人気ブログランキング |


クリスマスティーパーティ2019_a0169924_19300716.jpg
今年のクリスマスティーパーティのご参加の皆さまをお迎えしました。
こちらは、午前のセッティング。
クリスマスティーパーティ2019_a0169924_19304212.jpg
誉理子先生がお作りくださいましたリーすのアレンジメントは、
オレゴン産のモミの木にヒバ、ブルーアイズにサンキライの赤い実がアクセントに入っています。

深紅のおリボンは、フランスのジョルジュ フランソワさんいただいたとのこと。
美しいお色と質感です。
クリスマスティーパーティ2019_a0169924_19305473.jpg
こちらは、前撮り撮影した紅茶。
一種類目は、The SavoyのThe Savoy Christmas Blend.
二種類目は、HarrodsのSpiced Black Tea.
三種類目は、H.R.HigginsのWinter.


クリスマスティーパーティ2019_a0169924_20101378.jpg
Sparkling Tea のベースとして淹れましたのは、
フランス Dammann FreresのJardin Blueです。
ブラックティーにルバーブ、ワイルドストロベリー、ストロベリーの香りと、お花が入っていて、
酸味がラズベリーと調和するのではと思い選びました。
クリスマスティーパーティ2019_a0169924_20103990.jpg

フィンガーサンドイッチは、こちら。
英国のアフタヌーンティーでいただいてお気に入りポイントを取り入れてみました。




Finger Sandwiches

*Cucumber, Greek Yogurt with Mint

*Potato, Truffe Mayonnaise

*Egg, Truffe Mayonnaise

*Smoked Salmon, Greek Yogurt with Dill

*Goose, Creamed Horseradish with Sprout



クリスマスティーパーティ2019_a0169924_20120915.jpg
こちらは、午後からの皆さまのためのテーブルセッティングと
ミンスミートを焼き込んだケーキ。

クリスマスティーパーティ2019_a0169924_20122342.jpg
10月末に漬けたミンスミートをケーキに焼き込み、
英国へ出発する前にマジパンとアイシングをかけて
皆さまといただくのを楽しみにしていました。

クリスマスティーパーティ2019_a0169924_20124227.jpg
こちらは、英国のクロテッドクリームを召し上がっていただきたいと思い、
フライト直前に空港で求めました。
デボンのリッチなお味をお気にめしていただけたようです。

クリスマスティーパーティ2019_a0169924_20131223.jpg
スコンズには、赤いドライクランベリーを。




クリスマスティーパーティ2019_a0169924_20134177.jpg
ミンス三ートのジューシーさを閉じ込めたくて、
上面を覆いました。

旅の話にお付き合いいただきつつ、
温かなお気持ちで聞いていただき感謝しております。

準備をしてまいりましたひとつひとつを
ご一緒に楽しむことができ嬉しいです。

お越しいただきました皆さま、ありがとうございました🎄


☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

by salondeshanti | 2019-12-11 07:00 | 紅茶 | Comments(0)

Traditional Festie Afternoon Tea@The Savoy_a0169924_19010880.jpeg
英国の旅最後のティータイムは、The Savoyに訪れました。
ピアノの演奏がすぐそばで流れ、高い天井の下、
アフタヌーンティーをいただきました。
席に着くと
小さなグラスに入れられたタルトレットのセイボリーとフィンガーサンドイッチが運ばれてきました。

Traditional Festie Afternoon Tea@The Savoy_a0169924_19013514.jpeg
フェスティブシーズンに相応しく可愛らしいペイストリーが並びます。
Traditional Festie Afternoon Tea@The Savoy_a0169924_19020997.jpeg
ミンスミートのクリスマスケーキ、ミンスパイもいただきました。

Traditional Festie Afternoon Tea@The Savoy_a0169924_19024792.jpeg


こちらでもホスピタリティマインド溢れる心温かな対応に感激しつつ
次男と和やかなひとときとなりました。

Traditional Festie Afternoon Tea@The Savoy_a0169924_19030508.jpeg
アフタヌーンティーの時にもいただいたThe Savoy Christmas Blendを購入し、
本日のクリスマスティーパーティーでも皆さまといただきました。
パッションフルーツがアクセントになっているサボイのクリスマスブレンド。
大人の香りでとても好評でした。

たくさんの旅の写真にお付き合いいただきましてありがとうございました🎄




☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

British Pullmanでカンタベリーへ_a0169924_18302792.jpeg



Belmondの British Pullmanで日帰り列車の旅をしました。
行き先は、カンタベリーです。
British Pullmanの受付に行くと、私もこの旅好きよ。と話かけていただき、安堵しました。

ひとまわりふたまわり年上の方々の様子もとても素敵✨
マダムたちの足元を見ますと
冬の間はパンプスでなくてもエレガントなブーツでしたらOKのよう…

ホスピタリティマインド溢れる列車のサービスや椅子も心地よくヴィクトリア駅を出発しブランチをいただきました。
British Pullmanでカンタベリーへ_a0169924_13233099.jpeg

カンタベリーに着くとチューダー朝の建築の街並みを抜け、
荘厳なゴシック様式イングランド国教会総本山のカンタベリー大聖堂へ。
中世から巡礼の聖地として知られ、ユネスコの世界遺産に登録されています。

カンタベリー市は2000年以上の古い歴史を持っていますが、
597年ローマ教皇の命をうけてアウグスティヌスを中心とした修道士団が、
キリスト教の布教のために訪れて以来イングランドにおけるキリスト教の中心地になったといわれています。

カンタベリー大聖堂は、1089年から470年以上の歳月をかけて完成しました。

大聖堂で私たちのためにクリスマスキャロルを聴かせていただき、
一緒にコーラスする場面もありました。
清らかな精油の香り、キャンドルの光の中、
周りの方々と共に敬虔な気持ちになりました。

ステンドグラスや美術の素晴らしさに感動しました。
尋ねると説明してくださる方が所々にいらっしゃるのもありがたく思いました。

British Pullmanでカンタベリーへ_a0169924_18091401.jpeg

カンタベリーで訪れたいと思っていました

時代を乗り越えてきた風情と
たくさんの人々に愛されてきた雰囲気があります。

私のヴィクトリアスポンジも
息子が注文したキャロットケーキも
どちらも素朴な美味しさがありました。

ティールームでは
てきぱきと働く可愛いおばあさんがいらっしゃいました。


British Pullmanでカンタベリーへ_a0169924_13240968.jpeg

列車に戻るとディナーのセッティングが
クリスマスクラッカーと共に設えてありました。

窓辺の景色を見ながら大切にしたい思い出になりました。
寒い冬に快適な列車の旅、おすすめです。

☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

ミュージカル「メアリーポピンズ」@Prince Edward Theatre_a0169924_18033216.jpeg
ミュージカル「メアリーポピンズ」を観劇にPrince Edward Theatreへまいりました。

ミュージカル「メアリーポピンズ」@Prince Edward Theatre_a0169924_18040390.jpeg


幼い頃から大好きなメアリーポピンズのストーリーを
ビデオで繰り返し観ていた世界が目の前で繰り広げられ
感動でいっぱいになりました。

ミュージカル「メアリーポピンズ」@Prince Edward Theatre_a0169924_18045739.jpeg


渋谷オーブシアターでのミュージカル「メアリーポピンズ」も次男と一緒にまいりましたので、
ロンドンで共にオリジナルを観られてとても嬉しいです。

ミュージカル「メアリーポピンズ」@Prince Edward Theatre_a0169924_18062853.jpeg

ミュージカル「メアリーポピンズ」@Prince Edward Theatre_a0169924_18070886.jpeg

☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡


嬉しい再会_a0169924_17440546.jpeg

香港で知り合いお付き合いさせていただいている方が英国に引越されご夫妻でロンドンまでいらしてくださいました。香港では、眺めがよく美しく設えられた内装と心をこめて美味しいお料理を作ってセンスのよいセッティングや盛り付けでもてなしてくださいました憧れの方です。


嬉しい再会_a0169924_17430688.jpeg

ロンドンで人気のインド料理Dishoomで次男と共にごちそうしていただきました。幼稚園生の頃の次男の姿も知っていらして、一緒にお話する機会に恵まれてとても嬉しいです。

嬉しい再会_a0169924_17452184.jpeg

クリスマスのお菓子やフルーツティー、
楽しみにいただきます。
ありがとうございました。


by salondeshanti | 2019-12-06 17:42 | 英国 | Comments(0)

ロンドン在住のアートローグ吉荒ゆうきさんの案内でロンドン中心部の歴史散歩に連れて行っていただきました。


ロンドン歴史散歩_a0169924_17271780.jpeg


トワイニング本店には、ロンドンに参ります度に訪れますが、建物の歴史が刻まれているところを始めて知りました。

1706年に建てられ、1941年に破壊され、1952年に再建されたとあります。


ロンドン歴史散歩_a0169924_17295447.jpeg




トラファルガー広場から国会議事堂・ウエストミンスター寺院までの歴史散策

 トラファルガー広場/ホースガード/首相官邸/ウエストミンスター寺院/国会議事堂とビックベントワイニング紅茶本店

セントポール大聖堂


ロンドン塔とタワーブリッジ近辺の歴史散策


これまでに気がつかなかったトラファルガー広場の信号や建築、銅像の歴史を知る有意義な時間となりました。

ありがとうございました。




by salondeshanti | 2019-12-05 17:30 | 英国 | Comments(0)

Afternoon tea@The Delauney_a0169924_09130196.jpeg

Holbornにある人気のカフェ「The Delauney」にまいりました。

カバーがトップのスコンズにかけてあるのが嬉しいです。
ティーフーズも美味しく活気のある中、
イギリスに暮らす素敵な方々の様子を眺めつつ
ティータイムを過ごしました。

また訪れたいお店です。

Afternoon tea@The Delauney_a0169924_09093041.jpeg

フォートナム&メイソンへ。
建物全体がアドベントカレンダーになっていました。
クリスマスのデコレーションやパッケージで
楽しく店内を周りました。

Afternoon tea@The Delauney_a0169924_09202320.jpeg
ロンドンに暮らしていらした方からお知らせをいただき
オークションハウス「クリスティーズ」プレビューイング」にまいりました。

フィレンツェのフレスコ画やドルチェ&ガッバーナのオートクチュール、中国陶磁器の粉彩の壺、螺鈿の家具などうっとり鑑賞しました。

教えていただき有り難いご案内に感謝しました。




☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

The Original Maids of Honor@NEWENS_a0169924_08121057.jpeg

キューガーデンのそばにある
The Original Maids Of Honorを1850年から作り続ける
Newendsに参りました。

温もりのあるたくさんの方に愛される空間はそのままに
焼き立ての美味しいメイズオブオナーを
いただきました。


The Original Maids of Honor@NEWENS_a0169924_08123009.jpeg

キューガーデンズと呼ばれている植物園の正式名称は、王立植物園Royal Botanic Gardens。
2003年植物園として初めて世界遺産に登録されています。
始まりは、1759年オーガスタ皇太子妃がキューパレスの周囲に開いた私設の植物園といわれ、
今でも皇太子妃が植えた木が6本残っています。

リッチモンド宮殿の付属施設として造られた植物園。
園内奥にあるキューパレスは、赤レンガで可愛いです。
入口からは距離がありましたが、園内で働くおじさんに場所を尋ねましたら作業用のカートで
パレスまで送ってくださいました。
ありがとうございます。

1844年に建てられたヴィクトリア時代の美しい温室「パームハウス」の熱帯植物を見ながらしばし暖をとりました。

プラントハンターが持ち帰った植物を想像しつ散策しました。

The Original Maids of Honor@NEWENS_a0169924_09373730.jpeg

クリスマスソングを歌っているグループの歌声が
温かな気持ちにさせてくれました。

The Original Maids of Honor@NEWENS_a0169924_09400214.jpeg

こちらにもクリスマスマーケット🎄
フーズやオーナメントの他にもアレンジメントやリースもありました。







☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡



アフターヌーンティーをいただきに
The Connaughtへまいりました。

Afternoon tea@The Connaught_a0169924_19321408.jpeg

フレンチパティシエ Jean-Georgesによる
Festive Afternoonでした。

特にサンドイッチがシンプルですが味に工夫があり、
気に入ったテイストを今年のクリスマスティーパーティーでも生かして作りたいと思いました。

Afternoon tea@The Connaught_a0169924_19475278.jpeg
近くにあるコーヒー店ヒギンズへ。
フレーバードティーのWinterがとてもよい香でしたので、こちらをクリスマスのティーパーティーで召し上がっていただきますね。

Afternoon tea@The Connaught_a0169924_21242759.jpeg

こちらも訪れたいと思っていました
Thomas Goode co.ltd.

憧れのテーブルウエアの世界が広がっていました。

Afternoon tea@The Connaught_a0169924_19592561.jpeg

Harrodsは、日本から撤退してしまいましたので久しぶり。
クリスマスの紅茶やサンドイッチのフィリングのグースやトリュフマヨネーズを求めました。

Afternoon tea@The Connaught_a0169924_20000913.jpeg



☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑 web予約はこちらから

「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡


アンティークとの暮らし スペシャルトークショー@土屋グループ銀座ショールーム_a0169924_18070320.jpeg

ささきひとみさん「アンティークとの暮らし」スペシャルトークショーにまいりました🎄
アンティークとの暮らし スペシャルトークショー@土屋グループ銀座ショールーム_a0169924_18060139.jpeg

場所は、北海道に本社がある住宅の新築、リフォームなどを手がけていらっしゃる土屋グループ銀座ショールームです。
松屋のそばにこんな素敵な場所があるとは知りませんでした。

アンティークとの暮らし スペシャルトークショー@土屋グループ銀座ショールーム_a0169924_18061976.jpeg

中に入るとどなたかのおうちを訪ねたかのように
スリッパに履き替えて入ります。

ひとみさんセレクトの素晴らしいお品が、
数々展示されていました。

アンティークとの暮らし スペシャルトークショー@土屋グループ銀座ショールーム_a0169924_18063867.jpeg
こちらは、同じテーブルの方々のカップを集めて
一緒に撮りました。

アンティークとの暮らし スペシャルトークショー@土屋グループ銀座ショールーム_a0169924_18072415.jpeg

アンティークや英国のこと、クリスマスのことを
和やかな雰囲気の中、楽しくお話くださいました。

11月に開催してくださいましたアンティークセミナーのことが思い出されます。


アンティークとの暮らし スペシャルトークショー@土屋グループ銀座ショールーム_a0169924_18074088.jpeg
出版されました書籍「イギリスアンティーク手帖」の頁を開くと
出会ってこられたアンティークについて
穏やかな言葉で丁寧に語ってくださるような気持ちになります。

アンティークとの暮らし スペシャルトークショー@土屋グループ銀座ショールーム_a0169924_21165417.jpeg
美しい写真と共に、ひとみさんが描かれたイラストから
何とも温もりが感じられます。
園芸について学ばれていることが、器に表現されている植物をよく理解して解説してくださっているのも興味深いです。
コッツウォルズを一緒に歩いてお話くださいましたことも良い思い出です。
ページをめくるたび幸せな気持ちになるご本が生まれたことを心よりお祝い申し上げます。

今日は、映画「Merry Christmas!ロンドンに奇跡を起こした男」を観に行き、英国のクリスマスの雰囲気に浸っています🎄



☆中国茶紅茶教室サロンドシャンティ香茶苑「レッスンのご案内」くわしくはこちら
「今日もご訪問ありがとうございます。」
おひとりおひとりにとりまして幸せな一日でありますように☆彡

by salondeshanti | 2018-12-23 18:05 | 紅茶 | Comments(0)
←menuへ