人気ブログランキング |
霙になりそうな冷たい雨ですね。

2021年を迎え、20年ものになりました2001年香港三思堂の普洱茶青餅の封を
開けました。
普洱茶の封を開ける_a0169924_12134024.jpg
お楽しみの中国茶のクラスの皆様は、
我が家のいろいろな青餅を召し上がってこられたので、皆様にとりまして初めてのお茶をと思いまして選びました。
普洱茶の封を開ける_a0169924_12133192.jpg
雲南省の少数民族のお嬢さんが描かれた包みのお茶ができたとき、
三思堂の李先生が嬉しそうにこのお茶を紹介してくださいましたのが思い出されます。
普洱茶の封を開ける_a0169924_12135130.jpg
厚紙の中には、折られたところに2001年と書かれています。右上です。
普洱茶の封を開ける_a0169924_12135983.jpg
薄紙を開けると20年眠っていたお茶が顔を出しました。
硬すぎず柔らかすぎずちょうど良い
締まり具合。

普洱茶の封を開ける_a0169924_12140715.jpg
内票のプリントも凝っています。
開けてみて初めて見ました。
普洱茶の封を開ける_a0169924_12142063.jpg
優しくまろやかで上品なお味。
若い時の青々しさはは感じられません。
とてもよいお味に育ちました。
普洱茶の封を開ける_a0169924_12143199.jpg
このお味の感想を三思堂の方に伝えようと思いましたら、恩師からのメールを読み驚きました。
三思堂は閉店したとのこと。
昨年9月から灣仔の茶藝軒という場所の一部のスペースで三思堂のお品が置かれているそうです。
引き続きこちらで三思堂のお茶や茶具が購入できるそうで少し安堵しました。

真摯に茶に向き合い、よくしていただいた三思堂のお茶をしみじみとありがたく大切に味わいたいと思います。




ストアカ

磯部 優子

中国茶の魅力を楽しむサロン 香茶苑

☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

←menuへ