人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

a0169924_15583021.jpeg
まだ朝早い時間の空は、雲に覆われていましたがその後、
晴れました。

a0169924_20380750.jpeg

いつものようにジャグジーでプカプカ浮いて空を眺めていました。

香港の雲行きが心配されていますが、
私たちが着いてから、週末にデモが行われたと思えないほど
街の様子は変わらないです。

ご旅行を検討していらっしゃる方は、心配ないです。
安心していらしてくださいね。

インターコンチネンタルがリージェントでしたころ、
息子が生まれて初めて入りましたプールがこちらでした。
小さかったころを思い出します。

a0169924_20384241.jpeg
次男の時はアフタヌーンティーへ行きたいとのリクエストでしたが、
長男は、旅の計画を立てているうちにペニンシュラで朝食をいただくことになりました。
宿泊は、インターコンチネンタルでしたが、
てくてく歩いてペニンシュラへ。

香港島の景色を見ながら心地よく、
ゆっくり美味しくいただきました。





by salondeshanti | 2019-07-31 15:57 | | Comments(0)
a0169924_14350630.jpeg

昨年12月は、次男と香港に訪れたので、
この度は長男と。

a0169924_14353143.jpeg
懐かしい場所に連れて行ってほしいとリクエストがあり、
フェリーに乗って香港サイドへ。

次男の時と同じく
息子が小学校に入ったころに暮らしていたマンションを訪れました。


a0169924_14355393.jpeg
セキュリティが厳しく中には入れませんでしたが、
スクールバスに並んだ坂や
ハッピーバレーからの景色を感慨深く見ていました。
a0169924_14370375.jpeg
こちらは、0才から幼稚園卒園まで暮らしたマンション。
10ヶ月の時に歩けるようになりましたのも
この公園です。

a0169924_14374384.jpeg
朝から夜までよく遊びました。
観光地は1人で行けるかもしれないけれど、
よく遊んだ場所は、
教えてあげないとわからないかもしれません…

a0169924_14383966.jpeg

ホテルに帰る前に香港デザート「亀ゼリー」のお店「恭和堂」へ。
私は、「川貝枇杷膏」。

a0169924_18064670.jpeg

効能もメニューに書いてあります。
このおかげかもしれませんが、
翌あさは、体が軽くて疲れもなくすっきりとしていました。
専門店でなければ作れないお味です。

お昼は香港に長く住まわれていらっしゃる方に
飲茶をたくさんご馳走していただきました。20年以上前の息子が小さなギャングの頃から知ってくださっている方です。

香港のことなどいろいろ教えていただき
楽しいひとときとなり感謝です。

a0169924_14393249.jpeg

こちらからの夜景も好き。

a0169924_14395413.jpeg
つづく。






☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

「おかえりなさい」といってくれる場所香港へまいりました。
a0169924_13293773.jpeg
香港中国茶専門店「茶藝楽園」に訪れると茶がつくりだす空気に満たされていて
それを思いっきり吸って
香港にいることを実感しました。

a0169924_13295136.jpeg
本店店主Rosaさんが温かく迎えてくださり感激しました。
陳國義老師は、雲南に出張中。

a0169924_13301561.jpeg
お茶のリクエストを聞いてくださり
単叢「東方紅」を味わわせていただきました。
2013年老樹単叢です。

こちらを購入しましたので、11月のレッスンで皆さまに
召し上がっていただけますのを楽しみにしております。

昨年10月に教室の皆さまと賑やかに訪れた時を思い出します。

a0169924_13312839.jpeg
この度もインターコンチネンタルホテルに宿泊しました。

a0169924_13322339.jpeg
香港の記事にお付き合いいただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

暑中お見舞い申し上げます。
梅雨が明けたようですね。

a0169924_21094338.jpg
中国国際茶文化研究会日本事務局の打ち合わせをしました。
今、新しい試みが進行しています。

中国で茶を学ぶ子どもの為のテキストを翻訳していただき、
日本語の中国で茶を学ぶ人でしたら皆が知っていることをそのまま伝える内容の講座の準備をしています。
a0169924_21095658.jpg
テキストには茶徳といわれる「廉美和敬」という言葉、
茶が生まれた各地のストーリー、文化などが書かれていて
読みながらわくわくします♪
a0169924_21101155.jpg
2020年4月開講です。
是非、楽しみにしていただければと思います。
a0169924_21102362.jpg
他にも、今年秋の福建省での研修、地球にやさしい中国茶交流会でのセミナー、
11月の中国茶指導老師(中国茶アドバイザーインストラクター)資格取得国内試験、
12月の杭州での試験。

地球にやさしい中国茶交流会でのセミナー内容は、
中国国際茶文化研究会と共に検討されています。
a0169924_21103755.jpg
中国茶を学ぶ皆さまにとりまして
他にはない価値のある経験になりますよう努めてまいります。
a0169924_21105815.jpg
この度も大変貴重な茶をのませていただきました。
中国茶の中枢機関が注目しているお茶です。

梱包からも今の流れが分かります。
a0169924_21111443.jpg
8月の講座でも召し上がっていただき
ご感想がいただけるのを楽しみにしております。

2年前春の研修昨年12月研修、折々のテイスティング会
次々と準備してまいりましたことが実現しています。

感謝とともにますます発展に尽力してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。




☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

一年で一番暑い季節。
夏から秋にかけての気の不安定な時期「土用」が20日から始まり
今日は、丑の日。
花火大会やお祭りのところもあったようですね。

栄養のあるものいただくことも大切ですが、
暑さとどのように付き合うのかも大切だと思います。

a0169924_22164392.jpg


白茶が体を冷やすことなく体内の熱を外にだしてくれるので、
夏を乗り切るためにおすすめです。

本日は、「お楽しみの中国茶」のクラス。
3種類目の「月光白」です。

a0169924_22150607.jpg
これまで雲南省の白茶「月光白」というと
象牙色の月の光のような芽と葉、
その裏側は月夜の闇のように思っていましたが、
この頃は、写真のような葉の月光白もみられるようになりました。

a0169924_22161875.jpg
淹れてみるとやはり琥珀色の「月光白」。
お味や香りも雲南省の土壌に育つ茶樹の葉の香り。
柑橘をほのかに感じます。

a0169924_22170606.jpg
茶殻は大きめなしっかりとした葉。

a0169924_22174113.jpg
壽眉茶餅2015年のものも一緒にいただきました。

a0169924_22181994.jpg
白茶は、夏のお守りのようです。

a0169924_22185041.jpg
そして、本日も腸紛とパパイヤ&白きくらげのシロップ煮。
前回「腸紛」を紹介したときも参加してくださいました方は、
それ以来飲茶で必ず「腸紛」を注文するほど気に入ってくださいましたそうです。

土用には鰻だけでなくすいとんや小豆、にんにくもいただく習慣がありましたそうですので、
「腸紛」は、すいとんの材料と似ているので、土用にもよさそうです。

江戸時代鰻やさんが商売繁盛するように平賀源内に相談して
土用の丑の日に鰻を食べるとよいと広まりました。
奈良時代にも大伴家持が土用には栄養のある鰻を食べましょうと詠んでいます。

「石麻呂に 吾れもの申す 夏痩せに よしというものぞ 鰻とり食せ」
大伴家持 巻十六 三八五三

「痩す痩すと 生けらばあらむを 将やはた
鰻を漁ると川に流るな」
大伴家持 巻十六 三八五四

暑いときには、栄養のあるものをいただいてゆっくりするのがよさそうですね。

そして、白茶の力を借りてこの夏を乗り切りましょう。

今月もありがとうございました。






☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡




a0169924_20484407.jpg

10月3日老四川料理「飄香(ピャオシャン)にて開かせていただく

中国茶会は、「爽籟そうらい茶会」と名前を付けました。


爽籟そうらい」は、あまり聞きなれない言葉ですが、

「飄香(ピャオシャン)」を訪れるといつも感じる風をイメージして付けました。


壁一面に描かれた山水の山の向こうから風が吹いているような気持ちになります。


爽籟そうらい」は、秋風のさわやかな響きを表している言葉です。

10月3日のころは、きっとこの言葉が相応しい空のもと皆さまをお迎えできることと思います。


a0169924_20485941.jpg
「飄香ピャオシャン」で作られる素晴らしい老四川のお料理をいただく前に

是非、四川のお茶を紹介する茶会にしたいと思いましたのが、

この度のきっかけです。


a0169924_20491522.jpg
昨年は、企業様ご依頼のクローズドの中国茶セミナーでしたので、

どなたも参加していただける機会にしたいと思いました。


写真のお茶は、四川の紅茶「紅韵玫香」。

茶葉をご覧になるだけで、どんなに上品なお味かを想像できるほどです。


口当たりも滑らかで甘みがあり、馨しい紅茶です。

透明感のある輝きにときめきます。


a0169924_20480622.jpg
秋から冬に向かう季節に召し上がっていただきたいと思い、当日淹れさせていただきます。

4g入りのこちらの茶葉もお帰りの際に皆さまにお持ち帰りいただきます。


a0169924_21072806.jpg
そして、なかなか決まらないのがどの四川の黒茶を淹れさせていただくかということです。

8月3日にご案内をさせていただく前に決めて、お茶会のお知らせをしたいと考えております。



中国茶会「爽籟そうらい茶会」

2019年10月3日木曜日11:30-14:30

四川省の茶を堪能していただく中国茶会とお食事を予定しております。

ご案内は、8月3日。予約受付は、8月5日。

皆さまをお迎えするのを心待ちにしております。

場所:麻布十番 老四川料理「飄香ピャオシャン

お問い合せ:香茶苑 specialtealeaf@gmail.com


a0169924_20493578.jpg
フランスにあるお菓子やさん「アルノーラエール」。

そのお店の支店が広尾にあるそうです。

そちらで選んでいただきましたケーキ「ケークシトロン」。

ありがとうございます。


a0169924_20495824.jpg


上質なケーキのお味と紅韵玫香もよく合います。


「紅韵玫香」を召し上がっていただけますのを楽しみにしております♪







☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡


日頃からよいご縁に恵まれて嬉しく過ごしておりますが、
本日もまた素敵な皆さまをお迎えしました♪


a0169924_21580798.jpg

「中国茶五種のみ比べ」にお越しくださいましたのは、
是非またお会いしたいと思っておりました薬膳の先生と
金沢から先生の教室に通われる生徒様方。

中国茶をいただきながら、中国茶に関わる言葉をきっかけに
故宮博物院の収蔵品や
歴史人物のより詳しいエピソード、
薬膳効果などのお話をしてくださいました。

茶葉を使ったお料理のアレンジにつきましても、皆さまから次々とアイデアをいただき
是非試してみたいと思いました。

教えていただくことも多い、
私にとりましてもわくわく嬉しい一日となりました。

a0169924_21582804.jpg
今日、お迎えできましただけでも光栄に思っておりましたが、
9月からグループでお越しくださることになり
中国茶の魅力をお伝えさせていただきますのを楽しみにしております。
a0169924_22002976.jpg
ピントがぼけてしまいましたが、今日も「腸紛とパパイヤ&白きくらげのシロップ煮」を。
a0169924_21584998.jpg
金沢の素敵なお菓子をお心遣いいただきました。
ありがとうございます。

お野菜をいかしたおしゃれな菜菓匠「奈加川」のお干菓子。

写真は、能登ワイン風味の能登大納言、加賀太きゅうり。
他にもごぼう、打木赤川甘栗南瓜。
楽しみにいただきます♪


a0169924_21592081.jpg
こちらは、諸江屋さんの「濃茶落雁」。
落雁とありますが、お抹茶と餡の美味しさがギュッと茶臼の形になってずっしりとしているので
主菓子のようにいただきました。

そして、村上製菓所の「わり氷」。
熟練の技で仕上げられ氷のようにキラキラしています。

和やかな様子を思いつつ
改めて龍井茶を淹れて頂戴しましたお菓子を味わわせていただきました。

お越しいただきました皆さま、ありがとうございました。





☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

a0169924_19412719.jpg
中国茶講座の生徒様をお迎えしました。
a0169924_19415806.jpg
「丁寧に(お茶を)淹れるとおいしい。」と生徒様がお話されて、
おっしゃる通りと思いました。

同じお茶でも日常茶として淹れる場合と
心をこめて淹れる場合は、
やはり味が変わってきます。
a0169924_19423222.jpg
お茶の葉の割合は?
お湯の温度は?
蒸らす時間は?
注ぎ分けるタイミングは?

いろいろな要素がひとつひとつ組み合わされ、その時のお茶の味が出来上がります。

一碗に心をこめて淹れることの大切さを改めて気づかせていただきました。

本日もありがとうございました。
a0169924_19433507.jpg
出産され子育て中の生徒様から
メッセージと立派なマンゴーが届きました。

蒸し暑い日が続いていますが、お茶をいただくことで元気に過ごしていらっしゃるという言葉を
とても嬉しく読ませていただきました。

「レッスンでお話ししてくださった季節の食材やお茶の効能についてよく思い出します。
以前は体調が悪いとすぐ薬に頼りがちでしたが、今は身体に熱がこもってるな、
どのお茶を頂こう、どの食材を選ぼう🎵と考えている自分に🎵あっ!レッスンがいかされてる🎵と感じております。」

a0169924_19444386.jpg
レッスンがお役に立てていることをお知らせくださり、
感激しています。

そして、いただきましたマンゴーでおいしく涼んでいます♪

ありがとうございます。




☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

暦は大暑を迎えましたね。
一年で一番暑い時期となり、日が照ってまいりました。
梅雨明け宣言はまだですが、もうそろそろですね。

お洗濯物がすっかり乾き、気持ちがいいです。

a0169924_19353712.jpg
中国茶講座の生徒様をお迎えしました。

a0169924_19344822.jpg
明前浙江龍井富陽産と明前西湖龍井梅家塢産の龍井43号同士ののみ比べ。
この度も改めて龍井茶についてお話したり、
以前にいただいた同じ富陽産の鳩坑種と比べてみました。

帰宅されてからも、龍井茶がおいしかったとご連絡をいただき嬉しかったです。


a0169924_19342824.jpg
こちらは、杉林渓。
お茶を淹れるのは、キラキラとした水で遊んでいるように涼しく感じるこのごろです。
a0169924_19380623.jpg
そして、カリキュラムのお茶4種類目の阿里山。
高山茶の先駆けとなりました阿里山のボディーがしっかりしている様子もとらえてくださり、
ご一緒に楽しみながら味わいました。
a0169924_19361990.jpg
ありがとうございました。

一年で一番暑い時期となりますが、お茶が暑さを逃してくれたり、
茶壺にお茶をかける様子は、水浴びのようでしたり…

お茶が気を巡らしてくれるおかげで、元気に過ごしております。

三伏の候、本格的な暑さはこれからですね。
くれぐれもご自愛くださいませ。
a0169924_19370508.jpg
ハンドパックをいただきました♪
ベルガモットの香りなのだそうです。
楽しみに使わせていただきます💕


☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡


a0169924_22244911.jpg
今月は、お茶を味わっていただきましたあとに
点心として「腸紛」甜品に「パパイヤと白きくらげのシロップ煮」を召し上がっていただいております。

今は、白牡丹や壽眉はいろいろなところでのまれていますが、
以前は、香港をイメージするお茶でしたので、
お茶に合わせて香港の代表的な点心のひとつ「腸紛」を作りました。

もちもちでつるりといただけます。

白髪葱、四川花椒菜、紫色のスプラウトをのせて♪
早速、おうちで作られた方もいらっしゃり嬉しいです。
a0169924_22250823.jpg
甜品(デザート)は、「木瓜雪耳甜湯(パパイヤと白きくらげのシロップ煮」。
こちらも香港らしさがあります。
パパイヤと白きくらげを一緒にいただくと、
コラーゲンの吸収を高めるそうですよ。

そして、この度も優しい甘さ。
杏仁の核も入っています。


a0169924_22485903.jpg
丁寧に淹れてくださる様子がとても素敵です。



ご体調が優れないので来ましたとおっしゃる生徒様がいらっしゃいました。
中国茶レッスンで皆さまとお喋りをして、中国茶をいただいているうちにお身体が楽になってきたそうです。

お茶を楽しみながらお話して、気の巡りを助けたのだと思います。

本当によかったです。





a0169924_22261410.jpg
パパイヤも無事に購入できてよかったです。

a0169924_22433022.jpg
広島のお菓子 餅菓子のかしはら「はっさく大福」を頂戴しました。
フレッシュなはっさくと白餡が石臼でついた上質なお餅に包まれています。
みかんの島因島は、「八朔」「安政柑」発祥の地なのだそうです。

皆さまとご一緒にいただきました。


本日もありがとうございました。


☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

←menuへ