カテゴリ:中国茶( 697 )

a0169924_18142730.jpg
毎年1月15日は、特別な思いで迎えています。
2004年1月15日に初めて紅茶教室をさせていただきました。
香港にお住まいでした井上惠子先生にきっかけを作っていただき
教室を始めさせていただきました日です。

あれから15年もの間、たくさんの方に支えていただき
今も続けさせていただいておりますことに
感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます。
a0169924_18145026.jpg
誉理子先生が、春節をテーマにお花をお作りくださいました。
黄色いオンシジュームは、ドレスを着た女性が優雅に踊っているように見えます…
さりげなくドラセナの赤いラインがはいり、オリエンタルな雰囲気を醸し出していて素敵です。

お花を飾ると空間が、パッと華やいで皆さまをお迎えする表情になります。
a0169924_17503341.jpg
今月もこうして生徒様をお迎えし、
楽しくお茶を囲んで過ごせますことが何より嬉しくありがたいです。

喜んでいただける内容をお伝えできますよう
ますます励んでまいります。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。


a0169924_18151603.jpg
今月の点心は、春節に因んで大根餅です。
右側の器には、ココナッツミルク入り黒米のお汁粉が入っています。
体の中からポカポカになってほしいと願い作っています。

今月お越しの皆さまも
お会いできるのを楽しみにお待ちしておりますね。




☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]

中国茶講座の生徒様をお迎えしました。
松の内にも関わらず、お越しいただきありがとうございます。

午前、午後、それぞれの生徒様にお目にかかれ、
日常が戻って参りましたことを嬉しく思いました。

a0169924_19505217.jpg
本日のお茶は、普洱茶固形茶を4種召し上がっていただきました。
a0169924_19511207.jpg

手前から左回りに
2011马锅头生茶
2010马锅头熟茶
2006鴻運餅茶熟茶
2006同慶號熟茶
a0169924_19515302.jpg
2011年生茶马锅头は、8年ものとなり若い味の角が丸くなってきて
煎を重ねるほどに旨味やとろみが感じられ、
お茶の色も輝いていました。
a0169924_19523071.jpg
大陸では、若い普洱茶生茶をいただくのが流行しているそうですよ。

a0169924_19525871.jpg
こちらも马锅头ですが、2010年熟茶です。
まろやかな甘みと透明感があります。

午後のクラスのおがわえつこさんが、日本百名水のひとつ「真姿」のお水をペットボトルに入れて
お持ちくださり淹れてくださいました。

午前には、サントリーの天然水で淹れていただいたので、
同じお茶の味がお水により変わることを実感しました。

よりとろみが感じられます。
余韻が長く感じられると
えつこさんがお話してくださいました。
おっしゃる通りと思いつつ、美味しくいただきました。
ありがとうございます。
a0169924_19533155.jpg
今月から歴史についての内容になりました。
お茶の歴史のお話は、いつも雲南省から始まります。
土地のことを思い浮かべいただくお茶のお味も格別でした。

これからお越しの皆さまもお待ちしております。

明日から、暦は小雪ですね。
最も寒くなる前や寒さが加わる頃。
「寒の入り」となります。

寒い時ほど心を温めるように。と中国では伝えられています。
皆さまとお茶の時間を楽しみながら、心を温めて冬を乗り越えたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

中国茶講座は、中国国際茶文化研究会認定「中国茶指導老師(中国茶アドバイザーインストラクター)」資格取得講座です。
詳しくは、こちら。


☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
お正月の準備の手をとめて、ホッと一息いれています。

a0169924_15481611.jpg




昨日は、生徒様から寄せられたお言葉について書かせていただきました。
今日は、自身のことを書かせていただきますと、
昨年乳がんの手術を受けちょうど一年になりました。
周りの方々の温かいお気持ちと、
健康のありがたみを感じる日々でした。

a0169924_15465164.jpg

そして、今年は数々の旅で多くの学びや楽しみがありました。
それらを通して、
毎月、毎回のレッスンで、皆さまに喜んでいただけることをは何かを考え
お茶を選び、器や、季節に合わせた点心やお菓子を心をこめて作ってまいりました。

皆さまをお迎えする一回ごとのレッスンが、
旅の刺激や難しいと思われている歴史や文化を楽しく共有できる
大切な場であり喜びでもありました。

皆さまの笑顔を励みにますます努めてまいりたいと思います。

a0169924_16041376.jpg


お茶は、武夷肉桂。
こちらも大紅袍制作伝承人劉國英氏によるものです。

肉桂は、岩茶のなかでは摘まれている量も比較的多く、
身近に感じられるお茶のひとつかもしれません。
ですが、福建省武夷山の自然の中で育ち、選ばれた葉が摘まれ、
技術のある方により仕上げられたお茶の底力のある味わいがあります。

しっかりと地に足を付けたような骨の太さと
ほのかな甘い余韻が肉桂らしさといえるのではないでしょうか…

肉桂をいただくとイメージする言葉は、「目の前にある幸せ」。
いつでもあると思いつつも、それ自体とても大切なものを持ち合わせているという印象です。

a0169924_15491413.jpg


お花は、きささげと侘助。

今年も無事に過ごさせていただきましたことと
いつも協力してくれる家族に感謝の気持ちでいっぱいです。

☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
a0169924_16352480.jpg

今年を振り返り嬉しく思いましたことは、
生徒様から素晴らしいお茶の仲間ができました。という言葉がたくさん寄せられたことです。

a0169924_16360048.jpg

レッスンに通ううちに同じクラスで何度も会われ、
次第に意気投合し連絡を取り合うようになられたり、
偶然同じクラスになられたことがきっかけとなりましたり、
お茶の旅や食事会、くるみちゃんの会など、
会話をするうちに心を通わせることが出来る方との出会いが生まれたことを何よりも幸せに思います。

a0169924_16335719.jpg

ずっと大切に育んでゆきたいと思うご縁に恵まれることこそ
豊かな気持ちになれることなのだと思います。

a0169924_16342877.jpg
お茶の時間が、そのお手伝いをできますことを改めて感じさせていただきました。
ありがとうございました。

お茶は、武夷岩茶伝承人 劉國英氏による大紅袍です。
淹れた途端に息を吹きかえしたように広がる中庸でありながら奥行きのある香りと
続く余韻が、茶中元といわれる貫禄を物語ります。

このお茶を皆さまと味わえて満悦です。



☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]

本日は、今年最後のレッスンをさせていただきました。

今年もたくさんお越しいただきありがとうございました。
皆さまのお力添えのお蔭で楽しく和やかなレッスンとなりまして
心よりお礼申し上げます。
a0169924_22454127.jpg
今年最後のレッスンは、中国茶講座でした。

a0169924_22460264.jpg
白毫銀針2018
白牡丹2018
白牡丹2014
平陽黄湯2018

a0169924_22465572.jpg
来年12月は、中国国際茶文化研究会認定中国茶アドバイザーインストラクター資格試験があります。
試験に向けて、皆さまが真剣に取り組んでいらっしゃるのが伝わり、
合格していただけますように精一杯努めてまいりたいと思います。
a0169924_22463252.jpg
また質問していただくことで気づかせていただくこともありました。
これからもご一緒に学んでまいりたいと思います。

嬉しいメッセージをいただきました。
ありがとうございます。
178.png本年中は大変お世話になりました。楽しいだけで続いていました中国茶も、今年はたくさんのお仲間に恵まれ、また新たな経験をさせて頂くことができました。ますます魅了されていきます。


a0169924_22552170.jpg
素敵な生徒様に恵まれ幸せな一年を過ごさせていただき感謝しております。

中国茶、紅茶の魅力を新しい年もご一緒に楽しんでまいりたいと思います。

もういくつ寝るとお正月。
今年の記事ももう少しおつきあいいただけましたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

a0169924_22560583.jpg
お花は、きささげと蠟梅。


☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]

冬木立に独特な趣が感じられるようになりました。
年の瀬となりましたが、今日も生徒様をお迎えし共にお茶をいただけますことを
幸せに思います。


a0169924_21334697.jpg
今月の中国国際茶文化研究会認定中国茶アドバイザーインストラクター資格取得講座は、
中国茶の種類と製法概論より
青茶、紅茶、黒茶、花茶、茶外の茶と大変範囲が広いのですが、
中国茶に親しんでこられた皆さまとご一緒に
テンポよく進めさせていただきました。
a0169924_21353741.jpg
事務局より用意していただきましたお茶は、
福建省の烏龍茶、岩茶の大紅袍制作伝承人劉國英氏による大紅袍と肉桂でしたので、
同じく劉國英氏による水金亀と鉄羅漢を召し上がっていただきました。

水金亀
大紅袍
肉桂
鉄羅漢の順です。
a0169924_21351467.jpg
茶器は、名残の菊「残菊」に見立てて淹れていただきました。

大雨のあと、倒れていた大木の根が朝日に照らされ
まるで輝いている亀の甲羅のように見えたことから
大切に育てられたと伝えられる岩茶「水金亀」。

力強い岩茶のなかでは、優しい味わいと透明感が感じられます。

杭州のこと、香港のこと、中国茶や茶器のことをお話しつつ、
楽しくすすめさせていただき感謝しております。

杭州では、こちらの資格取得講座を主催する中国国際茶文化研究会を訪れ、
素晴らしい先生方に指導をしていただき、
学術、文化の発展に貢献していらっしゃる様子を
拝見してまいりました。
このような環境と皆さまとの繋がりのお手伝いが出来ますことを嬉しく思います。

a0169924_21355940.jpg
しばらくお休みしていた中国茶の記事もアップしてまいります。
明日は、寒波がくるようですね。
どうぞお気をつけてお過ごしください。

お花は、侘助です。


☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]

a0169924_21572098.jpg
紅茶レッスン、アドバンスクラスの皆さまをお迎えしました。
クリスマスのティータイムについては、ベーシッククラスで紹介させていただきましたので、
この度は、王室に伝わる伝統的なクリスマスメニューをご一緒にいただきました。
a0169924_21575880.jpg
乾杯は、シャンパンではなくティーシャンパンで。
ベースの紅茶は、ダマンフルールのクリスマスティー。

前菜は、Rosemary Bread Cases with Fennel and Egg Fricasseを。

a0169924_23102659.jpeg
明治屋さんにフェンネルを注文しましたらとても大きかったので、
ベーシッククラスのフィンガーサンドイッチのウォータークレスとしても大活躍でした^^



a0169924_21582757.jpg
メインは、グースにしたいところでしたが、
大きすぎるので小ぶりのチキンにしました。
Roast Chicken with Baked Apples and Sage ,Onion Stuffing.

ディナーは、クリスマスランチにいただいた大きなローストグースやスタッフィング、付け合わせのお野菜、
プディング、クリスマスケーキ、ミンスパイを乾杯やおしゃべりしながら
夜まで続くそうです。

デザートのクリスマスプディングは、改めて…

☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
杭州の記事が続いておりますが、帰国しております。
楽しく貴重な経験をさせていただき感謝の気持ちでいっぱいです。
a0169924_20272359.jpeg
杭州で連れて行っていただきました茶館は、
オーナーの方が思い描いた理想を形にされたのではと思うような素敵な場所でした。

ひとつひとつ丁寧に選ばれ、その場所におさめられているという印象を受けました。

a0169924_21025833.jpeg
オーナーの方が大切にされているお茶を淹れてくださいました。
生普洱「氷島」。
北京でも話題になっていましたお茶です。
ご案内くださいました方、そして、私たちも歓待してくださるお気持ちが伝わります。



a0169924_21154225.jpeg
自然のエネルギー溢れるお茶は、とろりとして輝いていました。


a0169924_21163687.jpeg
20煎目も味わいがあり、更にいただける底力は氷島の土壌と大葉種が作りだしているのだなあと思いつつ
雲南の山の景色を思い出していました。


a0169924_20285499.jpeg
張先生もご一緒くださり、楽しんいるのを生徒様が撮ってくださっていました。
ありがとうございます。

a0169924_20293379.jpeg
2007年 老班章の生普洱茶も淹れてくださいました。
こちらは、北京でも香港でも話題になっていました。
氷島のあとにいただくことで、班章の華やかさと
氷島の滋味深さが印象に残ります。
a0169924_21172469.jpeg
杭州でも皆さまと素敵な茶館で素晴らしい普洱茶をいただき、
よい思い出が増えました。
a0169924_20334544.jpeg
こちらもまた訪れられますように…

暦は、大寒を迎えました。
寒さは、まだまだこれからのようですね。
三寒四温の折、お健やかにお過ごしくださいませ。



☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]

a0169924_22330952.jpeg
この度の研修では、一流の講師の方々にご指導いただきました。
評茶につきましても、限られた時間ですが、
スピーディーに効率よく、大切なことを説明していただきました。

a0169924_22331993.jpeg
杭州を代表するお茶龍井茶を4種類比べました。
左上 麗水の西湖龍井
右上 浙江龍井
左下 比較の為の去年の西湖龍井
右下 龍塢の龍井

a0169924_22333104.jpeg
こちらは、紅茶。
左上 湖南省の紅茶 湘紅
右上 雲南省の紅茶 滇紅
左下 アフリカの紅茶 ケニヤ
右下 福建省の紅茶 正山小種

a0169924_22335852.jpeg
教室に着くと、とても良い香りがしていました。
白牡丹を陶器のやかんにいれてぐつぐつ煮ているところからの香りでした。
淹れていただきましたお茶も白牡丹。

a0169924_22342015.jpeg
こちらの茶餅でした。

a0169924_22344989.jpeg
中国国際茶文化研究会の組織や、
中国、世界の茶の動向についても説明していただきました。

a0169924_22351197.jpeg
こちらも素晴らしい先生からの講義でした。
「茶事藝文鑑賞」
茶に関わりのある絵や漢詩を教えていただきました。
また講義を受けたいと思う魅力的な先生ばかりです。

a0169924_22352882.jpeg
G20でも国賓の前で茶藝を披露された男の子。
お茶の香りとお茶の淹れ方が好きとのことでした。
a0169924_22360897.jpeg
こちらの女の子は、お母さんが中国茶のお稽古に通うのについて行くうちに
お茶の淹れ方を覚えたとのことでした。

a0169924_23063640.jpeg
日本からご一緒した方が、お煎茶の淹れ方を紹介してくださいました。
中国の方々は、とても熱心にご覧になり、味わい、質問をしていらっしゃいました。

この日も充実した一日となりました。
ありがとうございました。





☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
a0169924_10324454.jpeg
浙江省杭州を代表する茶館「青藤茶館」へ連れて行っていただきました。
a0169924_10332151.jpeg

茶席がいくつも設えてあり、美しい音色が流れる空間でした。
a0169924_10342203.jpeg

お茶も食事もいただくことができ、皆思い思いに選んで共に楽しみました。
a0169924_10345324.jpeg

オーナーの方をご紹介いただき、また訪れたいと思いました。
a0169924_10351579.jpeg

[PR]
←menuへ