カテゴリ:中国茶( 733 )



a0169924_21413771.jpg

3月に召し上がっていただきました点心です。
昨年銀座三笠会館へ教室の皆さまとご一緒に参りまして教えていただきました。


a0169924_21421827.jpg
刀豆焼麦(いんげんの焼売)は、いんげんなどお豆がおいしい季節にぴったりです。
ひよこちゃんも🐥
焼売の調味料やひよこの焼き菓子の生地をココナッツオイルと太白ごま油に変えて、餡は白餡にして作りました♪

a0169924_21415331.jpg
お皿とお箸置きは、この度初お目見えです。
テーブルウエアフェスティバルで注文しました。
a0169924_21423995.jpg
おもてなしの中国茶レッスンは、本日が最終日。
4種類の紅茶を味わいつつ、紅茶の歴史と養つぼ心得についてお話をさせていただきました。


a0169924_21433650.jpg
本日も修了されました生徒様がいらっしゃいました。
20回、たくさんお通いくださいましてお礼を申し上げます。

同じ時期に香港にお住まいでしたのも思い出深く、
香港や秋田のお話ができたのも嬉しかったです。
a0169924_21443318.jpg
ビーズでアクセサリーを手作りしていらっしゃいまして、
私のイメージに合わせて作ってくださいました。

スワロフスキーとパールが上品にキラリと光って素敵です。
大切に使わせていただきますね。
a0169924_21395974.jpg

春らしさがいっぱいのおせんべいもありがとうございます。
海老がたくさん入っている桂新堂さんのおせんべい。
ありがたく頂戴します。

a0169924_22102085.jpg
今月は、テーブルクロスも新調しました。
明るいグレーのリネンのものを探していました。
ワインもお茶もこぼしましたけれど、リネンなので煮洗いすればすっきりとキレイになりました。
これからたくさん使いたいと思います。

a0169924_22162621.jpg
今月もお越しいただきました皆さま、ありがとうございました。





☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

朝日新聞社によるインタビュー記事を掲載していただきました。こちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡


a0169924_12105162.jpg
昨日のレッスンの写真から「正山小種煙香」を淹れていただいているところ。
お茶が生まれたてのこの瞬間にいつもシャッターを押してしまいます。
a0169924_12111268.jpg
お茶の割合、湯の温度、待つ時間、淹れ手の方の感性が加わりできあがったお茶の味が注ぎ分けられる瞬間。

茶葉そのものの特性が生かされておいしく淹れていただきました。

紅茶の始まりといわれる福建省の「正山小種」。
英語圏では、Lapsang Souhongと呼ばれています。
松の燻煙の程度もそのたびに違いますので、
いただく度にどのように香るかを想像しわくわくします。

しっかりとした煙香は存在感があり、
深呼吸するように吸い込み
気を巡らしてくれるようです…



a0169924_12114647.jpg
お茶をいただきながらの和やかな会話が思い出されます。
この日の皆さまは、全員静岡県梅ヶ島の茶摘み体験にいらっしゃるとのこと。
ご一緒できてうれしいです。




a0169924_12120092.jpg

薬膳と中国茶のサロン「和桃李」を主宰されているmiwaさんにいただきましたお茶は、
タイの烏龍茶「THAI BEAUTY」。
お茶の葉の様子は東方美人に似ていますが、
いただいてみると凍頂烏龍茶をしっかりと焙煎したような香りがしました。
初めての味覚です。

タイは、台湾の指導で烏龍茶作りが発展しています。
新たな土壌で新しいお茶が誕生しているのですね。

ありがとうございます♪
a0169924_12121920.jpg
こちらのお茶と一緒にいただきましたのは、
神楽坂にお住まいの生徒様より神楽坂梅花亭「神楽坂石畳」。
黒胡麻羊羹と桜色の白胡麻羊羹が石畳のような最中に挟まれて…
風情のある路地裏を彷彿とさせます。

a0169924_12134519.jpg
知らないお茶やお菓子との出会いに恵まれありがたいです。

a0169924_12404649.jpeg
つぼつぼの箱も素敵です。

強い風が吹き、一気に春となったようです🌸


☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら
朝日新聞社によるインタビュー記事を掲載していただきました。こちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

a0169924_18323605.jpg
本日も昨日に続いて中国の紅茶を召し上がっていただいております。
美しく淹れてくださる姿にうっとりとします…

a0169924_18344033.jpg


皆さまがいらっしゃる前の茶席の様子。

a0169924_22421844.jpg


九曲紅梅に続いて淹れていただきましたお茶は、こちらの「祁門紅茶」。

世界三大紅茶のひとつ、世界中の人に愛されている安徽省の祁門紅茶。
紅茶生産低迷期にもこちらのお茶だけは、変わらず作り続けられていました。

a0169924_18330769.jpg
祁門紅茶らしさを引き出しおいしく淹れていただきました。
ありがとうございました。

a0169924_18350813.jpg

祁門紅茶の次は、特級祁門も。
a0169924_18333851.jpg
4種類の中国紅茶をいただきましたあとは、
いんげんの焼麦とひよこちゃん。

本日もお越しいただきましてありがとうございました。
ご一緒に楽しい時間となりました♪





a0169924_18421671.jpeg
岡山にお墓参りにいらした生徒様からお土産を頂戴しました。
「無天茶坊」という台湾茶のお店があるそうで、
HPを拝見しましたら、とても素敵でした。
そちらでお求めになられました無農薬の「紅玉紅茶」をいただきました。
a0169924_18341895.jpg
紅玉紅茶は、日月潭紅茶の芳醇な香りとお味が広がりました。
岡山銘菓中山昇陽どう「きびだんご」もいただき
どちらもおいしくいただきました。

ありがとうございました。

a0169924_18521004.jpeg
桜の開花予想が注目されていますが、
木蓮の木にもたくさんのつぼみがみられました。
まさに那樹の枝頭 春を帯びざる…


ご出産直前まで中国茶レッスンに通っていらした生徒様からご連絡をいただきました🌸
無事に出産され、お祝いにいらっしゃる方々に中国茶を淹れて、喜んでいただいているとのこと。
とてもとても嬉しいです。
子育ては大変なこともあると思いますが、
お茶の香りでリフレッシュして心地よく過ごしていただけますように…



☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

朝日新聞社によるインタビュー記事を掲載していただきました。こちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡



3月のおもてなしの中国茶レッスンが始まりました。
誉理子先生が届けてくださいましたお花は、こちら。
清明節をテーマに黄緑色を入れてくださいとお願いしました。

a0169924_14142401.jpg
寒い冬を越えて育った椿の枝の奥に
芽吹いている様子や
暖かな光が差しているかのようなアレンジメント。

この度もとても素敵です。
ありがとうございます。



a0169924_14150891.jpg
<茶譜>
九曲紅梅
祁門
特級祁門
正山小種煙香



a0169924_14153177.jpg
一番最初のお茶は、浙江省の紅茶「九曲紅梅」。
いついただきましても上品なべっこう飴を思わせる香りとお味に癒されます。


a0169924_14155101.jpg
榮太郎の飴のようと表現してくださり、
ご一緒の皆さまもうなずいていらっしゃいました。

ほかのお茶につきましては、また改めて。
a0169924_14160416.jpg

ひよこちゃんも。
a0169924_14163880.jpg
こちらのアングルからも。
a0169924_18473563.jpeg
本日「おもてなしの中国茶レッスン」を修了された生徒様がいらっしゃいました。
心よりおめでとうございます。
全20回たくさんお通いいただきましたが、あっという間に感じられたとのこと。
テーブルコーディネイトの世界で活躍していらっしゃいます。こちら

お花を生けるときに使う優れもののお道具を頂戴しました。
ありがとうございます♪

ますますのご活躍を祈っております。


a0169924_18474894.jpeg
薬膳と中国茶のサロン「和桃李」をしていらっしゃる生徒様より
頂戴しました太白ごま油と小茴香(フェンネルシード)。
体を思い上質な素材をありがとうございます。



☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

朝日新聞社によるインタビュー記事を掲載していただきました。こちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡


a0169924_20160069.jpg

中国茶のグループレッスンは、今月も「お楽しみの中国茶」から始まりました。
a0169924_20194400.jpg
お楽しみの中国茶で召し上がっていただきましたお茶は、下記の通りです。
九曲紅梅
特級祁門
金芽滇紅
檸檬紅茶

a0169924_20212751.jpg
九曲紅梅から召し上がっていただきました。
上品なべっこう飴のような甘みに癒されます…
a0169924_20200399.jpg
こちらが、檸檬紅茶。
レモンティーです。

春の陽の気が上がってくるころ、肝を補ってくれる酸味が嬉しいです。

a0169924_20202637.jpg

ベースのお茶もおいしくてトロリとした感覚と檸檬が調和します。
春先にと用意しておりましたので、
ご一緒にいただけてうれしいです🍋


a0169924_20204506.jpg

今月は、昨年三笠会館で教えていただきました
刀豆焼麦(いんげんの焼売)と小鶏酥(ひよこの焼き菓子)。
a0169924_20205923.jpg
中は、白餡にしてみました。
カダイフを焼いてバランスをとっています🐤

本日もありがとうございました♪

茶席やお花の写真は、また改めて…。



☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら
朝日新聞社によるインタビュー記事を掲載していただきました。こちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡



中国茶5種のみ比べのお客様をお迎えしました。
お茶の葉を購入してもなかなかのみきれないので、
5種類のお茶がいただける「5種のみ比べ」にご予約くださいましたそうです。

そのようにご利用いただけるのも嬉しいです。

a0169924_21352772.jpg

写真は、久しぶりの茉莉花茶「太極香片」。
緑茶ベースにジャスミンの香りで気分が華やぎます♪
a0169924_21235413.jpg

《茶譜》

 *

 大禹嶺 台湾

太極香片 福建省

 *

紅 雲南省

 銀花香単叢 広東省

 *

武夷肉桂 福建省

《点心》

刀豆焼麦

小鶏酥




a0169924_21263587.jpg
今の季節にお勧めのお茶を召し上がっていただきました。
ひとつひとつ香りを楽しみつつ味わいながら、
お茶を淹れさせていただきました。
お気に召したお茶は、大禹嶺と滇紅とのこと。

お引越しのことなど、私も経験したので共感しつつ
お話を伺いながら、
お茶をいただきました。

お越しいただきましてありがとうございました。

a0169924_21253272.jpg
今月の点心は、昨年銀座三笠会館で教えていただきました
刀豆焼麦(いんげんの焼売)、小鶏酥(ひよこの焼き菓子)を作りました。

いんげんなど豆類がおいしい季節ですし、
ひよこも生命の誕生を祝う気持ちになります…
a0169924_21270790.jpg
ひよこは、もうちょっと上手に作れるようになりたいです。
3月のおもてなしの中国茶レッスンでも召し上がっていただきます。
どうぞお楽しみに。


☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら
朝日新聞社によるインタビュー記事を掲載していただきました。こちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

a0169924_19302899.jpg
中国茶講座の生徒様をお迎えしました。
本試験に向けてのミニテストも慣れてこられたようです。
a0169924_19305375.jpg
茶葉は、
四季春、
凍頂烏龍茶、
正叢凍頂烏龍茶、
東方美人。
a0169924_19311415.jpg
本日は、凍頂烏龍茶を淹れていただいているところをパチリ。
a0169924_19313059.jpg
瑞々しく華やかなお花のような香り…
凍頂烏龍茶のピークは過ぎた、おいしい凍頂烏龍茶はなくなったとお話される方もいらっしゃいますが、
そのようなことはないとこのお茶が教えてくれます。
a0169924_19315184.jpg
福建省から苗を台湾に持ち帰られたものが根付き、
凍頂烏龍茶が生まれた歴史を思いつつ
余韻に浸っています…

しっかりと大きめで厚みのある葉には、
まだまだ旨みが詰まっていました。

a0169924_20150501.jpg
ずっしりと立派なお菓子を頂戴しました。
姫路城を築城された池田輝政公のご家紋「揚羽蝶」をかたどった
小川堂安芸園の銘菓「はりま家紋」。



a0169924_20151875.jpg
しぐれ餡の中には、小豆餡に包まれた大きな栗が入っています。
ほろりとした食感と素材の素晴らしさが伝わる美味しさでした。

a0169924_12293363.jpeg
包みもお箱も麗しい丁寧な作り。
Kemiさん、ありがとうございました♪
山梨県韮崎市穴山 村おこしプロジェクト、今年も楽しみにしています。

お茶は、和菓子のご指導をいただきました伊藤郁氏に頂戴しました安渓鉄観音。
すっきりとしたお味がお菓子をひきたてていました。
こちらもありがとうございました♪




☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

朝日新聞社によるインタビュー記事を掲載していただきました。こちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

陽の気が地中に流れ出し、
冬ごもりしていた虫たちが地中にでてくるころ
「啓蟄」を迎えました。
ひと雨ごとに暖かくなってゆくのでしょうね。

中国国際茶文化研究会日本事務局長をしてくださっている
清水真理さんがお越しくださいました。
a0169924_13595890.jpg
その時にお持ちくださいましたのが、
今年の緑茶「烏牛はや」でした。
中国国際茶文化研究会のある杭州から送られてきたのだそうです。
a0169924_14002306.jpg
こんなに早く会えるなんて…
まだ赤ちゃんのような柔らかさのある茶葉。
今年は、2月11日より茶摘みが始まりましたことを聞いていましたが、
20日に摘まれたお茶がいただけるなんてと感激しました。

a0169924_14004652.jpg
生き生きとした息吹が伝わってくるよう…
a0169924_14010168.jpg
今年初めての緑茶の新茶を味わわせていただき、
新鮮な気が体を巡り今年の春の訪れを教えてくれました。


a0169924_14012533.jpg
前回、真理さんが召し上がりたいとお話されていた滇紅。

お越しいただき今年の中国国際茶文化研究会日本事務局としての
打合せをしました。

3月のテイスティング会。
夏に予定されているセミナー。
福建省への研修。
そして、12月11日からの中国茶アドバイザーインストラクター資格取得試験について。

a0169924_14015179.jpg
こちらは、単欉雪片をご一緒にいただきました。

今年のひとつひとつの予定につきまして、
段々と詳細が決まってゆきますのを嬉しく聴かせていただきました。

実現し、皆さまと中国茶の世界を堪能できますのを楽しみにしております。



☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

朝日新聞社によるインタビュー記事を掲載していただきました。こちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡



a0169924_21164985.jpg
中国茶講座の生徒様をお迎えしました。
2月は28日まででしたので、1か月が過ぎるのがとても早く感じます。
a0169924_21172772.jpg
今月は、茶器についての内容と台湾茶。


四季春
凍頂烏龍茶
正叢凍頂烏龍茶
東方美人
a0169924_21184955.jpg
久しぶりの台湾茶。
聞香杯。
最初のお茶、四季春から木蓮のような香りが広がりました。
a0169924_21072574.jpg
柔らかい葉も久しぶり。
可愛らしい葉が瑞々しく茶壺から顔を見せていました。
a0169924_21080321.jpg
こちらは、凍頂烏龍茶。
フルーティーな香りが華やかに広がります。
ご一緒にいただいているうちに
皆さま台湾に行きたいとお話されていました。
私も。
もうすぐ台湾にいらっしゃる生徒様もいらして、
お話も盛り上がりました。
こちらの茶器も明日で使い納めです。
a0169924_21061478.jpg
白磁立瓜の花器と
菜の花に桃。
a0169924_21033894.jpg
茨城からお越しの生徒様に頂戴しました
紫芋の「つむぎ野コンフィチュール」。
紫芋は、ポリフェノールがたっぷりなのだそうです。
そういえばこの色は、ワインのよう…
バニラビーンズも香り、美味しくいただきました。
ありがとうございました♪


☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

朝日新聞社によるインタビュー記事を掲載していただきました。こちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

中国茶会「春待つ茶会」をさせていただきました。
雨の降る足元の悪い中、おこしいただきました皆さまありがとうございました。


a0169924_20054152.jpg
午前、午後、それぞれに皆さまの温かなお気持ちを感じつつ
心も体もポカポカになりました。

初めのお茶の蓋碗は、有田焼 西山正氏のものです。
a0169924_20064943.jpg
4種類すべてのお茶をこちらの茶杯でいただきました。
生徒様でいらっしゃる鈴木恵理さんが描いてくださいました。

改めて手にとり素晴らしさに感動します。

a0169924_20073546.jpg
そして、この日のためだけに誉理子先生がお作りくださいましたアレンジメント。
どこかで芽吹いている様子や春の風を招いてくれそうです…
a0169924_20080518.jpg
<茶譜>
武夷白鶏冠
白鶏冠をいただいてみたいという生徒様のリクエストにより、この度の茶会のきっかけとなりました。
落ち着いていながらも刺激のある主張が感じられ、どの岩茶とも似ていない存在感があります。

単欉雪片
11月以降に摘まれる冬の単叢。
「雪片」という名前から是非2月のうちに召し上がっていただきたくて
本日に茶会をさせていただきました。
若々しくフルーティーで、桃を思わせる香り…

a0169924_20084199.jpg
「銀花香単欉」
鴨屎香という名前が気の毒に思っておりましたが、
その香りにふさわしい名前をつけられ、瑞々しい蘭を思わせる香り…

「普洱茶青餅樟香餅1986年」
33年物の青餅。
人気を博した樟香餅は、購入したころの青さはすっかりとなくなり
円熟していました。
生茶の透明感ととろみ、深みは年月が作り上げたものと感慨深くいただきました。

皆さまのご感想を伺いながらいただき
楽しいひとときとなりました。

そして、雨が降っていたので杜牧作「江南の春」を朗詠させていただきました。
この詩をテーマに茶席を考案していらっしゃるお話を生徒様から伺い、
偶然の一致を嬉しく思いました。

a0169924_20092360.jpg
お茶をいただきましたあとの点心につきましては、またあらためて。

ありがとうございました。




☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

朝日新聞社によるインタビュー記事を掲載していただきました。こちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

←menuへ