人気ブログランキング |

タグ:おでかけ ( 206 ) タグの人気記事

和の美を遊ぶ会_a0169924_19062191.jpeg


立春大吉の佳き日に「和の美を遊ぶ会」に参加させていただきました。
汕頭のお着物に
百花の魁「梅」が織られた帯。
「東風氷を解く」から東の色「青い(水色)」帯締めを選びました。

和の美を遊ぶ会_a0169924_19064415.jpeg

田鹿千華様、島田史子様が
染織研究家 木村孝先生のお志を継いで
主催していらっしゃる会です。
和の美を遊ぶ会_a0169924_19070225.jpeg

会場は新春を祝うお柄のお召し物に身を包んだ皆様の
幸せな気で溢れていました。

皆様の麗しいお姿にうっとりしていました。

和の美を遊ぶ会_a0169924_19072629.jpeg

同じお席の方々にも恵まれ
美味しいお料理をいただき楽しいひとときを過ごさせていただきました。

和の美を遊ぶ会_a0169924_11333610.jpeg

春を迎え、皆様幸せに過ごせますように…

昨年納涼茶会に伺わせていただきました
水光庵の新春を寿ぐ料理茶会へご一緒させていただきました。

新春料理茶会@水光庵_a0169924_21364591.jpeg

待合へはいると鮮やかな初日の出が目に飛び込んできました。
旭日波頭のお軸がかけられていました。

新春料理茶会@水光庵_a0169924_21370762.jpeg

今年の主役のねずみさん。

新春料理茶会@水光庵_a0169924_21373889.jpeg
即中斎宗匠の鶯のお文字が印象に残る掛け物。
結び柳に千両。
宋代青花の香炉を思わせる三足の水差し。
富士山が描かれた風炉先。
ひとつひとつ大変見事な風情のお品ばかりです。



新春料理茶会@水光庵_a0169924_21380480.jpeg


結び柳の先には、打ち出の小槌。
ねずみさんが大黒天の使いだからでしょうか…


新春料理茶会@水光庵_a0169924_21382928.jpeg

格調高い菊と桐の炉縁とお棗。
御釜には梅の景色が見られ、お軸の鶯に繋がる意匠。
茶入、お仕覆も素晴らしいお品。

茶杓は而妙斎宗匠の
「一二不二 第二ハ梅の初便り」。

ひとつひとつ大将が心をこめて選ばれた立派なお品と
それを作られた方への敬意で胸がいっぱいになりました。

不勉強なため申し訳ないばかりでしたが、
おめでたいお席にご一緒させていただき幸せに思いました。


新春料理茶会@水光庵_a0169924_21384734.jpeg
みんな笑顔いっぱいの年になりますように。


新春料理茶会@水光庵_a0169924_22152196.jpeg


お婆様が刺繍された帯を締めてこられて
感動の美しさでした。

新春料理茶会@水光庵_a0169924_22163679.jpeg

心尽くしのお料理を楽しくいただきました。
ありがとうございました。


British Pullmanでカンタベリーへ_a0169924_18302792.jpeg



Belmondの British Pullmanで日帰り列車の旅をしました。
行き先は、カンタベリーです。
British Pullmanの受付に行くと、私もこの旅好きよ。と話かけていただき、安堵しました。

ひとまわりふたまわり年上の方々の様子もとても素敵✨
マダムたちの足元を見ますと
冬の間はパンプスでなくてもエレガントなブーツでしたらOKのよう…

ホスピタリティマインド溢れる列車のサービスや椅子も心地よくヴィクトリア駅を出発しブランチをいただきました。
British Pullmanでカンタベリーへ_a0169924_13233099.jpeg

カンタベリーに着くとチューダー朝の建築の街並みを抜け、
荘厳なゴシック様式イングランド国教会総本山のカンタベリー大聖堂へ。
中世から巡礼の聖地として知られ、ユネスコの世界遺産に登録されています。

カンタベリー市は2000年以上の古い歴史を持っていますが、
597年ローマ教皇の命をうけてアウグスティヌスを中心とした修道士団が、
キリスト教の布教のために訪れて以来イングランドにおけるキリスト教の中心地になったといわれています。

カンタベリー大聖堂は、1089年から470年以上の歳月をかけて完成しました。

大聖堂で私たちのためにクリスマスキャロルを聴かせていただき、
一緒にコーラスする場面もありました。
清らかな精油の香り、キャンドルの光の中、
周りの方々と共に敬虔な気持ちになりました。

ステンドグラスや美術の素晴らしさに感動しました。
尋ねると説明してくださる方が所々にいらっしゃるのもありがたく思いました。

British Pullmanでカンタベリーへ_a0169924_18091401.jpeg

カンタベリーで訪れたいと思っていました

時代を乗り越えてきた風情と
たくさんの人々に愛されてきた雰囲気があります。

私のヴィクトリアスポンジも
息子が注文したキャロットケーキも
どちらも素朴な美味しさがありました。

ティールームでは
てきぱきと働く可愛いおばあさんがいらっしゃいました。


British Pullmanでカンタベリーへ_a0169924_13240968.jpeg

列車に戻るとディナーのセッティングが
クリスマスクラッカーと共に設えてありました。

窓辺の景色を見ながら大切にしたい思い出になりました。
寒い冬に快適な列車の旅、おすすめです。

☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

ミュージカル「メアリーポピンズ」@Prince Edward Theatre_a0169924_18033216.jpeg
ミュージカル「メアリーポピンズ」を観劇にPrince Edward Theatreへまいりました。

ミュージカル「メアリーポピンズ」@Prince Edward Theatre_a0169924_18040390.jpeg


幼い頃から大好きなメアリーポピンズのストーリーを
ビデオで繰り返し観ていた世界が目の前で繰り広げられ
感動でいっぱいになりました。

ミュージカル「メアリーポピンズ」@Prince Edward Theatre_a0169924_18045739.jpeg


渋谷オーブシアターでのミュージカル「メアリーポピンズ」も次男と一緒にまいりましたので、
ロンドンで共にオリジナルを観られてとても嬉しいです。

ミュージカル「メアリーポピンズ」@Prince Edward Theatre_a0169924_18062853.jpeg

ミュージカル「メアリーポピンズ」@Prince Edward Theatre_a0169924_18070886.jpeg

☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡


嬉しい再会_a0169924_17440546.jpeg

香港で知り合いお付き合いさせていただいている方が英国に引越されご夫妻でロンドンまでいらしてくださいました。香港では、眺めがよく美しく設えられた内装と心をこめて美味しいお料理を作ってセンスのよいセッティングや盛り付けでもてなしてくださいました憧れの方です。


嬉しい再会_a0169924_17430688.jpeg

ロンドンで人気のインド料理Dishoomで次男と共にごちそうしていただきました。幼稚園生の頃の次男の姿も知っていらして、一緒にお話する機会に恵まれてとても嬉しいです。

嬉しい再会_a0169924_17452184.jpeg

クリスマスのお菓子やフルーツティー、
楽しみにいただきます。
ありがとうございました。


by salondeshanti | 2019-12-06 17:42 | 英国 | Comments(0)
ウィーンプロダクツ2019展_a0169924_22254124.jpeg
ロシナンテ様のお招きに預かり
ウィーンプロダクツ2019展に伺ってまいりました。

ウィーンプロダクツ2019展_a0169924_22255815.jpeg

ロブマイヤー グラスの時代を超えて愛される
美しさにうっとりです。

ウィーンプロダクツ2019展_a0169924_22261924.jpeg

ベーゼンドルファーでブラームスの曲を演奏していただきました。
会場に到着してすぐに柔らかな優しい音色に包まれ
夢のよう♪
演奏してくださいましたのはピアニストの富岡紀香さん。
響板に施されたクリムトの作品Woman in Goldをご覧になれますか?
世界で25台のみなのだそうです。
夕暮れの光と重なり美しく輝いていました。



ウィーンプロダクツ2019展_a0169924_22264088.jpeg

アウガルテンの白磁の素晴らしさ、
描かれたお花の花びら、葉の様子にも魅了されました。

12種類のお花と葉のお皿は、
ペインターの方のお見本を商品化されたそうです。
お皿にいっぱい描かれて、贅沢な一品。

ウィーンプロダクツ2019展_a0169924_22265594.jpeg
ロブマイヤー サロンで時折購入させていただいている
ゼクト。
シャンパーニュと同じ製法で作られていて
どれもスッキリと美味しいです。


ウィーンプロダクツ2019展_a0169924_22271685.jpeg


お帽子やバッグもありました。

ウィーンプロダクツ2019展_a0169924_22283164.jpeg

もう一度ベーゼンドルファーの調べを聴かせていただき、会場を後にしました。

ウィーンには洗練された素晴らしいお品が
ありますね。
眼福でした。
この度もあ


☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

爽籟茶会を無事に終え安堵した次の日、
素敵マダムのタイ料理レッスンに行ってまいりました♪


素敵マダムのタイ料理レッスン_a0169924_12133464.jpeg

マダムはタイ駐在中にタイ料理を学ばれ、ご帰国の後もタイにお料理を学びにいらっしゃっています。
この度で2回目です。前回の様子は、こちら

素敵マダムのタイ料理レッスン_a0169924_12052628.jpeg

ジムトンプソンのハスの花が描かれてたナプキンが
セラドン焼きに映えます。
デンファレのお花も添えられて…


素敵マダムのタイ料理レッスン_a0169924_12123072.jpeg

教えていただきましたのは、
Som Tum(青パパイヤのサラダ
Yam Makeua Yao(ナスのサラダ)
Gaeng Massaman Nua(マッサマンカレー)の3種類。

青いパパイヤをシュッシュと笹垣のように切れるスライサーは、
タイではどちらでも売られているそうですが、
日本にもあったらいいのにと思いました。

素敵マダムのタイ料理レッスン_a0169924_12130960.jpeg

パクチーの根の部分が美味しさのポイントとも教えていただきました。
これまで土がついていたりして、まるごと捨てていてもったいなかったです。
これからは、きれいに洗って使いたいと思いました。

コツを教えていただきながら、
手際よく3品が出来上がりました。

素敵マダムのタイ料理レッスン_a0169924_12050835.jpeg

夏のように暑い日にいただくタイ料理は、
ひときわ美味しく感じます。

素敵マダムのタイ料理レッスン_a0169924_12135797.jpeg
タイにいらっしゃる時に描かれたフローラダニカのデザインのティーセットに
お手製のココナッツアイスクリームやガトーショコラも
とても美味しくいただきました。

皆さまとご一緒に楽しい時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。
是非、我が家でも作ってみたいです♪



☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 ご予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

隠れ茶を守る会@Tea for Peace_a0169924_15391733.jpeg

6月に茶摘み体験をさせていただきました
茶農家さん秋山さんとお嬢さん、
隠れ茶を守る会 齊藤雅子さんもいらっしゃるので
青山フラワーマーケットで行われている
Tea for Peaceへまいりました。


隠れ茶を守る会@Tea for Peace_a0169924_15393052.jpeg

標高1000メートルの日本で最も高いところにある
天空の茶畑や温泉についても説明してくださいました。

生徒様の間でも、来年は1泊して天空の茶畑に行きたいですねと話しています。

四季折々の自然が素晴らしいところです。


隠れ茶を守る会@Tea for Peace_a0169924_15400572.jpeg
お水を茶葉に垂らして
一雫に込められた旨味が口いっぱいに広がります。


隠れ茶を守る会@Tea for Peace_a0169924_15401983.jpeg


スターバックスの茶部門 ティーバナに
梅が島の煎茶が選ばれたというビッグニュースを
教えていただきました。

このイベントは、本日17時まで。

直接茶農家さんからお茶が購入できる機会に
いかがでしょう?

隠れ茶を守る会@Tea for Peace_a0169924_15403110.jpeg


ブラムリーアップルも購入できました🍏


隠れ茶を守る会@Tea for Peace_a0169924_15404202.jpeg
梅干しやお野菜など、作り手さんの顔が見えてお買い物も楽しめました。

ありがとうございました



☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 ご予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

ブラムリーアップルな生活@英国展パート2_a0169924_09503111.jpeg

英国展パート2にも参りました。
イートイン「ザ クロックハウスカフェ&ティルーム」でブラムリーアップルクリームティーをいただいていましたら
ブラムリーアップルの王様「ブラムリーレディ」ブラムリーを見出したヘンリーメリーウェザー氏のひ孫さんのひとり、
セリア スティーブンさんと
ブラムリーファンクラブを主催される水野貴美さんが入ってこられました。


ブラムリーアップルな生活@英国展パート2_a0169924_09510894.jpeg
窓の景色となっている写真の木は、200年前から育つブラムリーの木なのですよ。とお話くださいました。

英国の空と木がまるでカフェの窓から景色を眺めているようだと思い
窓が見える席に座っていましたら、
この木がブラムリーの木なのだと知り感激しました。

ブラムリーアップルな生活@英国展パート2_a0169924_09551719.jpeg
ザ クロックハウスというカフェの名前は、ブラムリーが発見されたコテージの近くに
アンティーク時計の博物館があるからと教えていただき、
古い時計が精工につくられ修理をしながら長く時を刻み続けている様子と
ブラムリーの消費量減少を食い止めようと現在も様々な普及活動をしていらっしゃる様子が重なり
共によい時間を重ねていらっしゃることが伝わりました。

ブラムリーアップルな生活@英国展パート2_a0169924_09520414.jpeg
この度のカフェでどんなメニューを作ろうかと皆で考えて決めたこともお話くださいました。

カフェの名前、窓の景色、メニューをブラムリーのことを伝えようと丁寧に準備をしてこれたことが分かり
こちらでブラムリーアップルクリームティーをいただいてよかったと思いました。


ブラムリーアップルな生活@英国展パート2_a0169924_09505099.jpeg

ワイルドな酸味がより愛おしく感じます。
ブラムリーを使ってお料理やお菓子を作りたいと思いました。



☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 ご予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡




日本橋三越英国展2019へ行ってまいりました。
紅茶や英国が大好きな方が集まるお祭りのよう…
今年も盛り上がっています。



英国展2019@三越_a0169924_21135716.jpg
写真は、ブラウニングスのカリフラワー&リークのホワイトクリームパイです。
チェダーチーズがお味のアクセントになっています。
朝食にいただきました。



英国展2019@三越_a0169924_21062569.jpg

Tea friendsがgetしてくださった今年大注目の紅茶たち。
感謝感謝です。

手前の黄色い箱は、テイラーズオブハロゲイトのヨークシャーティー「ビスケット」テイスト。
1時間で完売したそうです。
青い箱も注目のTetley Easy Squeeze。
英国では珍しい紐がついているティーバッグ。

英国展2019@三越_a0169924_22013289.jpeg

一緒に並んで購入しましたのはリントンズの2019年新作紅茶缶ティーチェストキャディ。
英国にまいりましても宅配のため購入できないので、英国展で求めることができ嬉しいです。
木箱を模った缶が素敵。

紅茶レッスンでも皆さまに召し上がっていただきますね。

ガラスのピッチャーも連れて帰りました。

いろいろな英国のお味がいただけるので目移りしてしまいます💗

英国展2019@三越_a0169924_22025870.jpeg

購入してまいりました紅茶やティーフーズをいただいて
楽しんでいます♪

ご一緒させていただきました皆さま、ありがとうございました。





179.pngお茶のイベント「Tea for Peace」が9月14-15日に
青山ファーマーズマーケットで開催されるとのことです。

6月に茶摘み体験をさせていただきました静岡県葵区梅が島の茶農家さん、秋山さんもいらっしゃいます。
My Cupを購入し、50軒ほどの茶農家・茶園のブースを巡って100種ほどのお茶を試飲できるそうです。要予約
楽しそうですね♪15日に伺う予定です。





☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

by salondeshanti | 2019-09-05 21:14 | 紅茶 | Comments(0)
←menuへ