人気ブログランキング |

<   2020年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

おもてなしの中国茶講師養成講座_a0169924_13482166.jpg
おもてなしの中国茶講師養成講座の生徒様をお迎えしました。

今月は二十四節気の内容です。
おもてなしの中国茶講師養成講座_a0169924_13484885.jpg

1種類目の普洱茶紅印青餅中茶牌2005年
2種類目の普洱茶熟茶1995年は、おもてなしの中国茶レッスンと同じですが、
3種類目のお茶は、湖南省の黒茶「千両茶」を召し上がっていただきました。
おもてなしの中国茶講師養成講座_a0169924_13491511.jpg
千両茶は、十両茶の100倍の大きさですので、約150㎝。
私の身長と同じくらい。
重さ36.25キロ。
直径約20㎝。

大変大きく固められているので、輪切りにされているか、
上の写真のように約1.5㎝の立方体の大きさに切られて販売しています。

そして、お鍋でぐつぐつ煮ていただきます。
おもてなしの中国茶講師養成講座_a0169924_13493823.jpg
やはりエネルギー豊かなお茶です。

千両茶は花巻茶とも呼ばれ、こちらの形が作られる前は、10分の1の百両茶としてつくられていたとのこと。
清代同治年間に10倍大きい千両茶が生まれたそうです。

あまりの大きさと重さから1957年に生産が中止されていましたが、
1997年生産再開に取り組み成功しました。
2010年には国家無形文化遺産リストに登録されています。

おもてなしの中国茶講師養成講座_a0169924_13495595.jpg
湖南省の黒茶のひとつこちらも忘れてはならない「茯磚茶」。
あらかじめほぐしてあります。

唯一目に見える冠突散嚢菌が見えます。
見えないくらい小さい菌は他のお茶にもありますが、
口に含んだときの菌花香が独特です。
おもてなしの中国茶講師養成講座_a0169924_13500957.jpg

次第にこの茶の独特な風味がなくてはならないくらいになってきています…

おもてなしの中国茶講師養成講座_a0169924_13483201.jpg
たくさんの方に水餃子と如意糕を召し上がっていただきました。
おもてなしの中国茶講師養成講座_a0169924_13524854.jpg
今月もレッスンにお越しいただきました皆さま、
ありがとうございました。

12月はおもてなしの中国茶レッスンがおやすみでしたので、
待ち遠しく思ってくださっていたとお話くださる生徒様が
何人もいらっしゃいました。
ありがたく嬉しいです。

来月は岩茶を用意してお待ちしております。

おもてなしの中国茶講師養成講座_a0169924_13471725.jpg
お心遣いいただきました
埼玉「菓匠 花見」の白鷺宝。
可愛らしい一粒にギュッと餡が詰まっています。
いろいろな種類がありますが、こちらは小豆こし餡をすり蜜で覆いました「玉しずく」。

清代粉彩のお皿にのせて。



おもてなしの中国茶講師養成講座_a0169924_13480499.jpg
梅のお菓子も。
おもてなしの中国茶講師養成講座_a0169924_13470934.jpg
大好きなお菓子をありがとうございます。
生徒様と頂戴いたしました。



☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

お茶が心に寄り添ってくれますように_a0169924_23073760.jpg
昨日の寒さと一変して春めいた一日、
中国茶五種のみ比べのお客様をお迎えしました。
お茶が心に寄り添ってくれますように_a0169924_23060209.jpg

茶譜
政和茉莉花茶柒窨
政和工夫紅茶
安渓鉄観音中火
黄梔子香単欉
百年老欉
お茶が心に寄り添ってくれますように_a0169924_23072215.jpg

福建省政和の華やかで瑞々しい香りの茉莉花茶のあとは、
上品な甘みの政和工夫紅茶。

政和の広い空、豊かな自然と穏やかな様子の写真をご覧いただきつつ
ご一緒に味わいました。
お茶が心に寄り添ってくれますように_a0169924_23061461.jpg
こちらは、安渓鉄観音中火。
特別に中火焙煎されている綿あめの甘みを是非召し上がっていただきたいと思い
選びました。

久しぶりの中火焙煎の安渓鉄観音。

お茶が心に寄り添ってくれますように_a0169924_23062500.jpg
単欉も久しぶり。
黄梔香の単欉ならではの心地よい渋み…
お茶が心に寄り添ってくれますように_a0169924_23065278.jpg
お出しする前にパチリ。
水餃子とはちみつ味の金柑と銀杏のデザート。
お茶が心に寄り添ってくれますように_a0169924_23070556.jpg
お茶を味わいつつお話を伺いました。

大切なご家族が天に召された悲しみ…
ご両親の介護…

お茶の香りと味わいが心に寄り添ってくれますように。


お茶が心に寄り添ってくれますように_a0169924_23090558.jpg
百年老欉の余韻がいつまでも続いています。



☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡


十両茶を味わう_a0169924_21155596.jpg
冷たい雨が降る寒い日でしたね。
お越しいただきました皆さまありがとうございました。

写真は、皆さまをお見送りしてから撮りました
湖南省の黒茶「十両茶」です。

金色に輝くような水色。
ウイグルの人々が必要とした力強い味に思いを馳せています。
十両茶を味わう_a0169924_20080544.jpg
昆布を思わせるミネラルのような成分が豊富なお味。
竹で編まれた籠に笹に包まれて入っています。
十両茶を味わう_a0169924_20083013.jpg
籠に入れてから周りの竹をぐいぐい引いて締めているので、
茶葉はとても固く固められています。

今日は予めいただく分量を分けておいたので
スムーズにいただけました。

百両茶、千両茶は更に固いのでその場で分けるのは難しいですが、
十両茶ならなんとか茶刀をさしてほぐせます。

伝統の籠の形も素敵です。

十両茶は、362.5g。
百両茶、千両茶もありますので十両茶は小さく感じますが、
茶葉が362.5gはずっしりと重みがあります。

十両茶を味わう_a0169924_20084937.jpg
本日の一種類目のお茶、天尖茶。
十両茶を味わう_a0169924_20131168.jpg
「福」の文字の人参を用意していましたが、
茹でて柔らかくなり盛りつけるときに切れてしまいましたので
人参をスライスして型抜きするところも
ご覧いただきました。

型抜きした後は、菜箸で文字の太いところを出して、
天ぷら用のステンレス製のお箸を小さい穴に刺して均一に押し出していきます。
十両茶を味わう_a0169924_20125198.jpg
如意糕の方からもパチリ。
十両茶を味わう_a0169924_20091320.jpg
先日、生徒様がお庭になったゆずをお持ちくださいました。
柑橘が描かれている茶杯と一緒に。
十両茶を味わう_a0169924_20094092.jpg
小ぶりでかわいらしいゆず。
皮もやわらかいです。
全部まるごといただけますように、スライスして蜂蜜柚子にしていただきました。
ありがとうございました。



☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡


小さな青い柑橘に普洱茶がギュッと詰め込まれたお茶が
よく見られるようになり
生徒様からもどのようにいただけばよいか尋ねられることが度々ありますので、
今年もご一緒にいただきました。
陳皮の爽やかな香り 小青柑_a0169924_21374524.jpg
蓋の部分もちゃんとついていてキュンとします。
金柑ほどの小ささですが、乾燥する前はもう少し大きい青い柑橘。
普洱茶は意外なほどたくさん入っているので、
皮をちぎって茶葉の割合と合わせて蓋碗にいれます。


陳皮の爽やかな香り 小青柑_a0169924_21372324.jpg
お茶の味に陳皮の爽やかさが広がります。

香港に訪れました時も
お昼のお食事をたっぷりいただいた後、茶藝楽園に訪れこちらの陳皮が入りましたお茶を淹れていただき、
更にインターコンチネンタルホテルでも夜のお食事もまたおいしくいただくことができたのは
陳皮のお蔭だと思いました。


陳皮の爽やかな香り 小青柑_a0169924_21380739.jpg
茶殻は、このようになります。

香港で暮らしていたときはザボンのような大きな柑橘が
南瓜のように糸できつく括られてお茶屋さんに積み上げてありました。
一体いついただくのだろう。と思い眺めていました。
すっかりオブジェになっていました。

小さい形になりましたことで、また次も淹れよう。と思えたり、
プレゼントしたりするようになったのでしょう。

陳皮の爽やかな香り 小青柑_a0169924_21391083.jpg
本日も最初のお茶は、普洱茶青餅紅印中茶牌2005年。
陳皮の爽やかな香り 小青柑_a0169924_21384169.jpg
普洱茶熟茶1995年。
名古屋で暮らしている時にこのお茶をご一緒にいただきました生徒様も
本日いらしていて感激もひとしお。
熟茶ですが年を経ての軽やかさが感じられたとのこと。
透明感が増していました。

陳皮の爽やかな香り 小青柑_a0169924_21395292.jpg
本日も水餃子。
陳皮の爽やかな香り 小青柑_a0169924_21393400.jpg
一番上手にできたかもしれない「如意糕」。
陳皮の爽やかな香り 小青柑_a0169924_21401322.jpg
中目黒「瓢月堂」のお菓子「六瓢息災」をお心遣いいただきました。
陳皮の爽やかな香り 小青柑_a0169924_21403412.jpg
ビスキュイ生地に不老長寿の果物とされていた無花果や
木の実、生姜など身体によい自然食材が挟まれている大好きなお菓子です。

陳皮の爽やかな香り 小青柑_a0169924_21410154.jpg
箱に添えられている俳画家 藪本積穂氏の六瓢息災の名と俳画、
七福神も勢いのある筆遣いが流麗で
見ているだけで心地よいです。

ありがとうございます。

冷たい雨が降っていますね。
どうぞ暖かくしてお過ごしくださいませ。




☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

パリの香りとティータイム_a0169924_21220243.jpg
姉がちょうどお誕生日に来てくれたので
お祝いにロールケーキを作りました。

上手には作れませんが、いちごがおいしい季節なので🍓

パリの香りとティータイム_a0169924_21294436.jpg
生徒様がお心遣いくださいました
ダロワイヨのオランジェットと
マカロンラスクにフォートナムメイソンのコニャックバターを挟みました。

ありがとうございます。
パリの香りとティータイム_a0169924_21210672.jpg
姉がパリのダマンで選んだ紅茶をプレゼントしてくれました。

早速、こちらから「Vanilla」を。
ロールケーキととてもあい美味しくいただきました。
パリの香りとティータイム_a0169924_21212689.jpg
ラ メゾン デュ ショコラのショコラも💕
パリの香りとティータイム_a0169924_21223558.jpg

フランスで買い付けてきた花材で
お願いしていた多肉植物とグリーンだけのアレンジメントを作ってくれました。
イメージ通りでとても気に入っています。

いつもありがとう♪







☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

新年快楽_a0169924_22062782.jpg
新年快楽!
春節を迎えましたね。
今日も春節に因んで「水餃子」を召し上がっていただきました。
新年快楽_a0169924_22085523.jpg

翡翠色の餃子はよもぎを生地に練り込んで。
白色と2色の水餃子です。
新年快楽_a0169924_08205961.jpg
誉理子先生がお作りくださいました春節を祝うお花と共に。
キュートな赤いお花は、ラナンキュラスです。
新年快楽_a0169924_22080195.jpg
お楽しみの中国茶のクラスの今日は、
2種類目に「黒磚茶」を召し上がっていただきました。

黒磚茶といえば35×18×3.5㎝の大きさですが、
小さくカットされています。


新年快楽_a0169924_22081742.jpg
湖南省のお茶は、どれも黄色系の明るい水色ですが、
いただいてみると香りや味に違いがあります。
こちらは青さのあるお味。
日常茶として飲まれているお茶です。

新年快楽_a0169924_22083568.jpg
写真ではあまり分かりませんが、柔らかめの葉です。

新年快楽_a0169924_18344257.jpg
新年快楽_a0169924_18350153.jpg


生徒様お手製の月餅。
美しい形と優しさが伝わる美味しさに感動しながらいただきました。
素晴らしい✨
息子も感激していました。

鯛の形の型も素敵。
月餅ワークショップもしていらっしゃいます。
ご関心がございましたら紹介いたしますのでお知らせくださいませ。

新年快楽_a0169924_22064579.jpg

サプライズでヒヤシンスをプレゼントしていただきました。
柔らかいお色と馨しい香りにうっとり癒されています。
ありがとうございます。

新型コロナウイルスの感染がおさまりますように…

新年快楽_a0169924_21173199.jpg


☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

25年の歳月を振り返るお茶_a0169924_22543488.jpg
おもてなしの中国茶レッスンで2種類目に召し上がっていただいておりますお茶は、
1995年に雲南省を訪れたときに求めました普洱茶です。

25年前、雲南省でいただいたお茶がとてもおいしくて、
せっかく中国で暮らしているのだから中国茶のことをもっと知りたいと思いました。

当時の北京は、昔ながらの茶館の他に新しく茶藝館が出来始めたころでした。
25年の歳月を振り返るお茶_a0169924_22541717.jpg

こちらが1995年に持ち帰りました普洱茶熟茶。
熟茶なのでそれほど味に変化はありませんが、
北京、香港で友人たちとなんておいしいのでしょう。と何度も一緒にいただきましたのもよい思い出です。

そして、名古屋、東京でも。
雲南省を訪れてから25年後にもこうして楽しくそのお茶をいただけることは想像もしていませんでした。

慣れない土地で暮らす大変さから泣いてばかりいたころ思うと夢のようです。
その経験のお蔭で人の心の温かさがとてもありがたく感じられるようになったのだと思います…

25年の歳月を振り返るお茶_a0169924_23000002.jpg
本日も素敵な皆様をお迎えしてお茶の後に
水餃子と如意糕を召し上がっていただきました。

「益々中国茶が好きになりそう。」というお言葉をいただきとても嬉しいです。

ありがとうございました。



☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

天尖茶を味わう_a0169924_22144975.jpg
今月の最初の茶器は、茶杯の内側に梅と山の景色が描かれ、春の文字から、
1月に皆様に使っていただくのを楽しみにしていました。
天尖茶を味わう_a0169924_22150637.jpg
「お楽しみの中国茶」のクラスでは、4種類の安化黒茶を召し上がっていただいています。
黒茶は雲南省の普洱茶だけでなく湖南省、四川省、湖北省、広西壮族自治区にもあります。

三安のひとつ湖南省「安化黒茶」の三尖は籠に入れられている散茶です。
その中で「天尖茶」を召し上がっていただいています。
天尖茶を味わう_a0169924_22152067.jpg
松の燻煙、燻火香が感じられます。
天尖茶を味わう_a0169924_22153594.jpg
清代には、貢尖茶とともに献上されたお茶。
他の安化黒茶につきましてもあらためて紹介させていただきます。

天尖茶を味わう_a0169924_22155579.jpg
お茶を召し上がっていただきました後は、
福の文字の紅包に「茯磚茶」を入れて。
天尖茶を味わう_a0169924_22161382.jpg
水餃子と如意糕。
お越しいただきました皆さまありがとうございました。
天尖茶を味わう_a0169924_22165166.jpg
二子新地に新しくできたデザート専門店「chercheuses」の焼き菓子をいただきました。
研究者という意味で「シェルシューズ」と読むのだそうです、
駅から徒歩3分のところにあるので訪れてみたいと思います。
天尖茶を味わう_a0169924_22170722.jpg
レッスンの後は普洱茶熟茶と一緒にいただきました。
どれもおいしいのですが、真ん中の方にあるちいさな粒がとても気に入りました。
珈琲豆にチョコレートがコーティングしてあります。
天尖茶を味わう_a0169924_22172220.jpg
珈琲豆とリンクさせて台湾のコーヒーと一緒にいただきました。
ありがとうございました。




☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

ひとつひとつ岩茶の滋味_a0169924_23011428.jpg
東京に初雪が降りましたとても寒い日、
プライベートレッスンの生徒様がお越しくださいました。

今年の無病息災を願う六瓢の茶杯で…

この日のお茶は、岩茶を4種。
福建省武夷山の岩上研究所 武夷岩茶制作技藝伝承人でいらっしゃる劉國英先生監修の岩茶
「水金亀」「白鶏冠」「大紅袍」。
そして、G20で選ばれた呉氏の「肉桂」。

ひとつひとつ岩茶の滋味_a0169924_23013559.jpg
岩茶の中でも軽やかで華やかな印象の「水金亀」。
おめでたい名前からお正月に召し上がっていただくのにも良いですね。とお話いただき
仰る通りと思いました。
言葉の持つ背景や成り立ちに精通していらっしゃる生徒様から学ばせていただくことが多くあります。
ひとつひとつ岩茶の滋味_a0169924_23020012.jpg
透明感のあるこちらのお茶は、「白鶏冠」。
淹れる前の葉の様子も色は薄めです。
葉の縁の色の白鶏冠を思わせる部分が、全体の色にも影響しています。
お茶の色は淡く、ちょうど茶杯の中に書かれた文字が透けて見えます。
茶の色の淡さに反してしっかりとしたキリリと角のあるお味が白鶏冠の存在感を醸し出しています。
ひとつひとつ岩茶の滋味_a0169924_23021545.jpg
福建省に参りました時にこれだけは是非購入したいと考えていた「白鶏冠」。
他では本当に見つけることが出来ないくらい希少となっています。
こちらの研究所のお茶がいただけて本当に良かったです。

ひとつひとつ岩茶の滋味_a0169924_23024110.jpg
そして、研究所が作る「大紅袍」の素晴らしい中庸の美が表現されたお味を堪能しました。

ひとつひとつ岩茶の滋味_a0169924_23025688.jpg
「大紅袍」の伝説がある場所に生える品種と
「大紅袍」の概念についてお話をさせていただきました。
ひとつひとつ岩茶の滋味_a0169924_23031642.jpg
最後は、呉氏が作る力強い「肉桂」を。
香りは肉桂に勝るものなしといわれています。
品のよいお味と葉の内に蓄えられた旨みや滑らかさがなんとも言えません。

ご一緒にひとつひとつ岩茶の滋味の余韻に浸る午後となりました。
北宋、南宋、元代のお話と共に味わいました。

お越しいただきましてありがとうございました。
ひとつひとつ岩茶の滋味_a0169924_23033522.jpg
金戔銀台。
水仙をひともと生けました。
一年の門出を祝う舟の花器です。
ひとつひとつ岩茶の滋味_a0169924_23034814.jpg
こちらは頂戴しました台湾のコーヒーです。
森高砂精品台湾珈琲の台東縣巴嶺珈琲荘園林昇龍のもの。

ひとつひとつ岩茶の滋味_a0169924_23480906.jpeg

岩茶もひとつひとつ香りや味わいが違いますが、
珈琲も。
台湾のこれほどたくさんの場所で珈琲が作られているのを知りませんでした。
丁寧な仕事がうかがえます。

ひとつひとつ岩茶の滋味_a0169924_23482461.jpeg

ありがとうございました。




☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡


紅印中茶牌青餅_a0169924_23391428.jpg
今月のおもてなしの中国茶レッスンで最初に召し上がっていただいております
「紅印中茶牌青餅」です。
2005年製造なので15年ものです。


紅印中茶牌青餅_a0169924_23383249.jpg

おととし12月まだ落ち着いていました香港で見つけました。
15年でしっかりと熟成がすすんでいるタイプです。
普洱茶は、家にあるものをいただいて新しく買わないと決めていたのに
あまりの美味しさに2枚連れて帰りました。


紅印中茶牌青餅_a0169924_23384527.jpg

固まり具合もちょうどよくほぐしやすいけれど形状を保っていて
とても気に入っています。

伝統的な「紅印中茶牌」の包みにもぐっと引き寄せられました。

紅印中茶牌青餅_a0169924_23390165.jpg
午後は暗くなってしまいこちらの写真だけ撮ってみました。
いらっしゃいました生徒様のうちの3名の方が香港にご一緒した方でしたので、
その時の様子も振り返りながら楽しいレッスンとなりました。
ありがとうございました。


紅印中茶牌青餅_a0169924_23391428.jpg

お見送りしました後に、自然光でパチリ。
透明感のある澄んだ甘みと熟した軽やかさがおいしいお茶になっていました。
紅印中茶牌青餅_a0169924_23392644.jpg
茶殻もしっかりと熟成しています。

お越しいただきましてありがとうございました。
茶承は、杭州で皆さんが無事に試験に合格するよい知らせがありますようにと願って選びました
「瑞雲」です。




☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

←menuへ