カテゴリ:中国茶( 594 )


a0169924_18304662.jpg

「桃始笑ももはじめてさく」
この言葉が相応しいアレンジメントを
誉理子先生が届けてくださいました。
一緒に春を連れてきてくださったかのようです🌸


a0169924_18324700.jpg

中国から伝わる七十二候「桃始笑」の頃は、今年は、3月11日。
まだしばらく先になりますが、
桃のつぼみが開き、花が咲き始める様子を愛でることができ幸せに思います。

「咲く」という言葉は、「笑う」と表現されていたとのこと。
お稽古に通っているお花の先生も、つぼみが膨らみお花が開きかけている様子を
微笑んでいますね。とお話くださいます。
まさにお花が咲く様子は、見ている人も笑顔にしてくれるようです。

a0169924_18312027.jpg


可愛らしいお花が、にっこりとしているよう…


a0169924_18455198.jpg
本日のお茶のひとつ、「鉄羅漢」を淹れていただいています。
茶壺を持つ手も美しいです。




a0169924_18471340.jpg

修行を終えた聖者「羅漢」の素晴らしい姿を表した「鉄羅漢」というお名前がついているように
力強いお味です。


a0169924_18494148.jpg
武夷岩茶大紅袍伝承人 劉國英氏によるお茶の葉の立派なこと。
花を愛で、
皆さまと丁寧に作られたお茶をいただき至福の時間を過ごさせていただきました。

a0169924_18453430.jpg
お越しいただきました皆さま、
ありがとうございました♪






☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
今月は、福建省の烏龍茶 岩茶を召し上がっていただいております。

そのひとつ「金鎖匙きんさじ」は、
教室で紹介させていただきますのは初めてです。

何年も通ってくださる方にも新たな発見があればと思い選びました。

a0169924_20411528.jpg



鈴木恵理さん作の茶杯に注いでいただきました。

華やかに鼈甲飴を思わせる香りがふわりと広がります。

a0169924_20451744.jpg
「金鎖匙」の名前は、茶樹の根が巨大な二つの岩の間に生育し
その様子がまるで二つの岩に鎖をまいている宝を守るように見える為にのだそうです付けられたのだそうです。

4種類のなかでは、一番軽やかなお味です。

a0169924_20530451.jpg
お茶の名前の「金」の文字のイメージからエルメスの黄色いモザイクの茶器で淹れていただきました。
縁の部分が熱く感じられたかもしれませんが、
高い温度の湯でしっかりとこちらのお茶のおいしさ引き出していただきました。
ありがとうございました♪

「金」からオリンピックのメダルも連想できますね✨
…オリンピックに携わっていらっしゃる方々が、この期間に向けて準備をされてこられたストーリーに
ひとつひとつ感動がありますね。努力を積み重ねてこられたことが本当に素晴らしい…



a0169924_21000725.jpg








☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
a0169924_20412184.jpg

2月は、「お楽しみの中国茶」の皆さまよりグループレッスンが始まりました。
上巳の節句をテーマに福建省の烏龍茶「岩茶」を4種類召し上がっていただきました♪



a0169924_20485016.jpg
手前から「金鎖匙」「石乳香」「水仙」「肉桂」。
淹れる前のお茶のは、とても似ていますが、
お湯を注ぐと息を吹きかえしたように
瑞々しく香りが溢れます…

暦は、「雨水」を迎えましたね。

雪や氷が解け始め雨水となる頃
朝夕の寒さはまだ冬を感じますが
次第に春めいてゆくのでしょうね。

まだまだ冷えるので、体を暖かくして気の巡りがよくなりますようおすごしくださいませ。

a0169924_20410687.jpg

お茶をひと通りご一緒にいただきましたあとは、
「比内地鶏と蛤の茶碗蒸し」と
香港の懐かしいお味、ほかほかの「合桃糊(くるみのおしるこ)」を召し上がっていただきました。
これからいらっしゃる皆さまもどうぞお楽しみに。







☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
Happy Chinese New Year
新年快楽
恭賀発財

いよいよ春節を迎えましたね。
皆さまにとりましてますます佳い年となりますように。
a0169924_21170298.jpg

お花は、誉理子先生が一月の後半に
春節をテーマにお作りくださいました。

イエローカラーが新年の慶びを盛り立ててくれるようです。


a0169924_21214061.jpg
本日は、中国茶講座でした。
カリキュラムのお茶は、立派な金芽滇紅と
正統派のお手本として武夷山で作られた正山小種です。

a0169924_21230876.jpg
立派なお茶の葉からは、輝くような美しさが引き出され、
香りに微かなココアパウダーを感じつつ
滑らかな口あたりと甘みが心地よくいただきました。

茶杯は、今年初めての胡蝶です。

a0169924_21284292.jpg
ふっくらとしたお茶の芽が質の高さを物語っています。

講座は、中国茶の歴史より宋代から清代までをご一緒に学びました。
他のお茶につきましては、改めて…


a0169924_21313845.jpg
茹でたてのお団子にきな粉をまぶして召し上がっていただきました。
中にはトロリと黒胡麻餡が入っています。

本日もお越しいただきましてありがとうございました。

空気が和らいで感じる一日でしたね。





☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
a0169924_19251237.jpg



昨年11月ごろから家にあるプーアール茶の味をみて
ひとつひとつその変化を味わって参りましたが
そろそろ喫み納め。

ひと通りパトロールに回った気分です。
a0169924_19302719.jpg
1978年のものから2016年のものまで
熟茶、生茶それぞれの個性を確認して
また包みを開けるのは、
多分、今年の暮れのころになるかな…
名残り惜しく、包みを開けたり閉じたりお茶の葉の様子を見ました。

袋も随分と柔らかくなっています。

少しずつ熟成して、驚くほど変わったお茶が教えてくれることがたくさんありました。

来年は、どんな組み合わせで召し上がっていただこうかしらと、
年が明けて、また皆さまとご一緒にいただけるのを楽しみにしております。



a0169924_19321618.jpg
昨日の中国茶ティスティング会の後に皆さんといただこうと思い
作ってお持ちした🍊のピール。

極上のお茶の余韻が続いています♪


a0169924_19401501.jpg
こちらは、少し前にお心遣いいただきました
福砂屋さんのカステラとオランダケーキ。
家族みなで美味しくいただきました。
ありがとうございました。

建国記念日ですね。
連休をいかがお過ごしですか?

気温は低くても淡い日差しに
春の温もりが感じられる…そんな一日でしたね。














☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
a0169924_21275713.jpeg

中国国際茶文化研究会日本事務局による秋冬茶のティスティング会が行われました。
本当に美味しいお茶の数々を味わわせていただき、
お茶好きな皆さまと至福の時間を過ごしました♪



a0169924_21101305.jpeg
広東省鳳凰単欉杏仁香
a0169924_21102839.jpeg
広東省 鳳凰単欉黄梔香
a0169924_21105072.jpeg
広東省 鳳凰単欉蜜蘭香
a0169924_21111694.jpeg
雲南省 滇紅 古樹紅茶

a0169924_21113237.jpeg
福建省 伝承人劉國英氏監修 岩上特級 肉桂

a0169924_21120031.jpeg
福建省 伝統 正山小種
a0169924_21122037.jpeg
老白茶は、皆さんと分けて持ち帰りましたので、
後日淹れてみたいと思います。

a0169924_21283948.jpeg

浙江省紫笋茶の産地では、緑茶以外にも、白茶、紅茶、餅茶が作られるようになったそうです。
茶産業の改革が進んでいるのですね。






☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
何か不思議な形のグラスは、ロブマイヤーの「スピリッツグラス」です。
テーブルウエアフェスティバルでふと気になりました。

下の部分が丸くコロンとしていて、
内側に突き出ている部分が目を惹きます。

a0169924_20264194.jpg


「スピリッツグラス」ということは、アルコール度の高いお酒を少しいただくための
グラスなのでしょうか…

家に持ち帰り、最初に淹れてみたのは雲南省の紅茶「金芽滇紅」でした。
Golden Tips Yunnan Black Tea

カリグラスの中でお茶の色が金色に輝いている様子が美しい✨

今月の中国茶講座の教材として届けていただきました極上品です。

a0169924_20270744.jpg
金の芽の産毛から口当たりの滑らかさがあり、
甘みや少しココアを思わせる香りが感じられます。

こちらのグラスのせいでしょうか…
より香りが豊かに感じます。

丸いボトムの部分を持ち
少し揺らしたり…

これからこちらのグラスでいろいろなお茶を淹れるのが楽しみです♪

いよいよ冬のオリンピックが始まりましたね。
世界の選手の皆さんが、練習の成果を発揮できますように❄





☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]

a0169924_10563408.jpg

中国茶5種のみ比べのお客様をお迎えしています。
今年に入り、春節までのお茶は身体が暖まるお茶を中心に選びました。

添えてある枝は、土佐水木です。
瓢香にも生けられていて嬉しく拝見しました^^

a0169924_10570908.jpg
茶譜
四季春冬片
鳳凰単欉蜜蘭香
鉄羅漢
正山小種煙香
普洱熟散茶

a0169924_10590530.jpg
引き続き水餃子も作っています♪




a0169924_12284129.jpeg


図書館でふと白洲正子氏著「明恵上人」の書籍が目にとまり読み始めました。
明恵上人につきましては、栄西禅師が茶の種を漢小柿茶壺に茶の種を入れて渡し、
その種を栂尾に植え、宇治に移された茶が宇治茶の始まりといったことや
「明恵上人樹上座禅図」に描かれたお姿が目に浮かびましたり、
お稽古に通っておりますお家元様襲名披露宴で贈られたお言葉が明恵上人遺訓「阿留辺幾夜宇和あるべきやうわ」でしたことから
印象に残っていましたが、恥ずかしながら詳しく知る機会がありませんでした。

禅を志す僧侶が次々と宋へ向かう時代、何故海を渡ることがなかったのか、
古代の自然信仰と仏教の精神を自らに問いかけ
釈迦の理想の実現を思い、現実を肯定する「阿留辺幾夜宇和」と自身を律する厳しさを求める姿、
宗旨、仏法、一人の後継者も作らなかったことが伝わるお人柄について書かれてあり
文章にひきこまれました。
藤原定家との歌のやり取りがありましたことも興味深いです。

また華厳宗の守護神で善妙寺のために造られたのではと伝わる高山寺の湛慶作「善妙神立像」の写真が載せられていて
昨年の運慶展で鑑賞し魅了されたのが思い出されました。
そして、運慶展で明恵上人が可愛がっていた子犬を模したと伝わる運慶作「犬」の木彫の写真もあり、
これまでにも明恵上人に繋がる点がいくつもあったことを気付かされました。

茶が日本に広がる時代に生きたひとりの僧侶についてもっと知りたいと思うきっかけとなりました…



☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]

中国茶会の打ち合わせにまいりました。
場所は、麻布十番 中國菜 老四川料理店「瓢香ピャオシャン」です。

a0169924_21361789.jpeg
井桁シェフと一緒に。

これまでに食事に伺い、インテリアが素敵でしたり、お料理がおいしくて
また訪れたいと思っていました。

a0169924_21363973.jpeg
美しい花器に連翹がいけられて…
お店の方も段々とお花が咲いていく様子をご覧になりながら
過ごしていらっしゃるそうです。


a0169924_21370039.jpeg

古き良き中国伝統を大切に、センスのよい空間が心地よいです。

打ち合わせの時には、教室でも人気の伝統的な吉祥文様の茶器に
とても美味しい雲南省の紅玉紅茶を淹れていただきました。

a0169924_21371540.jpeg
壁に描かれた山々は、まるで景色を遠くまで眺めているように思えてきます。


a0169924_21380751.jpeg
シェフが大切に抱えて持ち帰られたという大きな壺には、
丁寧に藍色の濃淡が美しく描かれています。

a0169924_21382341.jpeg

対になって飾られているこちらの壺の発色や筆使いが繊細でいつまでも鑑賞していたいと思いました。
土佐水木がいけられている花台も絵になります。

以前もこちらのお部屋を見せていただきましたときの感動が思い出されます。


a0169924_21385148.jpeg
藍色の濃淡が麗しい緞通が壁に掛けられていました。

企業様よりご依頼いただきこのような会場で中国茶会に続き
こちらのお料理を召し上がっていただけますことをとても嬉しく思います。

中国茶会は、6月下旬です。
その日を楽しみに準備をしてまいります。

雨は、雪になったようですね。
風邪など召しませぬようお過ごしくださいませ。





☆「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]

a0169924_12220688.jpg
今月のおもてなしの中国茶レッスンでは、春節に因んで
新しい年も皆さまに「幸福」が訪れますようにと願い
「福」の文字を散りばめました。



a0169924_12234638.jpg
台湾 台中 「日出」のお土産に頂戴いたしましたリボンは、
九紫火星の年の色に金魚の柄をナプキンリングとして使わせていただき
それぞれお持ち帰りいただきました^^

a0169924_12241488.jpg
そして、毎年登場している金魚ちゃんたち。
おめでたい雰囲気を盛り上げてくれます。

a0169924_12244899.jpg
「福」のお箸置きと石井いり豆店のお豆もお心遣いいただきました。
ありがとうございます。

素敵なお箸置きは、特に皆さまがご覧になり喜ばれました。
人気の器やさん「うつわ 千鳥」さんでも注目の「豊増一雄」さんの作品です。

温もりのある質感と文字が魅力です。
大切に使わせていただきます。

「福」と「お豆」で、「鬼は~外、福は~内」と節分セットのようです。

幸せを感じつつ皆さまをお迎えし、嬉しい年の初めの一ヶ月となりました。
ありがとうございました♪





☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

[PR]
←menuへ