人気ブログランキング |

カテゴリ:おしらせ( 216 )


a0169924_15494707.jpg
10月3日麻布十番飄香ピャオシャンでさせていただく中国茶会「爽籟茶会」のお席が
おかげさまで満席となりました。
お申込みいただきました皆様ありがとうございます。
これから順次返信させていただきます。
当日お迎えできるのを楽しみにしております。

感謝をこめて。

a0169924_19470579.jpeg
暦は、立秋を迎えましたね。
気温は高いながらも、夏の風と秋の涼やかな風が混在し
夏の雲と秋の雲が行き交うころ。

そして、空気が乾燥してまいります。

空気の乾燥に弱い肺を補うために
白いもの
梨がよいといわれています。

肺を潤すことで、咳をとめたり、痰をだしやすくします。

a0169924_19474226.jpeg
東方美人の茶農家さんが茶畑に連れて行ってくださいました帰りに、
車をとめて梨を買ってくださいました。
食べやすい大きさに切ってもらい、私と息子に台中にむかう列車で食べなさいと持たせてくださいました。

優しさとおいしさが心にしみます。

土用の間は旅行などせずにゆっくり体を休める時期とされていますが、
台湾の方々の優しさにふれ、
季節の食材のお料理をいただいてすごし、
体を休めることができました。

まだまだ暑い日が続きますが、お身体を大切にお過ごしくださいませ。





☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡


a0169924_19515630.jpeg

茶藝館「櫳翠坊 」を訪れました。


a0169924_19522124.jpeg


蔡奕哲老師が今年の台湾茶有機清香「金萱茶」を選んでくださいました。


a0169924_19524407.jpeg


柔らかな瑞々しい香りとあまみの余韻が続く、

穏やかなひとときとなりました。

ありがとうございました。



a0169924_19530095.jpeg

蔡老師がいつのまにか撮ってくださっていました。

外に看板はありません。
要予約です。

櫳翠坊 食茶空間
台北市松江路124巷23號6階
tel 886-2-25629542
tyj585752@yahoo.com.tw



☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡


a0169924_22243512.jpeg

高山茶杉林渓の茶畑にまいりました。


a0169924_22251462.jpeg


山の急斜面にまで茶樹が霧に包まれて植えられている様子が見られて嬉しいです🌱



a0169924_22240970.jpeg

実際に生えている様子を見て
東方美人との違いがよく分かりました。

a0169924_22254034.jpeg

車がどんどん坂道を登り、
さらに山を登りました。

こちらは杉林渓森林生態渡暇園区。
杉林の空気は、ひんやりとしていました。

茶油を販売しているお店を見つけました。
栄養のある良質の油ですので、
レッスンでお試しいただきますね。

a0169924_22255808.jpeg

こちらは台中の素敵なお茶やさん「自慢堂」。
生徒様に教えていただき、是非、訪れたいと思っていました。
お茶と茶具を連れて帰りました。
9月のレッスンで、ご覧いただければと思います。

a0169924_23171540.jpeg

もうひとつ、台中で訪れたいと思っていたところ。
「無為草堂」
イメージしていた通りの雰囲気のある場所でした。
今度は、明るい時間にも訪れたいです。

本日より10月3日爽籟茶会の受付が始まりました。
早速、ご予約をいただき嬉しいです。
帰国後、8月8日より順次返信をさせていただきます。
ご予約をいただきました皆様、ありがとうございます。




☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

a0169924_22261590.jpeg

台湾にまいりました。
東方美人の茶農家さんを訪ね、
馨しいお茶に出会えました♪

a0169924_22263573.jpeg

茶畑に連れて行ってくださいました。
この度は次男も一緒です。

柔らかい芽を含んだ一芯ニ葉を東方美人に。
その下の葉は、紅茶を作るとのこと。
紅茶は、昨年のコンテストで頭等賞を受賞していらっしゃいます。
昨年購入させていただきましたのが素晴らしい質でしたので、今年も昨年の頭等賞を購入しました。

a0169924_22265190.jpeg

お爺さんの代から三代続けて茶を
作り続けていらっしゃるそうです。
澄んだ空気の中、ウンカも見られて感無量です🌱

若い人は、茶農家になりたがらないのが問題とお話されていました。
周りの茶畑には、管理が難しいところもあり状況がわかります。

訪れた茶畑は、よく手入れされて、
コンテストでも賞をとり美味しいお茶を作っていらっしゃいます。
三等賞の東方美人を求めてまいりました。
皆様に召し上がっていただくのが楽しみです🌱

☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

たくさんの香港の記事におつきあいいただきありがとうございます。

最後は、香港デザートです。

a0169924_22562951.jpeg

医食同源、
香港を歩いていると食べるものが体を作ると教えられることが多いです。
デザートもまた体やお肌を整える力として
いただけるのが嬉しいです。

写真は、官燕杏仁露。
最高の燕の巣が、濃厚な杏仁のお汁粉の上にもりつけられていました。

作られた方が、自慢げに自ら厨房から運んできてくれました。

燕の巣のコラーゲン、
杏仁の喉や肺を潤し、肌に艶を与える効果を与える素材の良さを満喫しました。

a0169924_23022839.jpeg

旅の締めくくりは、ホテルのラウンジでおしゃべりタイム。
楽しい旅となりました。

旅の記事におつきあいいただきましてありがとうございました。

☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

香港にお住まいのミニチュアクレイの先生Reikoさんに連絡をしましたら、
今年3月にオープンしたばかりのホテル「ROSEWOOD HOTEL」の
中華料理レストラン「The Legacy House」のお席をお取りくださいました。

お会いしてお話できるだけでも嬉しいところ、
新しくオープンして人気のなかなか予約が取れないレストランで
お会いすることができ感激です。
a0169924_11282412.jpeg
何かアットホームな雰囲気を感じながらも、
最高の食感とお味のお料理が運ばれてきました。

香港なので「ハムソイコ」をお願いしましたら、
メニューにはないのに特別に作ってくださいました。

三角形の形の点心です。
a0169924_11283882.jpeg
お茶も丁寧に温度に気を付けて淹れてくださいました。
「白牡丹」です。

a0169924_11285069.jpeg
そして、香港で唯一の中国茶のティールームがあるのもこちらの特徴です。
次回、ゆっくり訪れたいと思いました。
センスのよいディスプレイで、お茶の缶や茶器も映えます。

a0169924_11345988.jpeg
美しく敷き詰められたタイル、
多くの芸術作品が目にはいりラグジュアリーな気分にさせてくれます。
a0169924_11290757.jpeg
リラックスできるようにカジュアルなテイストを取り込んでいるとのことでした。
香港ならではの風水の知恵を建築に生かしているそうです。


a0169924_11291893.jpeg
心地よく優雅なホテル、是非滞在したいと思いました。



a0169924_11292985.jpeg
Reikoさんのオリジナル作品「月餅のイヤリング」と
翠色の玉のタッセルをプレゼントしていただきました。

いつも幸運を願ってくださるお気持ちに感動します。
ちょうど月餅の季節ですので、中華料理をいただきにまいりますときにつけさせていただきます。
ありがとうございます。

香港の魅力をまた教えていただきました。
感謝をこめて。


☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

a0169924_14350630.jpeg

昨年12月は、次男と香港に訪れたので、
この度は長男と。

a0169924_14353143.jpeg
懐かしい場所に連れて行ってほしいとリクエストがあり、
フェリーに乗って香港サイドへ。

次男の時と同じく
息子が小学校に入ったころに暮らしていたマンションを訪れました。


a0169924_14355393.jpeg
セキュリティが厳しく中には入れませんでしたが、
スクールバスに並んだ坂や
ハッピーバレーからの景色を感慨深く見ていました。
a0169924_14370375.jpeg
こちらは、0才から幼稚園卒園まで暮らしたマンション。
10ヶ月の時に歩けるようになりましたのも
この公園です。

a0169924_14374384.jpeg
朝から夜までよく遊びました。
観光地は1人で行けるかもしれないけれど、
よく遊んだ場所は、
教えてあげないとわからないかもしれません…

a0169924_14383966.jpeg

ホテルに帰る前に香港デザート「亀ゼリー」のお店「恭和堂」へ。
私は、「川貝枇杷膏」。

a0169924_18064670.jpeg

効能もメニューに書いてあります。
このおかげかもしれませんが、
翌あさは、体が軽くて疲れもなくすっきりとしていました。
専門店でなければ作れないお味です。

お昼は香港に長く住まわれていらっしゃる方に
飲茶をたくさんご馳走していただきました。20年以上前の息子が小さなギャングの頃から知ってくださっている方です。

香港のことなどいろいろ教えていただき
楽しいひとときとなり感謝です。

a0169924_14393249.jpeg

こちらからの夜景も好き。

a0169924_14395413.jpeg
つづく。






☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

「おかえりなさい」といってくれる場所香港へまいりました。
a0169924_13293773.jpeg
香港中国茶専門店「茶藝楽園」に訪れると茶がつくりだす空気に満たされていて
それを思いっきり吸って
香港にいることを実感しました。

a0169924_13295136.jpeg
本店店主Rosaさんが温かく迎えてくださり感激しました。
陳國義老師は、雲南に出張中。

a0169924_13301561.jpeg
お茶のリクエストを聞いてくださり
単叢「東方紅」を味わわせていただきました。
2013年老樹単叢です。

こちらを購入しましたので、11月のレッスンで皆さまに
召し上がっていただけますのを楽しみにしております。

昨年10月に教室の皆さまと賑やかに訪れた時を思い出します。

a0169924_13312839.jpeg
この度もインターコンチネンタルホテルに宿泊しました。

a0169924_13322339.jpeg
香港の記事にお付き合いいただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

一年で一番暑い季節。
夏から秋にかけての気の不安定な時期「土用」が20日から始まり
今日は、丑の日。
花火大会やお祭りのところもあったようですね。

栄養のあるものいただくことも大切ですが、
暑さとどのように付き合うのかも大切だと思います。

a0169924_22164392.jpg


白茶が体を冷やすことなく体内の熱を外にだしてくれるので、
夏を乗り切るためにおすすめです。

本日は、「お楽しみの中国茶」のクラス。
3種類目の「月光白」です。

a0169924_22150607.jpg
これまで雲南省の白茶「月光白」というと
象牙色の月の光のような芽と葉、
その裏側は月夜の闇のように思っていましたが、
この頃は、写真のような葉の月光白もみられるようになりました。

a0169924_22161875.jpg
淹れてみるとやはり琥珀色の「月光白」。
お味や香りも雲南省の土壌に育つ茶樹の葉の香り。
柑橘をほのかに感じます。

a0169924_22170606.jpg
茶殻は大きめなしっかりとした葉。

a0169924_22174113.jpg
壽眉茶餅2015年のものも一緒にいただきました。

a0169924_22181994.jpg
白茶は、夏のお守りのようです。

a0169924_22185041.jpg
そして、本日も腸紛とパパイヤ&白きくらげのシロップ煮。
前回「腸紛」を紹介したときも参加してくださいました方は、
それ以来飲茶で必ず「腸紛」を注文するほど気に入ってくださいましたそうです。

土用には鰻だけでなくすいとんや小豆、にんにくもいただく習慣がありましたそうですので、
「腸紛」は、すいとんの材料と似ているので、土用にもよさそうです。

江戸時代鰻やさんが商売繁盛するように平賀源内に相談して
土用の丑の日に鰻を食べるとよいと広まりました。
奈良時代にも大伴家持が土用には栄養のある鰻を食べましょうと詠んでいます。

「石麻呂に 吾れもの申す 夏痩せに よしというものぞ 鰻とり食せ」
大伴家持 巻十六 三八五三

「痩す痩すと 生けらばあらむを 将やはた
鰻を漁ると川に流るな」
大伴家持 巻十六 三八五四

暑いときには、栄養のあるものをいただいてゆっくりするのがよさそうですね。

そして、白茶の力を借りてこの夏を乗り切りましょう。

今月もありがとうございました。






☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡




a0169924_20484407.jpg

10月3日老四川料理「飄香(ピャオシャン)にて開かせていただく

中国茶会は、「爽籟そうらい茶会」と名前を付けました。


爽籟そうらい」は、あまり聞きなれない言葉ですが、

「飄香(ピャオシャン)」を訪れるといつも感じる風をイメージして付けました。


壁一面に描かれた山水の山の向こうから風が吹いているような気持ちになります。


爽籟そうらい」は、秋風のさわやかな響きを表している言葉です。

10月3日のころは、きっとこの言葉が相応しい空のもと皆さまをお迎えできることと思います。


a0169924_20485941.jpg
「飄香ピャオシャン」で作られる素晴らしい老四川のお料理をいただく前に

是非、四川のお茶を紹介する茶会にしたいと思いましたのが、

この度のきっかけです。


a0169924_20491522.jpg
昨年は、企業様ご依頼のクローズドの中国茶セミナーでしたので、

どなたも参加していただける機会にしたいと思いました。


写真のお茶は、四川の紅茶「紅韵玫香」。

茶葉をご覧になるだけで、どんなに上品なお味かを想像できるほどです。


口当たりも滑らかで甘みがあり、馨しい紅茶です。

透明感のある輝きにときめきます。


a0169924_20480622.jpg
秋から冬に向かう季節に召し上がっていただきたいと思い、当日淹れさせていただきます。

4g入りのこちらの茶葉もお帰りの際に皆さまにお持ち帰りいただきます。


a0169924_21072806.jpg
そして、なかなか決まらないのがどの四川の黒茶を淹れさせていただくかということです。

8月3日にご案内をさせていただく前に決めて、お茶会のお知らせをしたいと考えております。



中国茶会「爽籟そうらい茶会」

2019年10月3日木曜日11:30-14:30

四川省の茶を堪能していただく中国茶会とお食事を予定しております。

ご案内は、8月3日。予約受付は、8月5日。

皆さまをお迎えするのを心待ちにしております。

場所:麻布十番 老四川料理「飄香ピャオシャン

お問い合せ:香茶苑 specialtealeaf@gmail.com


a0169924_20493578.jpg
フランスにあるお菓子やさん「アルノーラエール」。

そのお店の支店が広尾にあるそうです。

そちらで選んでいただきましたケーキ「ケークシトロン」。

ありがとうございます。


a0169924_20495824.jpg


上質なケーキのお味と紅韵玫香もよく合います。


「紅韵玫香」を召し上がっていただけますのを楽しみにしております♪







☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

←menuへ