場の姿を彷彿とさせる展示は圧巻でした。

いつまでも鑑賞していたいと思うような心地よさがあり、
丁寧に設えられた空気と展示にうっとりしました。
a0169924_21171132.jpeg


チェックインしてホッとひと息🎄



☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

a0169924_17335448.jpeg
地球にやさしい中国茶交流会にて
中国国際茶文化研究会日本事務局による
行われました。

a0169924_17341409.jpeg



中国国際茶文化研究会と続けてきた活動を通して、
中国本土が取り組んでいる中国茶業界の発展についてのお話は、
日本事務局長の清水真理さんから。

中国のトレンドのお茶の仕組みや安化黒茶が注目される理由、
安化黒茶研究の第一人者である劉仲華氏につてのお話。

a0169924_17343732.jpeg
4人の淹れ手のひとりとして「安化黒茶」を淹れさせていただきました。

とても上質な安化黒茶でした。




a0169924_17350249.jpeg
中国茶指導老師の沼尻裕子さんが、
G20で選ばれた岩茶の作り手「呉東氏」をはじめ、
研修で訪れた福建省で指導していただきました研究者の方々の紹介や
杭州の研修で拝見した歴代の茶藝についてお話くださいました。
a0169924_17352183.jpeg
呉東氏の「老叢水仙」を淹れさせていただきました。

会場は素晴らしいお茶の香りで満たされ、お喜びいただけたようです。
a0169924_17353877.jpeg
こちらが、中国茶葉博物館がG20の岩茶として選んだ呉東氏の茶葉をおさめた包装です。
デザインも洗練されています。

a0169924_17333444.jpeg
テーブルの上には、たくさんの中国茶のパッケージを置いてご覧いただきました。
センスのよいものがいくつもあり、見ているだけで楽しくなります。
茶の特性が伝わる極上のお茶を入れるのに相応しい素敵な包みです。
茶葉の品種や地域活性化、流通、文化と様々な角度から中国茶業界の進化を感じていただけたことと思います。

中国で学んでいる茶のことをこれからも日本事務局から発信してまいります。
来年のセミナーもお楽しみに。




☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡



a0169924_20045424.jpeg

地球にやさしい中国茶交流会ワンコイン茶席
参加させていただきました。

a0169924_20051104.jpeg

正恵さんが淹れてくださるお茶を
とてもお喜びいただきました。

お越しいただきました皆様、
ありがとうございました。

a0169924_20052647.jpeg

淹れ手をしていただいたことのある生徒様も一緒に。

明日は、13時より始まる、
中国国際茶文化研究会日本事務局によるセミナーにおります。
お運びいただけるのをお待ちしております。





☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

福建省政和にまいりまして、豊かな自然に育つ茶葉の様子に感動しました。
そちらで育まれたのがこちらの紅茶「政和工夫紅茶」です。
a0169924_21294202.jpg
お茶の葉や水色が美しく、そちらに気が取られていましたが、
茶が入れてある缶もすてきなので、明日、改めて撮りたいと思います。
a0169924_21312498.jpg
三大福建工夫紅茶のひとつ。
日本ではあまり知られていませんが、第一次世界大戦の頃は、フランスやドイツへ、
10年ほど前までは、香港やマレーシア、シンガポール、インドネシアを中心に輸出されていたそうです。
a0169924_21314065.jpg
政和の地を訪れ、この地の工夫紅茶や白茶、茉莉花茶をいただき
政和の茶が大好きになりました。

大地からのエネルギーに満ちたこちらのお茶を皆さまといただけて嬉しいです。

政和という名前は、900年くらい前の宋代 徽宗皇帝がこの地域の茶を喫まれ、
政和年間からこの土地に「政和」の名前を授けたという楊先生のお話を拝聴したのが思い出されます。





a0169924_21321750.jpg
今日も蒸しゆば巻きとサツマイモ羊羹金木犀風味。
お越しいただきました皆さま、ありがとうございました。


a0169924_21335766.jpg
政和工夫の缶の画像を追加しました。

a0169924_21352540.jpg
こちらは、政和工夫の茶殻。


☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

11月23-24日に開催される地球にやさしい中国茶交流会2019で
中国国際茶文化研究会日本事務局のセミナーがあります。

a0169924_18203310.jpeg



セミナー「中国本国が仕掛ける中国茶のトレンドと外国人向け学習体制 ― 国際茶文化研究会が掲げる「三安」とは -」

11月24日13:00-14:30
ご予約ページ

中国国際茶文化研究会と続けてきた活動を通して、中国本土が取り組んでいる中国茶業界の発展について二部構成でお伝えします。
セミナー内容で紹介のあるお茶を淹れさせていただきます。
政策とともに推奨される「安化黒茶」。
G20の岩茶の作り手として選ばれた呉東氏による「老欉水仙」。
どうぞお楽しみに♪






香茶苑の茶席は、11月23日のワンコイン茶席です。
こちらは当日参加券をお求めいただきます。

a0169924_19343975.jpg



淹れ手の渡辺正恵さんと一緒にお待ちしております。


「地球にやさしい中国茶交流会」は、愛好家が「美味しいお茶をみんなで楽しく飲みたい」という思いから始めた中国茶イベントです。
 第15回は2019年11月23日(土)・24日(日)の2日間、
東京・浅草の東京都立産業貿易センター・台東館5階および2階会議室にて開催します。
開催時間:11月23日(土)12:00~17:00
     11月24日(日)10:00~16:00



☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡


a0169924_19062638.jpeg


小春日和の暖かな1日でしたね。


迎賓館赤坂離宮のアフタヌーンティーへ参りました。


広がる空の下のティータイム、おすすめです。


予約ができないので、アフターヌーンティーといえども
迎賓館開館10時に着きましてご一緒の方々に会い、
荷物検査を受けて中庭に直行。


a0169924_18411392.jpeg
2人用セット20セット限定なので、
あっという間にお席が埋まってしまいました。

おじ様3人組のテーブルもありました。

a0169924_18413225.jpeg
おしゃべりの後は、迎賓館の中の素晴らしい空間を鑑賞しました。

a0169924_18555000.jpeg
夏に秋田にご一緒した皆様との再会を喜び、
和やかな楽しい1日となりました。

ありがとうございました。

☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

←menuへ