人気ブログランキング |

<   2018年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧


福がいっぱい♪_a0169924_12220688.jpg
今月のおもてなしの中国茶レッスンでは、春節に因んで
新しい年も皆さまに「幸福」が訪れますようにと願い
「福」の文字を散りばめました。



福がいっぱい♪_a0169924_12234638.jpg
台湾 台中 「日出」のお土産に頂戴いたしましたリボンは、
九紫火星の年の色に金魚の柄をナプキンリングとして使わせていただき
それぞれお持ち帰りいただきました^^

福がいっぱい♪_a0169924_12241488.jpg
そして、毎年登場している金魚ちゃんたち。
おめでたい雰囲気を盛り上げてくれます。

福がいっぱい♪_a0169924_12244899.jpg
「福」のお箸置きと石井いり豆店のお豆もお心遣いいただきました。
ありがとうございます。

素敵なお箸置きは、特に皆さまがご覧になり喜ばれました。
人気の器やさん「うつわ 千鳥」さんでも注目の「豊増一雄」さんの作品です。

温もりのある質感と文字が魅力です。
大切に使わせていただきます。

「福」と「お豆」で、「鬼は~外、福は~内」と節分セットのようです。

幸せを感じつつ皆さまをお迎えし、嬉しい年の初めの一ヶ月となりました。
ありがとうございました♪





☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡


理想のプーアール茶を求めて_a0169924_22105673.jpg
今月、どのクラスでも共通して召し上がっていただきましたお茶は、
二〇一七年普洱熟散茶です。

台湾の方が理想のプーアール茶を求めて
雲南省に特別に注文したものです。

理想のプーアール茶を求めて_a0169924_22130823.jpg
生茶が年月を重ねて作られる味とは異なりますが、
こちらなりのバランスのよいどなたにも受け入れられる
プーアール茶らしい味がします。



理想のプーアール茶を求めて_a0169924_22134056.jpg

今月のおもてなしの中国茶講師養成講座で召し上がっていただきましたお茶は、下記の通りです。
二〇一二年普洱青餅
一九九九年普洱大渡崗青餅
二〇〇五年普洱海灣熟餅
二〇一七年普洱熟散茶

理想のプーアール茶を求めて_a0169924_22145697.jpg
どちらのクラスでも生茶と熟茶を2種類ずつ
ご一緒に味わいました。
理想のプーアール茶を求めて_a0169924_22165620.jpg
早いもので1月ももうすぐ終わりですね。
久しぶりにお会いする方もいらっしゃいまして
お迎えできますことをとても嬉しく思いつつ
準備をしてまいりました。


お越しいただきました皆さまありがとうございました。


理想のプーアール茶を求めて_a0169924_22171951.jpg





☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡


今月の「お楽しみの中国茶」で召し上がっていただきましたお茶のひとつ
「陳皮普洱茶」は、
みかんの中にプーアール熟散茶をつめてあるお茶です🍊

陳皮普洱茶_a0169924_22313538.jpg
まあるいみかんの形にお茶が入っていて、
蓋までちゃんとついているところが
とても可愛らしいです。

甜品に金柑のデザートを作りましたり、
柑橘類が実る季節に
陳皮普洱茶をいただくのもなかなかよいと思います^^

陸羽さんは、なんとおっしゃるでしょう…

陳皮普洱茶_a0169924_22332476.jpg

お茶の味に爽やかな陳皮の香りがします。
陳皮が気を巡らすといわれていますが、このお茶にもそのような効果がありそうです。

フレーバードティーの元祖といえるかもしれません…


陳皮普洱茶_a0169924_22341556.jpg
茶殻は、この様子。

プーアール茶の楽しみをまたひとつ広げてくれると思います。

お楽しみの中国茶で召し上がっていただきましたお茶は、下記の通りです。
二〇〇八年 簡體雲青餅
一九九九年 大渡崗青餅
陳皮普洱茶
二〇一七年 熟散茶

陳皮普洱茶_a0169924_23000777.jpeg
湯島天満宮の梅が微笑んでいました。
春が近づいていますね…
初めて宝物館へも訪れ、梅が描かれた優美な作品の数々を鑑賞してまいりました。








国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

今月召し上がっていただいております甜品は、
「金柑と銀杏のデザート」のデザートです♪

金柑と銀杏のデザート_a0169924_22105978.jpg


のどによいといわれる金柑と咳をとめたんを切るといわれている銀杏を
蜂蜜で煮ています。

そして、金箔をON.

金柑と銀杏のデザート_a0169924_22351296.jpg

シロップには、金柑と銀杏の香りが移っています…

金と銀をひとつの器に盛りつける大好きなデザートです。

金柑と銀杏のデザート_a0169924_22171391.jpg

本日は、お楽しみの中国茶でした。
お茶をいただきながら、
一行物、七十二候、
今年の干支の戌に因んで「狛犬」「戊戌」「蠟梅」「雪中四友」にふれました。


金柑と銀杏のデザート_a0169924_22182095.jpg
頂戴いたしました三重県 薄氷本舗「五郎丸屋」のT五。
ふわふわの綿に大切に包まれています。
桜 抹茶 柚子 和三盆 胡麻のお味
繊細な薄さに織り込まれたお味をいただきました。
ありがとうございました♪



☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡


緑色がリンクして_a0169924_20590041.jpg

お茶を淹れてくださる方のカーディガンと茶器の緑色がきれいと思い
パチリと撮りました^^

緑色がリンクして_a0169924_21022719.jpg
淹れていただいているお茶は、1997年熟磚茶です。
ウッディーな香り、まろやかさと味の深み、微かな甘み…

来年で20年ものになる19年もののお茶。
プーアール茶らしさのあるおいしさです。

緑色がリンクして_a0169924_21314478.jpg

19年前に作られたお茶は、淹れ始めると
封じ込められていたお味が溢れ出るよう…

緑色がリンクして_a0169924_21350382.jpg
治一郎のラスクとバウムクーヘンをいただきました。
さすがの美味しさです。
ありがとうございます♪

道の脇に残る雪から冷たい空気が流れていますね。
冷える日が続きますが、暖かくしてお過ごしくださいませ。





☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡



素敵マダムのおもてなし_a0169924_18223960.jpeg
中国料理教室 チャイニーズテーブル sacco先生
素晴らしいおもてなしをしてくださいました♪

「福」の文字のように、ご一緒させていただきました素敵な皆さまと
幸せな時間を過ごさせていただきました。


素敵マダムのおもてなし_a0169924_18221458.jpeg
絶妙な色合わせのテーブルセンターとお皿が調和して
誉理子先生のお花と共にうっとりするような設えです。




素敵マダムのおもてなし_a0169924_18230927.jpeg
ローラン ルカールで乾杯✨

素敵マダムのおもてなし_a0169924_18245083.jpeg
皆さまの手作りのお料理が並び、圧巻です。

素敵マダムのおもてなし_a0169924_18251614.jpeg
こちらからもパチリ✨

素敵マダムのおもてなし_a0169924_18253551.jpeg
お酒もこの通り。


素敵マダムのおもてなし_a0169924_18483077.jpeg
ふぐも美味しかったです♡
素敵マダムのおもてなし_a0169924_18274253.jpeg

器もかわいい、鮮やかな赤いビーツや🍎

素敵マダムのおもてなし_a0169924_18280243.jpeg
鰻と蓮根の蒸し物を蓋碗に盛りつけて…
素敵マダムのおもてなし_a0169924_18282990.jpeg
快気祝いにsacco先生がお赤飯を炊いてくださいました。
ウルウル
素敵マダムのおもてなし_a0169924_18292710.jpeg


そして、デザートタイム。
手作りの塩羊羹もありました。

素敵マダムのおもてなし_a0169924_18492255.jpeg
和やかに楽しい時間をすごさせていただきました。
お料理やセンス、お話からよい刺激をたくさんいただきました。

今日は、48年ぶりの氷点下4度を観測した厳しい寒さでしたことも
すっかり忘れて
心も温かく過ごさせていただきました。

sacco先生、ご一緒させていただきました皆さま、
ありがとうございました♪





☆「レッスンのご案内」くわしくはこちら「今日もご訪問ありがとうございます。」おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡



月曜日は想像を超えるほどの雪が降りましたね。
午後からのレッスンでしたので、お昼ごろからどんどん粒が大きくなる雪を見上げ
お越しになる皆さまを心配しつつお待ちしていました…

雪の日に_a0169924_21594114.jpg

この日は、おもてなしの中国茶レッスン20回の修了される生徒様もいらっしゃり、
お帰りの交通状態も心配だったことと思いますが
淹れ手の方の後ろの雪景色を眺めつつお茶をいただくのもいいですねとお話くださり、
その時のお茶に向き合っていらっしゃることが伝わってまいりました。

そして、プーアール茶をいただく度に、
この日の雪を思い出しますね。とお話しながら
ひとつひとつご一緒に味わいました。
私にとりましても心に残る一日となりました。





雪の日に_a0169924_22012538.jpg
上野動物園の赤ちゃんパンダちゃん「香香」のお誕生記念の和三盆。
岡杢栄泉さんの上質な甘みを
可愛らしいパンダちゃんの形をキュンとしながら美味しくいただきました。

シャンシャンのお名前から、サロンドシャンティを思い出してくださったそうです。
ありがとうございます♪

雪の日に_a0169924_22000932.jpg

皆さまがお帰りになられたあとの景色。
寒い中、歩かれたことを思い大丈夫かなと空を眺めていました…


雪の日に_a0169924_22002992.jpg
「紅楼夢」のように雪解け水で中国茶を淹れましょうと思い、
夜の間バルコニーに器を置いておきました。



雪の日に_a0169924_22020545.jpg



昨夜の雪が積もり、銀世界のようになりましたね。

比内地鶏の水餃子の取材していただきました_a0169924_22121043.jpeg

雪道を通り、中国茶講座の生徒様、
貝印の佐藤さん、浜口さん、カメラマンさんがいらっしゃいました。
足元の悪い中お越しいただきありがとうございました。



比内地鶏の水餃子の取材していただきました_a0169924_21311027.jpg
本日の中国茶講座では、武夷山岩上茶葉研究所監制 伝承人 劉國英氏による
「水金亀」と「大紅袍」そして、「肉桂」を召し上がっていただきました。



比内地鶏の水餃子の取材していただきました_a0169924_21313048.jpg
小さな茶杯を持つときには、日頃にない注意をはらわなければならず、
背筋が伸びるような感覚がありますね。とお話いただき、
あたり前のように持ち上げていた茶杯に対する心遣いに気が付かせていただきました。


比内地鶏の水餃子の取材していただきました_a0169924_21315286.jpg

そして、歴史の内容も今日から始まりました。


比内地鶏の水餃子の取材していただきました_a0169924_21321764.jpg
今月皆さまに召し上がっていただいております点心の
「比内地鶏で作る紅白の水餃子」と「金柑と銀杏のデザート」。

比内地鶏が日にちをかけて丁寧に育てられていること
他の鶏より繊細で
敷地内で放し飼いのように動いて育てるため
大きくなるまでに狐に襲われたり
逃げようとして重なりつぶれてしまいましたり
格別な美味しさが私たちの下に届くまでに
手間をかけて育てられていることを改めて教えていただきました。

煮込むと感じられる旨味や噛み応えがとても気に入り
もう他の鶏肉に戻れないです…

ありがとうございました。

ウェブ記事がアップされましたら、紹介させていただきますね。


☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

生徒様がお作りくださいました「ゆず茶」をいただきました。

丁寧に切り、とてもきれいな黄色が輝いて、
ゆずの香りの爽やかさとやさしい甘みが
本当に美味しくて
心に響きました。

やさしさが伝わる味 柚子茶_a0169924_21421833.jpg



韓国料理の先生と毎年年末「東日本大震災」の基金へ募金をするためにゆず茶を作り
販売していらっしゃるのだそうです。

そして、私の体調はどうかな~このゆず茶を飲んでもう!と考えてくださったのだそうです。

東日本の方々のことを考えて、いつもゆず茶を作っていらっしゃること、
私の体のことを思ってくださり作ってくださったこと、
いただく度になんだかジーンとしてしまいます。

ありがとうございます♪




やさしさが伝わる味 柚子茶_a0169924_21140417.jpg
そして、もうひとつ。
愛媛県の「紅マドンナ」という果実をいただきました。

甘みがありジューシーでとってもおいしいです。
大きさは、夏ミカンのようですが、果実の皮は、より赤みが強い色で可愛らしいです。
愛媛県では、「愛果28号」と呼ばれ愛媛JAから県外へ出荷されているのだそうです。
シーズンは、12月中旬から1月中旬。
初めていただきました。
ありがとうございました♪

やさしさが伝わる味 柚子茶_a0169924_11183963.jpeg

今月の甜品にも金柑のデザートを作り、柑橘類が美味しい季節ですね🍊
酸味で風邪の予防になり、元気をいただくようです。

文化勲章の紋章が、桜ではなく橘の花だということをお聞きしました。
文化は散ることなくしっかりと花を咲かせるからとのこと。
意匠に込められた思いを知りました。







☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡


春節をテーマに、一月のおもてなしの中国茶レッスンをさせていただいております。

「福」の文字や赤や黄色のカラー、鶴や亀さん、金魚ちゃんと
おめでたいものをご覧になり
今年も幸せに過ごしていただけますようにと飾っております♪

1月のおもてなしの中国茶レッスン_a0169924_18450248.jpg
そして、お茶は、普洱茶(プーアール茶)を4種類召し上がっていただいております。

1種類目の2006年西双版納古茶樹 老吉子

1月のおもてなしの中国茶レッスン_a0169924_18500268.jpg
12年ものになりますが、青餅の若い味として選びました。




1月のおもてなしの中国茶レッスン_a0169924_18520650.jpg
芽の部分は、まだ白く、井草のような清々しい香りのお茶です。

1月のおもてなしの中国茶レッスン_a0169924_18582620.jpg
青さが残るお味と
金色に輝いているかのようなお茶の透明感
茶殻もまだ青さが残ります。

2番目に1999年大渡崗青餅
3番目に1997年熟磚茶。
4番目に2017年熟散茶と召し上がっていただいております。

ひとくちにプーアール茶とまとめられないほど
千差万別です。
同じお茶が、年月を経てまた違うお味に進化もしてしまいます。
点心は、既に紹介しております「比内地鶏で作る紅白の水餃子」と
「金柑と銀杏のデザート」デザートです。
1月のおもてなしの中国茶レッスン_a0169924_19023712.jpg
比内地鶏もとてもおいしいのですが、もうひとつ良い味を出してくれているのが
椎茸です。
大分県産の立派な椎茸を眞理子さんがお送りくださいました。
ありがとうございます♪

ギャラリーゴトウでは、1月21日より27日までパリに40年暮らす
朝比奈 斌Bin Asahina氏の作品展が開催されるそうですよ。

1月のおもてなしの中国茶レッスン_a0169924_19053846.jpg

一年で一番寒い時期「大寒」を迎えましたね。
身の引き締まるような寒さを乗り越えるために、
一年を通じて食材を選び、冷えにくい体作りをしているのだと思います…

寒さ厳しき折、お身体を大切にお過ごしくださいませ。







☆中国茶紅茶教室「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

←menuへ